ナポリ風スパゲッティ

 
ナポリ風スパゲッティ【スパゲッティ・アラ・ナポリターナ】

Spaghetti alla napoletanaスパゲッティ・アラ・ナポリターナ

日本のナポリタンとは別物です。ナポリ風スパゲッティは、フレッシュトマトで調理するトマトのスパゲッティというのが特徴です。

本場イタリアでは素朴でシンプルすぎるパスタの為、お店ではメニューに記載されていることが殆どないという話を聞いたことがあります。

イタリア人不動の人気NO.1のポモドーロがトマトのみで調理するのに対し、ナポリ風はフレッシュトマトでの調理&玉ねぎが入ります。

フレッシュトマトのパスタともやはり味わいはかなり異なります

フレッシュトマトのスパゲッティ



これはこれでとても味わい深くとても美味しいです。

さて、ジャパニーズパスタである「ナポリタン」については別記事でまとめさせて頂きましたが、横浜のホテルグラントが発祥とされています。

実は、グラントでは初代総料理長(スイス人:ドリアの考案者)がこのナポリターナに近いスパゲイチ・ア・ラ・ナポリテーインという品を提供していたそうです。

しかし、戦後、一度日本の食文化は大きく変容するのですが、その過程で2代目総料理長がナポリタンの提供を始めます、が、これはケチャップは使われておらず、今回紹介のナポリターナのソースにかなり近い形だったそうです(そして麺をもっちりさせる工夫は導入:ぶよぶよではなくあくまでもっちりです)。

ここから先、ケチャップになったことやぶよぶよ、焼き焼きするようになった経緯等はナポリタンページにて細かくまとめています。

ナポリタン/日本のパスタ料理



尚、このナポリ風のパスタに唐辛子をトッピングしたものを「絶望のパスタと呼ぶ」という説が流れていますが、誤りです。語源と思われる Pasta alla disperata は、プッタネスカからの派生パスタです。


ナポリ風スパゲッティ材料2人分

スパゲッティ200 g
ニンニク1/2欠片
玉ねぎ1/2個
トマト300g(中2個)
バジル2枝
パルミジャーノ大匙2
オリーブオイル大匙2
塩・胡椒

1人分:約526カロリー


ナポリ風スパゲッティ調理工程(約25分)

STEP1 トマトの皮をむきやすくします。トマトの中央に浅く十字に切り込みを入れます。

小さめの鍋にトマトが7〜8割ほど浸かるくらいの分量でよいので、湯を沸かします。沸騰したらトマトを入れ、10秒くらいごとに裏返し、合計20〜30秒ほど茹でます。

トマトの皮がヘタの近くまではじけているのを確認し、冷水(夏場なら氷水)に浸けて冷やします。

皮をむき、好みで内側の種をきれいにして細かく切ります。
ナポリ風スパゲッティ【スパゲッティ・アラ・ナポリターナ】の調理工程1
STEP2 3Lの水に1%の塩(大匙2)を投下して湯を沸かします。パスタを投下します。

今回は表記時間より2分早く上げてソースに加える予定です。

オリーブオイルを加熱し、ニンニクを軽くつぶして投下して、エキスをオイルに移します。移し終わったらニンニクを取り出します。

次に玉ねぎを投下して下塩をふります。玉ねぎが透き通ってくるまで5分ほどかかります。

その後、トマトを投下して、胡椒を振り、ゆで汁をお玉2杯ほど加え、10分ほど加熱していきます。
ナポリ風スパゲッティ【スパゲッティ・アラ・ナポリターナ】の調理工程2
STEP3 パスタが上がったらフライパンに投下して、ゆで汁を更にお玉1程度投下してあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

ソースを全てパスタに閉じ込めたら火を止めてバジルとパルミジャーノを投下して全体に恥じませたら仕上げです。

皿に盛り付けて更にバジルを飾れば完成です!
ナポリ風スパゲッティ【スパゲッティ・アラ・ナポリターナ】の調理工程3

ナポリ風スパゲッティの調理ポイント

フレッシュトマトを使うスパゲッティということで日本人好みのパスタではないかなと思います。

普段ニンニクは取り出さず一緒に食すことが多いのですが、このパスタに関してはエキスをオイルに移してから取り出して作った方が美味しいと思いますよ。

最後の仕上げのバジルとパルミジャーノを加えることでぐっと味が深くなります。とても美味しいです。


ナポリ風スパゲッティについてマスターの言及

言及1


このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "トマト"

玉ねぎとトマトの豆添え

Fagioli con cipolla e pomodoro(ファジョーリ・コン・チポーラ・エ・ポモドーロ)玉ねぎとトマトの入った豆は、下処理済みの豆や缶詰等の保管があるとさっと簡単に作れて非常に美味しい付け合わせ(コントルノ)料理です。 美味しくて …

トマト入り卵

Uova al pomodoro(ウォヴァ・アル・ポモドーロ)卵のトマトだけで、美味しいメイン料理(セコンド)が作れ、誰もが大好きな皿です。 各家庭には独自のバージョンがあり、僕はフレッシュトマトを使用することを好みますが、トマトピューレ、玉ねぎ、パ …

トマトのサラダ

Insalata di pomodori(インサラタ・ディ・ポモドーロ)トマトサラダは夏に最もよく作られる料理の1つです。 トマトサラダの基本構成は、塩・胡椒、ニンニク、バジルORオレガノ又はその両方、オリーブオイルです。 その日の料理に合わせて玉ね …

ネギとトマトのトリコロール

Tricolore di cipolla verde e pomodoro(トリコローレ・ディ・チポーラ・ヴェルデ・エ・ポモドーロ)イタリア国旗を意味する三色を少ない食材数で表現しようと考えた際に食在庫の長ネギが目に留まり思いついた、僕のオリジナルレ …

ポマローラのパスタ/香味野菜入りトマトソースのパスタ

Pasta alla pomarola(パスタ・アッラ・ポマローラ)香味野菜入りのトマトソース、ポマローラを作ります。これもトスカーナの郷土料理で保存食としても親しまれているトマト系ソースです。 たくさんの野菜を使うことから、旨味たっぷりのソースなの …

フレッシュトマトのスパゲッティ

Spaghetti al pomodoro fresco(スパゲッティ・アル・ポモドーロ・フレスコ)イタリア料理の定番、バジル入りフレッシュトマトのパスタ。普段自慢のトマトソースを仕込んでおいて、ポモドーロを始め様々なパスタや料理に使用する僕ですが、 …

トマトのスープ

Zuppa di pomodoro(ズッパ・ディ・ポモドーロ)旬の食材をテーブルに並べることには常に利点があります。市場では最も安価で、最も素晴らしい色と香り、その味は本当に格別です。 トマトにおいては、冬春トマトと夏秋トマトにより一年中旬の美味しい …

チェリートマトの炒め物

Pomodorini in padella(ポモドリニ・イン・パデッラ)おいしいチェリートマトを鍋で作るレシピは簡単で手早くできます。 ニンニク、ローズマリー、オイルだけでほんの数分で、肉料理や魚料理、塩漬け肉やミックスチーズの味とシンプルさの添え物 …

タロイモとトマトのヴェルタータ(スープ)

Vellutata di taro e pomodoro(ヴェルタータ・ディ・タロ・エ・ポモドーロ)里芋や八ツ頭等、タロイモ類のレシピです。Vellutata(ヴェルタータ)とは「ビロードのような」「なめらかで柔らかい」という意味のイタリア語で、ポタ …

カニのスパゲッティ/フレッシュトマト仕上げ

Spaghetti al granchio[finitura al pomodoro](スパゲッティ・アル・グランキオ)カニのスパゲッティは、海鮮のプリモでより洗練された料理を楽しみたいときに、キッチンであまり時間を費やすことなく調理できるレシピです …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato