白い肉煮込みのパスタ

 
白い肉煮込みのパスタ【パスタ・アル・ラグー・ビアンコ】

Pasta al ragù biancoパスタ・アル・ラグー・ビアンコ

毎日のランチやディナーでは、すぐに準備できるシンプルで簡単なレシピが常に必要で、まさにこのラグー・ビアンコは最適な一皿と言えるでしょう。

通常、ラグーといえばトマトベースの濃厚なボローニャ風をイメージしますが、ボローニャ風は仕込むのに5時間ほどかかるので、準備をしっかりしての一皿です。

ボロネーゼ/ボローニャ風肉煮込みのタリアテッレ



このラグー・ビアンコは、小さなお子様でも食べられ、美味しくて栄養価の高い料理なので非常に重宝する一皿となります。

パスタを茹でている間にソースが準備でき、マスカルポーネがたっぷり入ったラグーがすべてをクリーミーに包み込みます。

ラグーなのでタリアテッレやパッパルデッレといった幅広のロングパスタ、はもちろん、このラグービアンコにはショートパスタはだいたいあいますのでお子様にはペンネがいいかもしれません。それに言うまでもなく、ニョッキは最高に美味しいですよ!

補足
マスカルポーネが手元にない場合の代用は、生クリームO又は、ヨーグルト&パルミジャーノ、挽肉は、牛・豚・合挽いづれも可です。


白い肉煮込みのパスタ材料4人分

パスタ320g
ひき肉300g
白ワイン1グラス
ローリエの葉1枚(オプション)
マスカルポーネ250g
玉ねぎ1/2個
人参1/2本
セロリ1/2本
オリーブオイル大匙2
イタリアンパセリ適量
パルミジャーノ適量
塩・胡椒適量

1人分:約675カロリー


白い肉煮込みのパスタ調理工程(約15分)

STEP1 1%を塩を加えた湯を沸かし、パスタを茹でる準備をします。

チーズ系なので表記時間ちょうどアルデンテでパスタをゆで上げる予定です。

湯を沸かしている間に玉ねぎ、にんじん、セロリの皮を剥き、みじん切りにし(僕は香草代わりにセロリの葉も使います)、オリーブオイルを加熱したフライパンに投下して下塩をして炒めます。
白い肉煮込みのパスタ【パスタ・アル・ラグー・ビアンコ】の調理工程1
STEP2 野菜から水分が出てくるので、その水分を使い炒め煮込み、野菜が黄金色になり、しんなりしたら、ひき肉、微塵にしたイタリアンパセリ(茎の部分)を加えます。

塩、胡椒で味を調え、炒めると肉汁がでてくるのでそれを再吸収させ肉が色づくまで炒め煮込みます。
白い肉煮込みのパスタ【パスタ・アル・ラグー・ビアンコ】の調理工程2
STEP3 白ワインを投下し、アルコールを全て飛ばし、ワインそのものが吸収されるまで煮込みます。

パスタが茹で上がる直前にマスカルポーネを投下し、ゆで汁を加え調、溶かし全体になじませてちょうどよい感じのクリーミーなベースソースに仕上げます。

火を落としてパスタが茹で上がるのを待ちます。
白い肉煮込みのパスタ【パスタ・アル・ラグー・ビアンコ】の調理工程3
STEP4 アルデンテ(ちょうどよい状態)のパスタを湯切りし、直接フライパンに注ぎ、ソースを絡めます。

パルミジャーノを加えて全体になじませて仕上げです。

皿に盛り付けて、イタリアンパセリやパルミジャーノをお好み量散らして完成です。
白い肉煮込みのパスタ【パスタ・アル・ラグー・ビアンコ】の調理工程4

白い肉煮込みのパスタの調理ポイント

短時間で煮込みきり食材の旨味を引き出したうえでマスカルポーネでまとめるという工程です。

ポイントは食材の炒め方です。香味野菜を投下して下塩をし、野菜から出てくる旨味を使って煮込みます。

同じく肉を投下してから肉の旨味を使って煮込みます。

白ワインを投下してアルコールを飛ばしたらワインを使って煮込みます。

意識的に煮込むだけで数段美味しく仕上がりますから是非試してみてくださいね!


白い肉煮込みのパスタについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
イタリアンパセリ[prezzemolo]香味野菜として使います。すり潰した葉や細かく刻んだ葉を料理のソースやドレッシングなどに利用したり、茎や葉を煮込み入れたり、そのままちぎってパスタなどの料理に添えられたりします。肉や魚の臭い消し、ビネガ ... [詳細解説へ]
読み方:プレッツェモロ
分類:香草
代用品:バジル|三つ葉|セロリの葉
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
セロリ[sedano]読み方:セーダノ
分類:香味野菜
タリアテッレ[tagliatelle]イタリア北部で用いられるロングパスタ。幅は5〜8mm前後で、中南部においてはこのタイプの麺をフェットゥチーネといいます。 両者は基本的に違いはないが、フェットゥチーネよりタリアテッレは若干薄く、幅も狭 ... [詳細解説へ]
読み方:タリアッテッレ
分類:パスタ
代用品:フェットチーネ|パッパルデッレ
ニョッキ[gnocchi]元々は現在のようにジャガイモやカボチャで作るものではなく、小麦粉を練って作っていたそうです。 ジャガイモを利用したものが主流ですがかぼちゃやホウレンソウとリコッタチーズを使ったものなど多数のバリエーシ ... [詳細解説へ]
読み方:ニョッキ
分類:パスタ
ニンジン[carota]読み方:カロータ
分類:香味野菜
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ
フェットゥチーネ[fettuccine]「小さなリボン」という意味の幅広のロングパスタ。同じ平打ち麺のタリアテッレと良く似ているが、タリアテッレは幅5mm程度となり、フェットゥチーネは幅7.5mm前後のためやや幅広い。 フェットゥチーネは牛 ... [詳細解説へ]
読み方:フェットゥチーネ
分類:パスタ
代用品:タリアテッレ|パッパルデッレ
ペンネ[penne]ペン先状、筒状のパスタの総称で、中でもペンネ・リガーテ (penne rigate) は表面には細かい溝があり(rigate は、”溝が入った” の意味)、ソースが絡みやすくな ... [詳細解説へ]
読み方:ぺんね
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ全般
マスカルポーネ[mascarpone]イタリア原産のフレッシュチーズで、 固めに泡立てた生クリームに似ています。コクと甘みがあり、ほのかにミルクの香りをもつ。ティラミスの材料の一つです。 リゾットその他の料理や菓子によく使われるほか、ゴル ... [詳細解説へ]
読み方:マスカルポーネ
分類:チーズ
代用品:ヨーグルト|クリームチーズ|リコッタ
ラグー[ragu]かつては肉(時には魚や野菜も)を小さく切り、低温でしっとりと調理する調理法すべてをラグーと言ったそうです。つまり煮込みのことです。 ラグーという用語が使われ始めた時期は明らかではないそうですが、「ラグ ... [詳細解説へ]
読み方:ラグー
分類:調理法
ロングパスタ[pasta lunga]細長いパスタ全般のことを指します。
読み方:パスタ・ルンガ
ワイン[vino]読み方:ビーノ
分類:果実酒
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ラグー"

ナポリ風ラグーのパスタ

Pasta al ragù alla napoletana(パスタ・アル・ラグー・アッラ・ナポリターナ)ナポリ風のラグーを使用したパスタ料理を調理していきます。ラグーソースの調理の仕方は、下記ページにて紹介しています。 ナポリ風ラグー ナポリ風ラグー …

ナポリ風ラグー

Ragù alla napoletana(ラグー・アッラ・ナポリターナ)古典的なボローニャ風ラグーの代わりに、ナポリ風のラグーを選択することでカンパニア州の味を楽しむことができます。 この素晴らしいラグーを使えば、ライスやパスタと合わせて最初のコース …

キノコのラグー

Ragù di funghi(ラグー・ディ・フンギ)濃厚でおいしいソースは、タリアテッレ、焼きパスタ、クロスティーニ、ポレンタなどの味付け(ソース)にも使用できる非常に便利な品です。 きのこのラグーは、古典的なミートソース(ボローニャ風ラグー)に代わ …

肉と豆のスパイシーなラグー(チリコンカン)

Ragù piccante di carne e fagioli/Chili con carne(ラグー・ピカンテ・ディ・カルネ・エ・ファジョーリ/チリ・コン・カルネ)唐辛子をチリパウダー、豆をレッドとすれば、メキシコ国民食「CHILI CON CA …

人参ラグーパスタのオーブン焼き

Pasta al forno con ragu di carote(パスタ・アル・ふぉるの・コン・ラグー・ディ・カローテ)以前、黒人参でパスタを調理しましたが、その際に触れた人参オーブン焼きパスタ、オーブン焼きにより更に美味しくなる別バージョンのご紹 …

玉ねぎラグーのニョッキ

Gnocchi al ragù di cipolla(ニョッキ・アル・ラグー・ディ・チポーラ)玉ねぎラグーのニョッキは、本当に美味しくておいしいプリモで、健康的な食事を好む方に喜ばれるレシピです。 現在では典型的な地中海料理ですが、かなり独創的なレシ …

サーモンのラザーニャ

Lasagna al salmone(ラザーニャ・アル・サルモーネ)サーモンのラザーニャは、モッツァレラチーズとベシャメルソースで調理された、クリーミーでスライミングなファーストコース(プリモ)です。 このレシピは、古典的なラザーニャ(ボローニャ風) …

アリオーネのピチ

Pici all'aglione(ピチ・アッラーリオーネ)アリオーネ入りピチか、大きなニンニクのピチパスタと表記すべきか考えましたが、アリオーネという大きなニンニクの品種をしっかり明記したいと考えたため、「アリーネのピチ」とタイトルにしました。 WE …

自家製トスカーナのピチ

Pici toscani fatti in casa(ピチ・トスカーニ・ファッティ・イン・カーサ)トスカーナの伝統的な生パスタであるピチの作り方を紹介します。 ピチは、トスカーナ州シエナとその周辺地域で有名な典型的な生パスタですが、イタリアにおいても …

ボローニャ風肉煮込みのピッツァ

Pizza con ragù alla bolognese(ピッツァ・コン・ラグー・アッラ・ボロネーゼ)ピッツァにボロネーゼソースをかけたことはありますか? 通常、ピッツァを生地から作る場合、生地をねかす時間もある為、丸一日時間必要になります。ラグー …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato