アンチョビとミニトマトのパスタ

アンチョビとミニトマトのパスタ【パスタ・コナリチ・エ・ポモドーリニ】

Pasta con alici e pomodoriniパスタ・コナリチ・エ・ポモドーリニ

地中海風味の強い、とても簡単で早い最初のコース(プリモ)です。

友人とのディナーのシーフードメニューのプリモとしても提供できる品です。一般的にイタリアでは海鮮類を食する際には海鮮類で統一して食べる地域が多いので、漁師風やボンゴレ等の海鮮系パスタが候補になると思います。

あさりのスパゲッティ



このアンチョビとミニトマトのパスタは、海鮮類に非常に合うトマトベースでアンチョビが加わる料理なのでピッタリなのですね。

家族での簡単なランチの主役にもできますが、ゲストがいる場合は魚料理(セコンド)を提供する際のプリモにできる品です。

とても簡単で早く調理ができるため、他の準備に手が回せ、さらに非常に軽いのでメニューに加えやすいです。

新鮮なパセリに加えて、煎った松の実やパン粉、刻んだドライフルーツを添えたりすることでカリッとした食感やオリーブを添えたりして風味をさらに豊かに仕上げることもできます。

パスタは、ペンネ、ペンネッテ、フジッリ、セダニーニ等のショートパスタ全般に加え、ソースをしっかり抱え込むロングパスタ、タリアテッレ、スパゲッティ、スパゲットーニなどでもよいと思います。


アンチョビとミニトマトのパスタ材料4人分

パスタ320g
チェリートマト500g
アンチョビ5尾
ニンニク1欠片
ケッパー(塩漬け)10粒
イタリアンパセリ適量
オリーブオイル大匙4
塩適量

1人分:約473カロリー


アンチョビとミニトマトのパスタ調理工程(約20分)

STEP1 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、半分に切ったニンニク、アンチョビを入れます。

アンチョビを油に混ぜながら溶かします。
アンチョビとミニトマトのパスタ【パスタ・コナリチ・エ・ポモドーリニ】の調理工程1
STEP2 チェリートマトを洗い、半分又は1/4にカットしながら直接フライパンに入れていき、塩を加えてかき混ぜます。

そして蓋をして、弱火で5分間煮込みます。

画像は少しチェリートマトが足りなかったので小さめのトマトを加えています。
アンチョビとミニトマトのパスタ【パスタ・コナリチ・エ・ポモドーリニ】の調理工程2
STEP3 その間に1%の塩を加えた湯を沸かし、パスタを茹でます。

表記時間より2分早くゆで上げる予定です。

フライパンのベースソース調理に戻り、ケッパーとみじん切りにしたイタリアンパセリ(仕上げ用を除く)とお玉2杯のゆで汁を加えてベースソースの完成です。

火を落としてニンニクを取り除き、パスタが茹で上がるまでまちます。
アンチョビとミニトマトのパスタ【パスタ・コナリチ・エ・ポモドーリニ】の調理工程3
STEP4 パスタが茹で上がったらゆで汁をお玉1杯と共にフライパンに移し、ソースをあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

塩味を確認し、パスタにソースを全て閉じ込めたら仕上げです。

皿に盛り付けてイタリアンパセリを散らして完成です。
アンチョビとミニトマトのパスタ【パスタ・コナリチ・エ・ポモドーリニ】の調理工程4

アンチョビとミニトマトのパスタの調理ポイント

アンチョビを溶かしてトマトを加えて煮込み、美味しいソースをつくります。

塩加減を確認して仕上げれば大満足の味ができあがりますよ!


アンチョビとミニトマトのパスタについてマスターの言及

記事内食材解説・補足
アンチョビ[acciughe]カタクチイワシの塩漬けを熟成・発酵させ、オリーブオイルに漬けたものです。
読み方:アッチュウゲ
代用品:オイルサーディン|いかの塩辛
イタリアンパセリ[prezzemolo]香味野菜として使います。すり潰した葉や細かく刻んだ葉を料理のソースやドレッシングなどに利用したり、茎や葉を煮込み入れたり、そのままちぎってパスタなどの料理に添えられたりします。肉や魚の臭い消し、ビネガ ... [詳細解説へ]
読み方:プレッツェモロ
分類:香草
代用品:バジル|三つ葉|セロリの葉
オレッキエッテ[orecchiette]小さな「耳(orecchie)」に似た形のショートパスタです。
読み方:オレッキエッテ
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ
ケッパー[capperi]ケイパー、ケーパー、カープル(仏: câpre)とも呼びます。酢漬けと塩漬けがありますが、僕は調理では塩漬けをよく使います。しかし、塩漬けケッパーはあまりストアでは売っていないので見つけた時にまとめて ... [詳細解説へ]
読み方:カッペリ
分類:香辛料
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
タリアテッレ[tagliatelle]イタリア北部で用いられるロングパスタ。幅は5〜8mm前後で、中南部においてはこのタイプの麺をフェットゥチーネといいます。 両者は基本的に違いはないが、フェットゥチーネよりタリアテッレは若干薄く、幅も狭 ... [詳細解説へ]
読み方:タリアッテッレ
分類:パスタ
代用品:フェットチーネ|パッパルデッレ
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
フジッリ[fusilli]ショートパスタの一種で、くるくるです。 日本では、フジッリ以外にもくるくるパスタやカールマカロニの名称で親しまれています。 フジッリ・ブカーティやロングパスタのフジッリ・ルンギ、類似した外観のロティー ... [詳細解説へ]
読み方:フジッリ
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ
ペンネ[penne]ペン先状、筒状のパスタの総称で、中でもペンネ・リガーテ (penne rigate) は表面には細かい溝があり(rigate は、”溝が入った” の意味)、ソースが絡みやすくな ... [詳細解説へ]
読み方:ぺんね
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ全般
リガトーニ[rigatoni]形状は短い環状で中心に大きな穴が開いていて、外側には筋状の模様が入っているショートパスタ。
読み方:リガトーニ
分類:パスタ

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ミニトマト"

モッツァレラと茄子のオーブン焼き

Mozzarella e melanzane al forno(モッツァレッラ・エ・メランザーネ・アル・フォルノ)モッツァレラと茄子のオーブン焼きは、前菜(アンティパスト)、またはメイン(セコンド)として提供される、美味しく豊かな料理です。 調理その …

玉ねぎラグーのニョッキ

Gnocchi al ragù di cipolla(ニョッキ・アル・ラグー・ディ・チポーラ)玉ねぎラグーのニョッキは、本当に美味しくておいしいプリモで、健康的な食事を好む方に喜ばれるレシピです。 現在では典型的な地中海料理ですが、かなり独創的なレシ …

パンテレッリア島のサラダ

Insalata pantesca(インサラータ・パンテースカ)パンテレリア島のサラダは、自然と美食の宝物が豊富にある素晴らしい場所、パンテレリア島の伝統的なレシピです。 カラフルで新鮮なこの料理は、茹でたジャガイモとミニトマトをベースに、甘くてシャ …

ナポリ風パスタとジャガイモ

Pasta e patate alla napoletana(パスタ・エ・パターテ・アラ・ナポレターナ)これは素朴なルーツ(Pasta e patate)を持つ料理ですが、このナポリ風は豊富な食材を導入し、美味しい料理として特に有名です。 パスタとポ …

ホタテのスパゲッティ

Spaghetti alle capesante(スパゲッティ・アレ・カペサンテ)ホタテのスパゲッティは伝統的な料理に代わるおいしい一皿です。 素材の美味しさをそのまま味わえて、とても簡単ですぐに作れるシンプルなレシピで調理します。 見た目も美しく、 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato