ひよこ豆の肉ラグーソース添え

ひよこ豆の肉ラグーソース添え【チェーチ・コン・ラグー・ディ・カルネ】

Ceci con ragù di carneチェーチ・コン・ラグー・ディ・カルネ

以前ご紹介した、肉と豆のスパイシーなラグーをイメージした保管食材(ラグー)を使用した簡易調理バージョンです。

肉と豆のスパイシーなラグー(チリコンカン)



いずれも調理済み・冷凍保管しておいたひよこ豆と肉のラグーを合わせて炒め煮込んで味を調整するだけで、調理を完了できます。

ひよこ豆を主役に頂くベースで食材配合している為、少々味付け調整するだけです。

上記のようにスパイシーなラグー(チリコンカン)風に仕上げるならばチリペッパーを使用してもよいですし、そうでないならば胡椒でもよいでしょう。

ひよこ豆も調理済みの他の豆に変更することも可能です。

ラグーソースは肉煮込みのパスタのページ記載のラグーソース(作り方)を冷凍保管したものを使用しています。


ひよこ豆の肉ラグーソース添え材料2人分

調理済みひよこ豆200g(準備方法
肉のラグーソース300g
湯1/2カップ
チリペッパー又は胡椒適量
トマトペースト小匙1(オプション)
パルミジャーノ適量(オプション)
イタリアンパセリ適用(お好みで香草の変更可)
塩適量

1人分:約397カロリー


ひよこ豆の肉ラグーソース添え調理工程(約15分)

STEP1 食材一覧記載のリンク先の方法に従い、ひよこ豆を用意しておくか、缶詰又は真空パックの品を用意し調理水を抜いて使用します。

フライパンにレンジで回答したラグーソースを加えて同時にひよこ豆も加えて炒め煮込んでいきます。
ひよこ豆の肉ラグーソース添え【チェーチ・コン・ラグー・ディ・カルネ】の調理工程1
STEP2 全体がなじんだら塩とイタリアンパセリ(仕上げ用除く)で味付けして全体に混ぜ合わせてから蓋をして10分煮込みます。

ひよこ豆の肉ラグーソース添え【チェーチ・コン・ラグー・ディ・カルネ】の調理工程2
STEP3 煮込みが完了したら、スープを豆とラグーに適度に吸収させきります。

お好みで辛み(チリペッパー又は胡椒)、トマトペースト、パルミジャーノ等を加えて味をお好みに合わせます。
ひよこ豆の肉ラグーソース添え【チェーチ・コン・ラグー・ディ・カルネ】の調理工程3
STEP4 味が整ったら仕上げです。

皿に盛り付けてイタリアンパセリを散らしたら完成です。
ひよこ豆の肉ラグーソース添え【チェーチ・コン・ラグー・ディ・カルネ】の調理工程4

ひよこ豆の肉ラグーソース添えの調理ポイント

調理済みの保管食材を使った料理ですので、時短簡単です。

とても美味しいですよ!


ひよこ豆の肉ラグーソース添えについてマスターの言及


ひよこ豆の肉ラグーソース添えを評価する

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ひよこ豆"

ラガネとひよこ豆

Lagane e ceci(ラガネ・エ・チェーチ)ラガネは、古代ローマ人のパスタで、ラザニアの祖先と言われているパスタです。 但し、当初のラガネ、原型と考えられているラガネム[lagănum]は現在の者とは少々異なっていたようです。 紀元前1世紀頃の …

きのことジャガイモのひよこ豆スープ

Zuppa di ceci con funghi e patate(ズッパ・ディ・チェーチ・コン・フンギ・エ・パターテ)キノコとジャガイモのひよこ豆スープは、一日仕事を終えて、寒さが本格的に感じられるときにとても美味しく感じる一皿です。美味しいワイン …

ひよこ豆のスパイシースペッツァティーノ

Spezzatino di maiale con ceci speziato(スペッツァティーノ・ディ・マイヤーレ・コン・チェーチ・スペッツィアート)スペッツァティーノはイタリア料理の古典料理です。スパイスと唐辛子が加わると我々日本人においてはカレー …

ひよこ豆のスペッツァティーノ

Spezzatino con ceci(スペッツァティーノ・コン・チェーチ)ひよこ豆のスペッツァティーノは、イタリア料理の古典的セコンドです。非常に美味しく、あらゆる家族の行事に調理される一皿だそうです。 食品の風味と肉汁を保つために、弱火で調理する …

夏の小豆サラダ

Insalata di fagioli rossi estiva(インサラタ・ディ・ファジョリ・ロッシ・エスティヴァ)夏は豆類がたっぷり入ったサラダが特に美味しく感じる季節です。 赤い豆といえば、日本人にとっては小豆です。小豆は、他の豆と異なり、調理 …

ポルペッテ入りサラダ

Polpette in insalata(ポルペッテ・イン・サラタ)夏の暑さが堪えても食べやすく、一口食べたら食欲が回復する、新鮮で栄養豊かな一品料理(ピアット・ウニコ)をご用意しています。 ポルペッテ入りサラダは、サラダの軽さとひよこ豆のポルペッテ …

豆のピーマン和え

Fagioli ai peperoni(ファジョリ・アイ・ペペローニ)豆のピーマン和えは、ペペロナータ(ピーマン/パプリカの煮込み)の調理法をベースに豆を加えて調整した料理です。 ピーマン/パプリカの煮込み 調理法はほとんどペペロナータと同様ですが、 …

レタスと豆のスープ

Zuppa di lattuga e fagioli(ズッパ・ディ・ラットゥーガ・エ・ファジョーリ)レタスは通常スープとして使用されることはあまりありませんが、非常においしい料理です。 野菜と豆類をベースにした香り豊かでヘルシーな料理で、レタスのビタ …

ハーブ風味のレンズ豆

Lenticchie saporite agli aromi(レンキッティエ・サポリテ・アリ・アロミ)レンズ豆は、イタリアでは、最もよく使われる豆類の 1 つで、さまざまな料理を作られます。 当サイトでは以前、ひよこ豆で調理したスパイシースペッツァテ …

玉ねぎとトマトの豆添え

Fagioli con cipolla e pomodoro(ファジョーリ・コン・チポーラ・エ・ポモドーロ)玉ねぎとトマトの入った豆は、下処理済みの豆や缶詰等の保管があるとさっと簡単に作れて非常に美味しい付け合わせ(コントルノ)料理です。 美味しくて …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato