サラミとトマトのパスタ

サラミとトマトのパスタ【パスタ・コン・サラメ・エ・ポモドーロ】

Pasta con salame e pomodoroパスタ・コン・サラメ・エ・ポモドーロ

急いでいて、手早くとてもおいしい最初のコース(プリモ)にこのサラミとトマトのパスタはとてもお勧めです。

ほんの数分で完成させてテーブルに出すことができ、調理もとても簡単です。

このレシピでは、サラミと玉ねぎ、トマトのソースにロビオラを加えることで、この料理はビロードのような仕上がりになります。

パンチェッタと同様に典型的な塩漬け保存食であるサラミは、やはり素晴らしいパスタの主役になりえるのです。

パンチェッタのパスタ



サラミの凝縮された旨味とトマトとロビオラが豊潤さを加えた上でマイルドにして調整役となり、パスタと合わせた味わいに深みを与えています。

ロングパスタが好きな人はスパゲッティ、ショートパスタが好きな人はペンネやフジッリ、セダニーニなどどれも美味しく味わえます。


サラミとトマトのパスタ材料4人分

ショートパスタ320 g
サラミ120g​
トマト500g(代用:チェリートマト又はピューレ)
玉ねぎ1個
ロビオラ100g​(代用:クリームチーズ&ミルク、プロボローネ等)
オリーブオイル大匙2
塩・胡椒適量

1人分:約559カロリー


サラミとトマトのパスタ調理工程(約25分)

STEP1 トマト湯剥き(皮に十字に少し切れ目を入れて数秒間茹で、皮をむきます)をして、細かく賽の目にカットしておきます。

チェリートマトを使用する場合は、1/2又は1/4程度にカットしておきます。

玉ねぎを洗い、皮をむいてみじん切りにしておきます。

1%の塩を加えた湯を沸かし、パスタを茹でます。

表記時間より2分早くゆで上げる予定です。

その間にフライパンにオリーブオイルを入れて火にかけ、オイルが熱くなったら、みじん切りにした玉ねぎを入れて下塩をして炒めます。

玉ねぎから出てくる水分を利用して炒め煮込み、再吸収させます。
サラミとトマトのパスタ【パスタ・コン・サラメ・エ・ポモドーロ】の調理工程1
STEP2 玉ねぎにエキスが再吸収され茶色になり始めたら、小さな立方体(一辺約5ミリメートル)にカットしたサラミをフライパンに加えます。

サラミの脂が溶けてくるので全体になじませるように炒めます。
サラミとトマトのパスタ【パスタ・コン・サラメ・エ・ポモドーロ】の調理工程2
STEP3 サラミの脂が溶けて全体になじんだら細かくカットしたトマトを加えて木のコックスプーンですべてをよく混ぜ、ゆで汁をお玉1杯程度加えて弱火で約5分間、トマトを潰しながら煮込みます。
サラミとトマトのパスタ【パスタ・コン・サラメ・エ・ポモドーロ】の調理工程3
STEP4 次にロビオラをフライパンに注ぎ、必要に応じてパスタのゆで汁を少し加えながらゆっくりと溶かします。

塩味をチェックしたら軽めに胡椒を振ってベースソースの完成です。

火を落としてパスタが茹で上がるのをまちます。
サラミとトマトのパスタ【パスタ・コン・サラメ・エ・ポモドーロ】の調理工程4
STEP5 パスタが茹で上がったらお玉2杯分のゆで汁と共にベースソースに加えて、あえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

パスタにソースを全て閉じ込めたら仕上げです。

皿に盛りつけて胡椒をお好み量散らして完成です。
サラミとトマトのパスタ【パスタ・コン・サラメ・エ・ポモドーロ】の調理工程5

サラミとトマトのパスタの調理ポイント

玉ねぎをいつも通り丁寧に旨味を閉じ込めながら炒めて、サラミを加え、ここでゆっくりとサラミの脂を溶かして全体になじませるのがポイントです。

煮込んでいく過程でサラミの旨味がソース全体に広がると共にサラミそのものも柔らかくとても美味になります。


サラミとトマトのパスタについてマスターの言及

言及1

記事内食材解説・補足
サラミ[salame]サラミ(複数形: salami)は、ひき肉と脂肪の混合物から作る、生および味付けされたソーセージの一種です。 イタリアで発祥したドライソーセージの1種で、語源は塩(サーレ[Sale])、保存するために ... [詳細解説へ]
読み方:サラメ
分類:燻製肉
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
スパゲッティ[spaghetti]断面が正円のロングパスタで直径が1.8~2.0mm前後のものをスパゲッティと言います。好みによりそれより少し細いスパゲッティーニを使うケースがあります。 僕は通常、スパゲッティー系はディベラのNo.9 ... [詳細解説へ]
読み方:スパゲッティ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティー二
セダニーニ[sedanini]セダニーニ(・リガーテ[Rigate])は北イタリアで非常に一般的なパスタの一種で、わずかな湾曲とラインが特徴です。 セロリ(Sedano)を由来とし、ペンネやマカロニよりも大きいショートパスタです。 ... [詳細解説へ]
読み方:セダニーニ
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
フジッリ[fusilli]ショートパスタの一種で、くるくるです。 日本では、フジッリ以外にもくるくるパスタやカールマカロニの名称で親しまれています。 フジッリ・ブカーティやロングパスタのフジッリ・ルンギ、類似した外観のロティー ... [詳細解説へ]
読み方:フジッリ
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ
ペンネ[penne]ペン先状、筒状のパスタの総称で、中でもペンネ・リガーテ (penne rigate) は表面には細かい溝があり(rigate は、”溝が入った” の意味)、ソースが絡みやすくな ... [詳細解説へ]
読み方:ぺんね
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ全般
ロビオラ[robiola]ロビオラは、イタリアのストラッキーノ系(フレッシュチーズ)の柔らかく熟成したチーズです。牛、ヤギ、羊の乳をさまざまな割合で使用して作られています。 通常、単独またはオイル、塩、胡椒を添えてテーブルチー ... [詳細解説へ]
読み方:ロビオラ
分類:チーズ
ロングパスタ[pasta lunga]細長いパスタ全般のことを指します。
読み方:パスタ・ルンガ
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "サラミ"

自家製パンチェッタ

Pancetta fatta in casa(パンチェッタ・ファッタ・イン・カーザ)自家製パンチェッタは、熟成期間が最低でも4週間ある為、完成までに最低40日以上の期間が必要となりますが、その調理方法は比較的簡単で、作業そのものもあまりありません。 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato