あさりのスパゲッティ

 
あさりのスパゲッティ【スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ】

Spaghetti alle vongoleスパゲッティ・アッレ・ボンゴレ

蛤(ハマグリ)でもこのレシピで美味しく食せます。ボンゴレのスパゲッティは、非常に簡単な古典レシピです。あさりの旬は4~5月と9~10月と言われていますが一年中楽しめます。

海岸沿いの町では、各家庭でアサリのスパゲッティを作るための独自のレシピがあるそうですが、古典レシピは非常にシンプルで、パスタ、アサリ、白ワイン、そしてほとんどすべての地中海シーフードレシピと同様に、オリーブオイル、ニンニク、パセリ、唐辛子という材料だけで調理されます。

日本ではボンゴレ・ビアンコと呼ばれるますが、イタリアではあまりロッソ(このレシピに一人前あたりトマトソース70~80gを加えるだけ:アサリの殻は取った方がよいかな)にすることはないようです。

個人的感覚ですが、ペスカトーレ(漁師風:後日アップ予定)のように主役級の素材を並列して使用する調理の場合、トマトがよい調整役となるので欠かせない素材となりますが、今回のようにあさり単体を美味しく食べようとする場合、トマトの必要性を感じません。

漁師のスパゲッティ/ペスカトーレ



リングイネやタリアテッレで食されることがありますが、僕個人的にはスパゲッティが一番好きです。

また、仕上げにマグロのボッタルガ(ボッタルガ・ディ・トンノ)を小匙1程度トッピングとして散らしてあげると特別な夜に提供できる豪華さが加わります。


あさりのスパゲッティ材料2人分

スパゲッティ200g
あさり/はまぐり2つかみ
オリーブオイル大匙2
ニンニク1/2個
唐辛子1本
白ワイン1/4杯
イタリアンパセリ2束

1人分:約469カロリー


あさりのスパゲッティ調理工程(約20分)

STEP1 あさりの砂抜きをします。海水と同じ3.5%くらいの濃度にした塩水につけて暗所に最低でも30分以上置いておきます。

砂を吐き出しているので流水で強くごしごし殻を洗いアサリの下準部は完了です。
STEP2 パスタ用に湯を沸かし、1%の塩を投下します(1人前を茹でる場合でも最低でも1L以上としましょう)。

表記時間より2分早く上げる予定です。

フライパンにオリーブオイルを入れて加熱し、スライスしたニンニク、唐辛子を砕いて投下します。

ニンニクエキスをオイルに移したら、イタリアンパセリを仕上げ用を残し(茎の部分をメイン)アサリと共にを投下します。
あさりのスパゲッティ【スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ】の調理工程2
STEP3 2分程度加熱しているとあさりが何個か殻を開き始めるので白ワインを投下します。しっかり確実にアルコールを飛ばしましょう。

飛ばしきったら蓋をしてあさりが全て殻を開くまで加熱して蒸し焼きにします。

全てのアサリが殻を開いたらベースソースの完成。

蓋を外して火を止めてパスタがゆであがるのをまちます。
あさりのスパゲッティ【スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ】の調理工程3
STEP4 パスタが茹で上がったらゆで汁をお玉2杯とともにフライパンに投下して、ベースソースに加えてあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

ソースを全てパスタに閉じ込めたら仕上げです。

皿に盛り付けてイタリアンパセリを散らし完成です。
あさりのスパゲッティ【スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ】の調理工程4

あさりのスパゲッティの調理ポイント

海鮮系の大切な部分は生臭さを完全に除去することです。アサリは比較的生臭さは少なくしかし、最上級の旨味を備えているのでとても使いやすい食材だと思います。

加熱をしてワインを注いだらしっかりと確実にアルコールを飛ばすようにしてください。

そうすればあまりの旨さに絶叫したくなる、そんな一皿になりますよ!


あさりのスパゲッティについてマスターの言及

言及1 言及2


あさりのスパゲッティについてFollowerさんのお声

投稿者: @kumami.nakamura/
Threadsで見る

記事内食材解説・補足
アサリ[guscio di vongole]アサリや蛤(ハマグリ)です。
読み方:グッショ・ディ・ボンゴレ
分類:貝
イタリアンパセリ[prezzemolo]香味野菜として使います。すり潰した葉や細かく刻んだ葉を料理のソースやドレッシングなどに利用したり、茎や葉を煮込み入れたり、そのままちぎってパスタなどの料理に添えられたりします。肉や魚の臭い消し、ビネガ ... [詳細解説へ]
読み方:プレッツェモロ
分類:香草
代用品:バジル|三つ葉|セロリの葉
スパゲッティ[spaghetti]断面が正円のロングパスタで直径が1.8~2.0mm前後のものをスパゲッティと言います。好みによりそれより少し細いスパゲッティーニを使うケースがあります。 僕は通常、スパゲッティー系はディベラのNo.9 ... [詳細解説へ]
読み方:スパゲッティ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティー二
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
ロングパスタ[pasta lunga]細長いパスタ全般のことを指します。
読み方:パスタ・ルンガ
唐辛子[peperoncino]読み方:ペペロンチーノ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "貝"

マリナーラ/船乗り風ソース

Salsa alla marinara(サルサ・アッラ・マリナーラ)今回調理する、船乗り風ソースは、日本においてもおなじみのシンプルなソースのレシピを紹介します。 非常に幅広く、従来の情報、固定概念とは異なる内容もあると思われる為、紹介内容・解説の分 …

カレー仕上げの海鮮パスタ

Pasta con frutti di mare al curry(パスタ・コン・フルッティ・ディ・マーレ・アル・キャリー)直訳するとシーフードカレーのパスタや海鮮カレーのパスタとなりますが、スパイス(複数なのでイメージと一致するカレー表記を使用)は …

豆入りパンコット

Pancotto con i fagioli(パンコット・コン・イ・ファジョーリ)豆入りパンコットは農民発祥のボリュームたっぷりの料理で、古くなったパンとボルロッティ豆をベースにしたクリーミーでボリュームのあるスープです。 非常にシンプルな方法で調理 …

アクアパッツァ

Acquapazza(アクアパッツァ)イタリア料理では単にアクアパッツァ(Acquapazza)というと白身魚の水煮料理又は白身魚を煮る香草漬けにした魚介類の出汁のことを指します。 ペシェ・アッラックア・パッツァ(Pesce all’acqua pa …

漁師のスパゲッティ/ペスカトーレ

Spaghetti del pescatore(スパゲッティ・デリ・ペスカトーレ)漁師風スパゲッティ(Spaghetti alla pescatora/ペスカトーラ)とも言われます。準備が簡単なプリモで、各工程を慎重に進めるだけで美味しく調理ができま …

あさりのソテー

Sautè di vongole(ソテー・ディ・ヴォンゴレ)アサリのソテー、その名前が厳密にはイタリア語ではない起源を示しているとしても、ムール貝と同様にアサリのソテーは、まさにイタリアのシーフード料理の古典料理となっています。 セコンドとしては、非 …

ホタテのスパゲッティ

Spaghetti alle capesante(スパゲッティ・アレ・カペサンテ)ホタテのスパゲッティは伝統的な料理に代わるおいしい一皿です。 素材の美味しさをそのまま味わえて、とても簡単ですぐに作れるシンプルなレシピで調理します。 見た目も美しく、 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato