大蒜オイルと唐辛子のスパゲッティ

 
大蒜オイルと唐辛子のスパゲッティ【スパゲッティ・アーリオ,オーリオ・エ・ペペロンチーノ】

Spaghetti aglio,olio e peperoncinoスパゲッティ・アーリオ,オーリオ・エ・ペペロンチーノ

日本ではペペロンチーノの略称で知られています。アーリオは大蒜(ニンニク)、オーリオは油(特にオリーブ・オイル)、ペペロンチーノ は唐辛子を意味します。

尚、他の具材が加わっているパスタは本来は別の料理です。アーリオ・オーリオはイタリアンの基本調理ですので、様々な料理、パスタのベースになっていることが多いです。

本国のお店ではこのまま提供されることはまずなく、他の食材が加わり別の料理として提供されますのでこのままの形はまさに家庭での料理です。

一般的にも僕もスパゲッティで仕上げますが、リングイネで調理されることもあります。パスタ調理の基本であり、調理の仕方で絶品になり得ます。

イタリアではこれを「絶望のパスタと呼ぶ」という説が流れていますが、全くの誤りです。語源と思われる Pasta alla disperata は、プッタネスカからの派生パスタです。

絶望的なパスタ



大蒜オイルと唐辛子のスパゲッティ材料2人分

スパゲッティ200g
ニンニク(小)2欠片
唐辛子(小)2本
イタリアンパセリ2枝
オリーブオイル大匙2.5
塩適量

1人分:約481カロリー


大蒜オイルと唐辛子のスパゲッティ調理工程(約15分)

STEP1 3Lの湯を1%の塩(大匙2)を入れて沸かします。

湯が沸いたらパスタを投下して表記時間より2分早く上げてソースに投下する予定です。
STEP2 オリーブオイルを弱火で加熱して厚めにスライスしたニンニクを投下。

じっくりと加熱してニンニクのエキスをオイルに移します。ほんのりと色がついてきたら唐辛子を砕いて投下、イタリアンパセリの茎の固い部分も合わせて投下してゆで汁をお玉2杯加えます。

ひと煮立ちさせてベースソースの完成。

火を止めてパスタが上がるのを待ちます。
STEP3 茹で上がったパスタをソースに加え、更にお玉1杯のゆで汁を加えてあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

しっかりと全てのソースをパスタに閉じ込めたら仕上げ。

皿に盛り付けてイタリアンパセリを散らしたら完成です。
大蒜オイルと唐辛子のスパゲッティ【スパゲッティ・アーリオ,オーリオ・エ・ペペロンチーノ】の調理工程3

大蒜オイルと唐辛子のスパゲッティの調理ポイント

イタリアン調理の基本の一つ、アーリオ・オーリオの一つペペロンチーノをそのままパスタにしたメニューです。

ニンニクを具材とする為、少し厚めにするとよいバランスになります。

他の料理、特にこのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノベースで調理する場合は、食材のバランスを考えるようにしてください。

大抵の料理では今回の分量の半分程度の分量で調理することになると思います。


大蒜オイルと唐辛子のスパゲッティについてマスターの言及

言及1 言及2 言及3


大蒜オイルと唐辛子のスパゲッティについてFollowerさんのお声

投稿者: @sakapon7
Threadsで見る
投稿者: @kumami.nakamura
Threadsで見る

記事内食材解説・補足
イタリアンパセリ[prezzemolo]香味野菜として使います。すり潰した葉や細かく刻んだ葉を料理のソースやドレッシングなどに利用したり、茎や葉を煮込み入れたり、そのままちぎってパスタなどの料理に添えられたりします。肉や魚の臭い消し、ビネガ ... [詳細解説へ]
読み方:プレッツェモロ
分類:香草
代用品:バジル|三つ葉|セロリの葉
スパゲッティ[spaghetti]断面が正円のロングパスタで直径が1.8~2.0mm前後のものをスパゲッティと言います。好みによりそれより少し細いスパゲッティーニを使うケースがあります。 僕は通常、スパゲッティー系はディベラのNo.9 ... [詳細解説へ]
読み方:スパゲッティ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティー二
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
リングイネ[linguine]断面が楕円のロングパスタです。表面積がスパゲッティよりも広い為、もちっとした触感が楽しめます。
読み方:リングイネ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティ
ロングパスタ[pasta lunga]細長いパスタ全般のことを指します。
読み方:パスタ・ルンガ
唐辛子[peperoncino]読み方:ペペロンチーノ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "唐辛子"

白菜の大蒜唐辛子添えパスタ

Pasta e cavolo cinese con aglio e peperoncino(パスタ・エ・カヴォロ・チネーゼ・コン・アリオ・エ・ペペロンチーノ)リングイネ(Linguine e cavolo cinese con aglio e pep …

マリナーラ/船乗り風ソース

Salsa alla marinara(サルサ・アッラ・マリナーラ)今回調理する、船乗り風ソースは、日本においてもおなじみのシンプルなソースのレシピを紹介します。 非常に幅広く、従来の情報、固定概念とは異なる内容もあると思われる為、紹介内容・解説の分 …

玉ねぎとトマトの豆添え

Fagioli con cipolla e pomodoro(ファジョーリ・コン・チポーラ・エ・ポモドーロ)玉ねぎとトマトの入った豆は、下処理済みの豆や缶詰等の保管があるとさっと簡単に作れて非常に美味しい付け合わせ(コントルノ)料理です。 美味しくて …

ルッコラの炒め物

Rucola in padella(ルーコラ・イン・パデッラ)このフライパンで焼いたルッコラのレシピは、とても美味しくて食欲をそそるおかずです。さらに、この方法で調理したルッコラはフォカッチャやブルスケッタの詰め物としても使えます。 ルッコラはイタリ …

トゥリッドゥのスパゲッティ

Spaghetti alla Turiddu(スパゲッティ・アッラ・トゥリッドゥ)トゥリッドゥのスパゲッティは、シチリアを舞台にしたジョヴァンニ・ヴェルガ(作曲ピエトロ・マスカーニ)の『カヴァレリア・ルスティカーナ』[Cavalleria Rusti …

パスタと水菜

Pasta e mizuna(パスタ・エ・ミズナ)水菜のパスタ料理です。水菜はアブラナ科の植物で、別名でキョウナ(京菜)、ヒイラギナ(柊菜)、センスジナ(千筋菜)、センボンナ(千本菜)、センスジキョウナ(千筋京菜)、イトナ(糸菜)などの名があるそうで …

悪魔風鶏肉/ディアボラ風チキン

Pollo alla diavola(ポッロ・アッラ・ディアヴォラ)日本における同名の料理はアレンジの結果なのか、錯誤によるものかは不明ですが別の料理、ジャパニーズイタリアンというべきものに変化しているようです。 この悪魔風鶏肉(ディアボラ風チキン) …

チーズと卵のペンネッテ/アブルッツォ州のレシピ

Pennette cacio e uova[ricetta Abruzzo](ペンネッテ・カーチョ・エ・ウォヴァ)アブルッツォ州のチーズと卵のパスタ[Pasta cacio e uova]です。 ペンネ(又はペンネッテ)・リガーテが使用されることが多 …

ナポリタン/日本のパスタ料理

Naporitan[Piatti di pasta tramandati in Giappone](ナポリタン)日本で独特の進化をとげたパスタ料理「ナポリタン」です。 ナポリ風ではなく、日本に伝わったトマトベースのパスタ料理が独自に変革されて固有の「 …

インゲンの炒め物

Fagiolini saltati in padella(ファジョリーニ・サルターティ・イン・パデッラ)インゲンの炒め物は、肉、魚、さらにはベジタリアンの二番目のコース(セコンド)とに添えることができるコントルノです。 インゲンは火をしっかり通す必要 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato