サルシッチャのパスタ

 
サルシッチャのパスタ【パスタ・アッラ・サルシッチャ】

Pasta alla salsicciaパスタ・アッラ・サルシッチャ

サルシッチャ(腸詰:ソーセージ)とトマトは非常に相性がよく仕上げ方や香草等に変化を加えた様々なバリエーションがあります。

サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ



その中でも今回のサルシッチャのパスタは非常にシンプルで美味しい料理です。

この美味しくて準備が簡単な最初のコース(プリモ)は、 風味豊かでボリュームのあるおいしいパスタで、古典的なソーセージ・ラグーのパスタです。

このサルシッチャのパスタは、何世代にもわたって受け継がれてきた伝統的な農民のレシピです。

とても美味しいですよ!


サルシッチャのパスタ材料4人分

パスタ320g
トマト 500g(代用:チェリートマト)
サルシッチャ200g
白ワイン(辛口)1グラス
玉ねぎ 1個
にんじん 1本
セロリ1本
バジル2枝
バター10g
オリーブオイル大匙3

1人分:約584カロリー


サルシッチャのパスタ調理工程(約30分)

STEP1 野菜をそれぞれ洗い玉ねぎ、セロリはみじん切り、ニンジンは皮をむいてみじん切りにします。

サルシッチャは腸詰を中央をカットして中身を取り出し、包丁で細かく刻んでおきます。

フライパンにオリーブオイル、バターを投下して加熱し溶かします。
サルシッチャのパスタ【パスタ・アッラ・サルシッチャ】の調理工程1
STEP2 みじん切りにした玉ねぎ、セロリ、にんじんを加えて下塩して炒め煮込みます。

野菜から出てくる水分を使い煮込み、全て再吸収させます。
サルシッチャのパスタ【パスタ・アッラ・サルシッチャ】の調理工程2
STEP3 サルシッチャを加え、火を通したら白ワインを投下します。

火力を強めてアルコールを全て飛ばします。
サルシッチャのパスタ【パスタ・アッラ・サルシッチャ】の調理工程3
STEP4 トマトを加えて15分程度煮込みます。

その間に1%の塩を加えた湯を沸かし、パスタをゆで上げます。

表示時間より2分早くゆで上げる予定です。

煮込みが完了したら塩加減をチェックし、ベースソースの完成です。

火を止めてパスタが茹で上がるのをまちます。
サルシッチャのパスタ【パスタ・アッラ・サルシッチャ】の調理工程4
STEP5 パスタが茹で上がったらゆで汁お玉2杯程度と共にベースソースに加えてあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

お好みでバジルの葉を手でちぎって加えてあえ煮込んでいきます。
サルシッチャのパスタ【パスタ・アッラ・サルシッチャ】の調理工程5
STEP6 塩加減を確認し、パスタにソースを全て閉じ込めたら仕上げです。

皿に盛り付けて完成です。
サルシッチャのパスタ【パスタ・アッラ・サルシッチャ】の調理工程6

サルシッチャのパスタの調理ポイント

サルシッチャとトマトの組み合わせは非常に美味しく、いくつものバリエーションがあります。

その中でも最もシンプルで美味しいパスタだと思います。

難しい要素がなくいつでも難なく美味しく仕上がります。


サルシッチャのパスタについてマスターの言及

言及1


サルシッチャのパスタを評価する
記事内食材解説・補足
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
セロリ[sedano]読み方:セーダノ
分類:香味野菜
ソーセージ[salsiccia]生ソーセージです。
読み方:サルシッチャ
代用品:豚挽肉
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
ニンジン[carota]読み方:カロータ
分類:香味野菜
バジル[basilico]読み方:バジリコ
分類:香草
ファルファッレ[farfalle]蝶ネクタイのような形をしており、イタリア語のfarfalla(蝶々)が名前の由来です。中心分に厚みがある為、思いのほか食べ応えがあり、表記時間より若干長めに茹でた方が僕個人的感覚では美味しいように思い ... [詳細解説へ]
読み方:ファルファッレ
分類:パスタ
ペンネ[penne]ペン先状、筒状のパスタの総称で、中でもペンネ・リガーテ (penne rigate) は表面には細かい溝があり(rigate は、”溝が入った” の意味)、ソースが絡みやすくな ... [詳細解説へ]
読み方:ぺんね
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ全般
ラグー[ragu]かつては肉(時には魚や野菜も)を小さく切り、低温でしっとりと調理する調理法すべてをラグーと言ったそうです。つまり煮込みのことです。 ラグーという用語が使われ始めた時期は明らかではないそうですが、「ラグ ... [詳細解説へ]
読み方:ラグー
分類:調理法
リガトーニ[rigatoni]形状は短い環状で中心に大きな穴が開いていて、外側には筋状の模様が入っているショートパスタ。
読み方:リガトーニ
分類:パスタ
ワイン[vino]読み方:ビーノ
分類:果実酒
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "サルシッチャ"

キャベツとサルシッチャの鍋煮

Cavolo e salsiccia in padella(カヴォロ・エ・サルシッチャ・イン・パデッラ)キャベツとサルシッチャは、北部の伝統農民料理の2番目のコース(セコンド)が有名ですが、今回は、トップ画の通りレッドキャベツの使用だったので、時短で …

サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ

Pasta pasticciata con salsiccia e pomodoro(パスタ・パスティッチャータ・コン・サルシッチャ・エ・ポモドーロ)サルシッチャとは、腸詰、いわゆるソーセージのことを指します。 サルシッチャとトマトのパスタ・パスティ …

ノルチャ風パスタ

Pasta alla norcina(パスタ・アッラ・ノルチーナ)ノルチャとは、ウンブリア州ペルージャ県にあるコムーネです。 この地域は黒トリュフやプロシュット(生ハム)やサルシッチャのような豚肉の加工と塩漬け肉の生産が有名な地域で、このノルチャ風の …

小鳥風の豆

Fagioli all'uccelletto(ファジョリ・アルウッチェレット)小鳥風いんげん豆と訳されたり、ウッチェレット風の豆又は豆のウッチェレット風とそのまま訳されたりと様々です。 直訳では小鳥風ですが、この名前の由来は、トスカーナで小鳥を調理す …

ナポリ風ラグーのパスタ

Pasta al ragù alla napoletana(パスタ・アル・ラグー・アッラ・ナポリターナ)ナポリ風のラグーを使用したパスタ料理を調理していきます。ラグーソースの調理の仕方は、下記ページにて紹介しています。 ナポリ風ラグー ナポリ風ラグー …

ナポリ風ラグー

Ragù alla napoletana(ラグー・アッラ・ナポリターナ)古典的なボローニャ風ラグーの代わりに、ナポリ風のラグーを選択することでカンパニア州の味を楽しむことができます。 この素晴らしいラグーを使えば、ライスやパスタと合わせて最初のコース …

クリームとソーセージのパスタ

Pasta panna e salsiccia(パスタ・パンナ・エ・サルシッチャ)サルシッチャ(腸詰め)日本のイメージに一致させると、ソーセージとクリームのパスタです。 ソーセージと記載していますが、本来ソーセージは、腸詰の事で、サルシッチャ=ソーセ …

ソーセージとカブの炒め物

Salsiccia e rape in padella(サルシッチャ・エ・ラペ・イン・パデッラ)ソーセージとカブの炒め物は、素朴なセコンド、白カブを味わうのに最適な料理です。蕪は、甘い風味がありますが、わずかにスパイシーな為、サルシッチャとの相性がよ …

森の番人風タリアテッレ/ボスカイオーラ

Tagliatelle alla boscaiola(タリアテッレ・アッラ・ボスカイオーラ)きこり風とか森の番人風と訳される豊富なきのこ類を使った二つ名付きのパスタです。 キノコをふんだんに使うこのボスカイオーラは、タリアテッレの他ペンネ等のショート …

ポルペッテのソース添え

Polpette al sugo(ポルペッテ・アル・スーゴ)ポルペッテ(Polpette)とは、イタリア語で「団子(だんご)」の意味です。今回は牛ひき肉とサルシッチャで作った肉団子、ミートボールのトマトソース添えです。 このポルペッテのソース添えは最 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato