サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ

サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ【パスタ・パスティッチャータ・コン・サルシッチャ・エ・ポモドーロ】

Pasta pasticciata con salsiccia e pomodoroパスタ・パスティッチャータ・コン・サルシッチャ・エ・ポモドーロ

サルシッチャとは、腸詰、いわゆるソーセージのことを指します。

サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータは、濃厚な最初のコース(プリモ)であり、メインコース(セコンド)、肉料理としても提供できる品です。

パスティッチャータとは、「ぐちゃぐちゃになった」といった意味ですが、具材をよく混ぜ合わせて焼く料理で、パスタの他、ポレンタでよく調理されます(ポレンタ・パスティッチャータ)。

以前紹介したクリーム仕上げのサルシッチャのパスタと同様に非常にシンプルな料理ですがトマト味のこれも極めて美味しいです。

クリームとソーセージのパスタ



オプションとして、角切りチーズやパンチェッタを加えることもできます。

唸るほどの美味しさを是非味わってみてくださいね!


サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ材料4人分

パスタ320g
サルシッチャ300g
チェリートマト400g(代用:普通のトマト)
ローズマリー適量
オリーブオイル大匙2
塩・胡椒適量

1人分:約564カロリー


サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ調理工程(約30分)

STEP1 腸詰め(ソーセージ)の真ん中ラインに沿ってナイフで切れ目をいれます。

端から端までの全長に渡り切れ目を入れたら、サルシッチャをナイフでを取り外します。

外したらなめして軽く刻んで滑らかにしておきます。
サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ【パスタ・パスティッチャータ・コン・サルシッチャ・エ・ポモドーロ】の調理工程1
STEP2 オリーブオイルを入れたフライパンにサルシッチャ崩しながら投下していきます。

中火にかけ、サルシッチャの脂がにじみ出てくるまで数分間じっくり加熱し炒めていきます。

ローズマリーの針葉を加えます。
サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ【パスタ・パスティッチャータ・コン・サルシッチャ・エ・ポモドーロ】の調理工程2
STEP3 湯剥きしたチェリートマト又はトマトを加えてよく混ぜ、塩と胡椒で味付けし、サルシッチャが柔らかくなり、ソースが美味しくなるまで15分間煮込んだらベースソースの完成です。

(画像の調理では、トマトは湯剥きをせずに使用しています)

火を落としてパスタが茹で上がるのを待ちます。
サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ【パスタ・パスティッチャータ・コン・サルシッチャ・エ・ポモドーロ】の調理工程3
STEP4 ベースソースの煮込みの間に1%の塩を加えた湯を沸かし、パスタをゆで上げます。

表記時間ちょうど、アルデンテでゆで上げます。

パスタが茹で上がったら湯を切り、ベースソースの入ったフライパンに移します。

全体にかき混ぜながら火を加え、ソースを全てパスタとサルシッチャに閉じ込めたら、次の工程でオーブンで焼きます。
サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ【パスタ・パスティッチャータ・コン・サルシッチャ・エ・ポモドーロ】の調理工程4
STEP5 パスタ・具材をグラタン皿に入れて、200℃に設定したオーブンで10~15分焼いたら仕上げです。

最後にグラナ・パダーノ(パルメザン)をお好み量散らして完成です。
サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ【パスタ・パスティッチャータ・コン・サルシッチャ・エ・ポモドーロ】の調理工程5

サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータの調理ポイント

サルシッチャを炒めて、トマトと一緒に煮込んでパスタを加え、最後にオーブンで焼くという非常に簡単な工程で美味しい品ができあがります。

非常に美味しい品ですよ!


サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータについてマスターの言及


サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータを評価する

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "サルシッチャ"

サルシッチャのパスタ

Pasta alla salsiccia(パスタ・アッラ・サルシッチャ)サルシッチャ(腸詰:ソーセージ)とトマトは非常に相性がよく仕上げ方や香草等に変化を加えた様々なバリエーションがあります。 サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ その中 …

キャベツとサルシッチャの鍋煮

Cavolo e salsiccia in padella(カヴォロ・エ・サルシッチャ・イン・パデッラ)キャベツとサルシッチャは、北部の伝統農民料理の2番目のコース(セコンド)が有名ですが、今回は、トップ画の通りレッドキャベツの使用だったので、時短で …

ノルチャ風パスタ

Pasta alla norcina(パスタ・アッラ・ノルチーナ)ノルチャとは、ウンブリア州ペルージャ県にあるコムーネです。 この地域は黒トリュフやプロシュット(生ハム)やサルシッチャのような豚肉の加工と塩漬け肉の生産が有名な地域で、このノルチャ風の …

小鳥風の豆

Fagioli all'uccelletto(ファジョリ・アルウッチェレット)小鳥風いんげん豆と訳されたり、ウッチェレット風の豆又は豆のウッチェレット風とそのまま訳されたりと様々です。 直訳では小鳥風ですが、この名前の由来は、トスカーナで小鳥を調理す …

ナポリ風ラグーのパスタ

Pasta al ragù alla napoletana(パスタ・アル・ラグー・アッラ・ナポリターナ)ナポリ風のラグーを使用したパスタ料理を調理していきます。ラグーソースの調理の仕方は、下記ページにて紹介しています。 ナポリ風ラグー ナポリ風ラグー …

ナポリ風ラグー

Ragù alla napoletana(ラグー・アッラ・ナポリターナ)古典的なボローニャ風ラグーの代わりに、ナポリ風のラグーを選択することでカンパニア州の味を楽しむことができます。 この素晴らしいラグーを使えば、ライスやパスタと合わせて最初のコース …

クリームとソーセージのパスタ

Pasta panna e salsiccia(パスタ・パンナ・エ・サルシッチャ)サルシッチャ(腸詰め)日本のイメージに一致させると、ソーセージとクリームのパスタです。 ソーセージと記載していますが、本来ソーセージは、腸詰の事で、サルシッチャ=ソーセ …

ソーセージとカブの炒め物

Salsiccia e rape in padella(サルシッチャ・エ・ラペ・イン・パデッラ)ソーセージとカブの炒め物は、素朴なセコンド、白カブを味わうのに最適な料理です。蕪は、甘い風味がありますが、わずかにスパイシーな為、サルシッチャとの相性がよ …

森の番人風タリアテッレ/ボスカイオーラ

Tagliatelle alla boscaiola(タリアテッレ・アッラ・ボスカイオーラ)きこり風とか森の番人風と訳される豊富なきのこ類を使った二つ名付きのパスタです。 キノコをふんだんに使うこのボスカイオーラは、タリアテッレの他ペンネ等のショート …

ポルペッテのソース添え

Polpette al sugo(ポルペッテ・アル・スーゴ)ポルペッテ(Polpette)とは、イタリア語で「団子(だんご)」の意味です。今回は牛ひき肉とサルシッチャで作った肉団子、ミートボールのトマトソース添えです。 このポルペッテのソース添えは最 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato