複数形:Antipasti/コースの最初に出される料理(前菜)です。肉、オリーブ、トウガラシ、キノコ、アンチョビや様々なチーズの塩漬け、肉や野菜の酢漬けやオイル漬け等があり地域によってもかなり特色があるそうです。

Antipasto

ブロッコリークリームのスパイシービーンズ添え

Crema di broccoli con fagioli speziati(クレマ・ディ・ブロッコリ・コン・ファジョリ・スペツィアテ)ブロッコリーとスパイスを聞かせた豆を添えた斬新なアンティパスト(前菜)です。 これまで多くのブロッコリー料理を紹介 …

Antipasto

トマトのサラダ

Insalata di pomodori(インサラタ・ディ・ポモドーロ)トマトサラダは夏に最もよく作られる料理の1つです。 トマトサラダの基本構成は、塩・胡椒、ニンニク、バジルORオレガノ又はその両方、オリーブオイルです。 その日の料理に合わせて玉ね …

Antipasto

たけのこのポルペッテ

Polpette di germogli di bambù(ポルペッテ・ディ・ジェルモギリ・ディ・バンブー)タケノコ(筍)を具材としたポルペッテ(だんご)ですが、たけのこは東アジアで食べられる食材なのでイタリアの郷土料理にはでてこない食材です。 今回 …

Antipasto

たけのこのソテー

Germogli di bambù saltati in padella(ジェルモギリ・ディ・バンブー・サルタティ・イン・パデッラ)筍(たけのこ:竹の子とも表記されることがあります)は東アジアで食用として食べられる毎年4~5月に旬を迎える美味しい食材 …

Antipasto

バターニンジン

Carote al burro(カローテ・アル・ブーロ)人参は、東洋系ニンジンと西洋系ニンジンに大分類でき、東洋系は細長く、西洋系は太く短い見た目をしています。 ともに古くから薬や食用としての栽培が行われてきており、クセのある香りがあり、加熱すると甘 …

Antipasto

にんじんピューレ

Purè di carote(プレ・ディ・カローテ)にんじんピューレは、生クリームのおかげで本当にクリーミーで柔らかくなります。 レシピはとても簡単なので、時間がない時でも簡単に作れて、美味しく仕上がります。 ニンジンピューレは、野菜があまり好きでは …

Antipasto

ネギとセロリのマリネ

Porri e sedano marinati(ポーリ・エ・セダノ・マリナーティ)ネギとセロリのマリネは、手軽に作れる洗練された冷たい前菜(アンティパスト)です。 マリネは、ビネガー(酢)やレモン汁などの酸をベースとして、オイル、スパイス、香草等でソ …

Antipasto

赤玉ねぎのキャラメリゼ

Cipolle rosse caramellate(チポーレ・ロッセ・カラメラーテ)キャラメリゼはフランス語で、イタリア語ではカラメラーテ(caramellate)です。 前菜(アンティパスト)にも付け合わせ(コントルノ)にもできる美味しい品です。 …

Antipasto

キャベツときのこの炒め物

Spadellata cavolo cappuccio e funghi(スパデラタ・カヴォロ・カプーチョ・エ・フンギ)キャベツ(cavolo cappuccio)ときのこの組み合わせは、あまりイタリアでは組み合わせないようでレシピをほとんど見かけま …

Antipasto

キャベツのフリット

Frittelle di cavolo cappuccio(フリッテッリ・ディ・カヴォロ・カプーチョ)キャベツのフリットは、とても簡単に準備できる、美味しくてカリカリとした前菜(アンティパスト)です。 フリット(Frittelle)とは、イタリア語で …