パンチェッタのパスタ

パンチェッタのパスタ【パスタ・コン・パンチェッタ】

Pasta con pancettaパスタ・コン・パンチェッタ

パンチェッタのパスタは、15分で準備でき、あらゆる機会に楽しめる、手早く簡単な最初のコースです。今回のように、パンチェッタの他、ベーコンを使って作ることもでき、さまざまな方法でカスタマイズできます。

アマトリチャーナカルボナーラグリーチャなどのプリミ・ピアッティ(最初の皿)でベーコンを使う人とパンチェッタを使う人の間で意見が対立する場合は、このレシピを食してみるべきでしょう。

そのままの最もシンプルなこのレシピでパンチェッタやベーコンを楽しんでもよいし、豆類や野菜を加えたり、チーズやクリームを加えてクリーミーに仕上げたりすることもできます。

本来パンチェッタは短冊切りがよいのですが、取得したパンチェッタがスライスだった為、適当にカットして使用している画像を添えています。

パスタは、フェットゥチーネやリングイネの他、スパゲッティといったスタンダードなロングパスタが僕は好みです。


パンチェッタのパスタ材料2人分

パスタ160g
玉ねぎ1/2個
パンチェッタ75g(代用:ベーコン)
オリーブオイル
塩・胡椒適量
イタリアンパセリ適量
チャイブ適量

1人分:約486カロリー


パンチェッタのパスタ調理工程(約15分)

STEP1 1%を塩を加えた湯を沸かし、パスタを茹でる準備をします。

表記時間より2分早くパスタをゆで上げる予定です。

お湯を沸かしている間に玉ねぎの皮をむき、みじん切り、パンチェッタもカットします。

フライパンにオリーブオイルを少量投下し、玉ねぎを投下して下塩をして炒めます。
パンチェッタのパスタ【パスタ・コン・パンチェッタ】の調理工程1
STEP2 次にパンチェッタを焼いてカリカリにし、細かく刻んだイタリアンパセリとゆで汁とお玉2杯加えてひと煮立ちさせたらベースソースの完成です。

火を止めてパスタが茹で上がるのを待ちます。
パンチェッタのパスタ【パスタ・コン・パンチェッタ】の調理工程2
STEP3 パスタが茹で上がったら、更にゆで汁お玉1杯と一緒にベースソースに加えてあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

塩味チェックしてコショウ少々を加えて味を調え、パスタにソースを全て閉じ込めたら仕上げです。

皿に盛り付けてイタリアンパセリ、チャイブを散らしたら完成です。
パンチェッタのパスタ【パスタ・コン・パンチェッタ】の調理工程3

パンチェッタのパスタの調理ポイント

基本的なパスタ調理です。

パンチェッタを炒めるときは弱火でじっくりと油をにじみ出すように炒めます。食材から出てくる油を旨味としてパスタに乗せていきます。

シンプルですが非常に美味しい一皿ですよ!


パンチェッタのパスタについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
スパゲッティ[spaghetti]断面が正円のロングパスタで直径が1.8~2.0mm前後のものをスパゲッティと言います。好みによりそれより少し細いスパゲッティーニを使うケースがあります。 僕は通常、スパゲッティー系はディベラのNo.9 ... [詳細解説へ]
読み方:スパゲッティ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティー二
パンチェッタ[pancetta]本来は豚のバラ肉のこと。料理に使う塩漬けした豚バラ肉も同様にパンチェッタと呼ばれ、俗に生ベーコンとも呼ばれます。 部位がバラ肉に限定されている他、ベーコンとの大きな違いは燻製しないこと、それに塩味は逆 ... [詳細解説へ]
読み方:パンチェッタ
分類:豚肉
代用品:ベーコン
フェットゥチーネ[fettuccine]「小さなリボン」という意味の幅広のロングパスタ。同じ平打ち麺のタリアテッレと良く似ているが、タリアテッレは幅5mm程度となり、フェットゥチーネは幅7.5mm前後のためやや幅広い。 フェットゥチーネは牛 ... [詳細解説へ]
読み方:フェットゥチーネ
分類:パスタ
代用品:タリアテッレ|パッパルデッレ
リングイネ[linguine]断面が楕円のロングパスタです。表面積がスパゲッティよりも広い為、もちっとした触感が楽しめます。
読み方:リングイネ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティ
ロングパスタ[pasta lunga]細長いパスタ全般のことを指します。
読み方:パスタ・ルンガ
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato