絶望的なパスタ

 
絶望的なパスタ【パスタ・アラ・デスペラータ】

Pasta alla disperataパスタ・アラ・デスペラータ

日本において「絶望のパスタ」はアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノであるという説が流布されていますが、全くの誤りです。

また、トマトを加えた形、スパゲッティ・アラ・ナポリターナにペペロンチーノトッピングが「絶望のパスタ」であるという説やそれ以外のものも散見されますがいずれも誤りでそのような事実はないようです

語源と思われるこの「Pasta alla disperata(絶望的なパスタ)」は、アンチョビやオリーブなどを用いたトマトソースのパスタ、つまりプッタネスカからの派生レシピですよ。

娼婦風のスパゲッティ


食材もなく絶望的で料理する気がしないときに何も考えずとも美味しくできる必死で決死の時の救済パスタです。絶望的も必死も決死もdisperataのニュアンスであり一定の説得力を感じます。

パスタの名称の経緯もプッタネスカ(娼婦風)につながるニュアンスがあり、食材も非常に似ていますし同じく食材の変更に対しても寛容です。

キノコの旨味を考えるとこの食材が起死回生の食材と言えますし、確かにピッタリなネーミングだと思います。

パスタはスパゲッティ、リングイネ、ペンネ等が定番のようです。


絶望的なパスタ材料2人分

スパゲッティ200g
トマト150g(代用:トマトソース120g)
種抜きブラックオリーブ30g
マッシュルーム(代用:他茸)30g
塩漬けケッパー10g
アンチョビ1尾
玉ねぎ1/4個
オリーブオイル大匙2
オレガノ適量(代用:イタリアンパセリ)
塩適量
胡椒適量(代用:唐辛子1本)

1人分:約524カロリー


絶望的なパスタ調理工程(約20分)

STEP1 パスタ用に湯を沸かし、1%の塩を投下します(1人前でも最低1L以上としましょう)。

表記時間より2分早く上げる予定です。

塩漬けケッパーの塩を流水でよく流して刻んでおきます。玉ねぎはスライス、キノコ、アンチョビ、黒オリーブ等食材を荒く微塵切りにしておきます。

トマトは乱切りでOKです。
STEP2 フライパンでオリーブオイルを熱し、玉ねぎを炒めます。

次にキノコを加えよく火を通します。

アンチョビを投下して、加熱して溶かしつつ、ケッパー、オリーブを入れて軽く加熱してからカットしたトマトを投下します。

塩見を確認しつつ胡椒及びオレガノを振って味を調整します。

加熱してトマトが柔らかくつぶれる感じに火が通ったらゆで汁を軽くお玉1杯程度追加してひと煮立ちさせたら火を止めてパスタが茹で上がるのをまちます。
絶望的なパスタ【パスタ・アラ・デスペラータ】の調理工程2
STEP3 ベースソースの塩加減を確認した上で、パスタが茹で上がったらお玉2杯のゆで汁と共にソースと合わせます。

注意点としてケッパーとアンチョビが入っているのでもし、塩味が強くなりすぎている場合は、ゆで汁を減らし、普通の湯を加えるようにして調整下さい。

パスタをあえ煮込んでいき、ソースを全てパスタに閉じ込めたら仕上げです。

皿に盛り付け(好みでイタリアンパセリを散らし)たら完成です。
絶望的なパスタ【パスタ・アラ・デスペラータ】の調理工程3

絶望的なパスタの調理ポイント

プッタネスカと同様にケッパーはしっかりと流水で塩気を流した後に調理に使ってください。

また、塩気が多くなりすぎてしまった場合は、パスタとベースソースを合わせる際のゆで汁を普通の湯を加えて調整下さい。

食材が何もなく絶望的な時の料理ですからやはりプッタネスカと同様に食材に関してはあるものを使う考えがベースにあります。

それぞれの食材を同形等に的を絞れば味の崩れもないでしょうから多少の入れ替えや具材の分量バランスはお好みで変化させてもOKです!


絶望的なパスタについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare/
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
イタリアンパセリ[prezzemolo]香味野菜として使います。すり潰した葉や細かく刻んだ葉を料理のソースやドレッシングなどに利用したり、茎や葉を煮込み入れたり、そのままちぎってパスタなどの料理に添えられたりします。肉や魚の臭い消し、ビネガ ... [詳細解説へ]
読み方:プレッツェモロ
分類:香草
代用品:バジル|三つ葉|セロリの葉
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
スパゲッティ[spaghetti]断面が正円のロングパスタで直径が1.8~2.0mm前後のものをスパゲッティと言います。好みによりそれより少し細いスパゲッティーニを使うケースがあります。 僕は通常、スパゲッティー系はディベラのNo.9 ... [詳細解説へ]
読み方:スパゲッティ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティー二
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
ペンネ[penne]ペン先状、筒状のパスタの総称で、中でもペンネ・リガーテ (penne rigate) は表面には細かい溝があり(rigate は、”溝が入った” の意味)、ソースが絡みやすくな ... [詳細解説へ]
読み方:ぺんね
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ全般
リングイネ[linguine]断面が楕円のロングパスタです。表面積がスパゲッティよりも広い為、もちっとした触感が楽しめます。
読み方:リングイネ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティ
ロングパスタ[pasta lunga]細長いパスタ全般のことを指します。
読み方:パスタ・ルンガ
唐辛子[peperoncino]読み方:ペペロンチーノ
分類:香辛料
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料
[funghi]単数形:fungo、キノコのこと。
読み方:フンギ

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "アンチョビ"

バター、アンチョビ、ライムのスパゲッティ

Spaghetti burro, alici e lime(スパゲッティ・ブーロ,アリーチ・エ・ライム)ライムを使った非常に美味しいパスタを紹介いたします。 柑橘類のパスタやリゾットは際立った美味を約束してくれる品が多く、特にパスタの中ではレモンのパ …

セロリのアンチョビ炒め

Sedano in padella alle acciughe(セダノ・イン・パデッラ・アッレ・アッチュウゲ)アンチョビを添えたセロリの組み合わせは、本当に美味しいですが、珍しい組み合わせの付け合わせ(コントルノ)だそうです。 イタリア料理では非常に …

アンチョビソースのパスタ

Pasta in salsa di acciughe(パスタ・イン・サルサ・ディ・アチューゲ)ヴェネツィア料理の伝統料理、Bigoli in salsaのソース(玉ねぎとアンチョビのソース)に使われる玉ねぎをネギに変更した派生レシピです。 たまたま、 …

マリナーラ/船乗り風ソース

Salsa alla marinara(サルサ・アッラ・マリナーラ)今回調理する、船乗り風ソースは、日本においてもおなじみのシンプルなソースのレシピを紹介します。 非常に幅広く、従来の情報、固定概念とは異なる内容もあると思われる為、紹介内容・解説の分 …

パスタと水菜

Pasta e mizuna(パスタ・エ・ミズナ)水菜のパスタ料理です。水菜はアブラナ科の植物で、別名でキョウナ(京菜)、ヒイラギナ(柊菜)、センスジナ(千筋菜)、センボンナ(千本菜)、センスジキョウナ(千筋京菜)、イトナ(糸菜)などの名があるそうで …

たけのこのパスタ

Pasta com germogli di bambù(パスタ・コン・ジェルモギリ・ディ・バンブー)タケノコは、東アジアで食用として調理されるものの、完全にオリエンタルな食材なのでイタリアのどの地域においても伝統料理には登場しない食材です。 その為、 …

ピーマン入りパスタ

Pasta ai peperoni(パスタ・アイ・ペペローニ)ほぼ同じ調理方法ですが、パスタ・コン・アイ・ペペローニ(Pasta con i peperoni)やピーマンクリームのパスタ(Pasta con crema di peperoni)といっ …

パン粉入りパスタ

Pasta con la mollica(パスタ・コン・ラ・モッリカ)パスタとパン粉(Pasta e mollica)やシチリア語の「pasta ca muddica」とも表記されることがあります。 以前、紹介したパンと玉ねぎのパスタとは系統は異なり …

ネギとセロリのマリネ

Porri e sedano marinati(ポーリ・エ・セダノ・マリナーティ)ネギとセロリのマリネは、手軽に作れる洗練された冷たい前菜(アンティパスト)です。 マリネは、ビネガー(酢)やレモン汁などの酸をベースとして、オイル、スパイス、香草等でソ …

オリーブのパスタ

Pasta alle olive(パスタ・アッレ・オリーヴ)オリーブのパスタは、準備がとても簡単で、手早くておいしいプリモです。 家にほとんどまたは何もない場合でも、おいしいパスタ料理を作ることができます。 冷蔵庫に何もない時の定番といえば娼婦風(プ …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato