アリオーネのピチ

アリオーネのピチ【ピチ・アッラーリオーネ】

Pici all'aglioneピチ・アッラーリオーネ

アリオーネ入りピチか、大きなニンニクのピチパスタと表記すべきか考えましたが、アリオーネという大きなニンニクの品種をしっかり明記したいと考えたため、「アリーネのピチ」とタイトルにしました。

WEB上の日本語圏情報は非常に少なく、それらはピチ・アリオーネ、ピチ・アル・アリオーネ(誤表記に近い)として記載されていました。

本題です。アリオーネのピチは、トスカーナの伝統、特にトスカーナ州アレッツォ県チヴィテッラ・イン・ヴァル・ディ・キアーナの最初のコース(プリモ)です。

アリオーネの発祥地は、このキアーナ。詳細は後述します。

ピチは、小麦粉と水の混合物で作られるイタリア中部で非常に普及しているパスタです。

ラグーやアヒル肉、パン粉のソースで味付けされることが多く、チェリートマトリコッタ、またはキノコとクルミのベジタリアンソースなどでも調理されます。

ピチは乾麺が多少普及しているようですが、イタリアにおいても自家製生パスタとして作り調理することが多いようです。

自家製トスカーナのピチ



今回の調理に当たってピチをこねて作り、アリオーネソースの調理をしました。このレシピの調理時間はピチ(パスタ)作りの時間は考慮していません。

また、日本においてアリオーネを手にすることはかなり難しいと考えられ、それは難易度の差はあれどイタリアにおいても同様で、アリオーネが手に入らなかった場合は、通常のニンニクで調理されるレシピです。

但し、アリオーネと通常のニンニクは大きさが異なりますので、このレシピではニンニク分量で表記しています。アリオーネを使用す場合は6欠片で調理下さい。

アリオーネについて補足
アリオーネは、古代から知られており、エトルリア人やローマ人はその高い栄養価に着目し、医療への活用、さまざまな病気の治療薬として使用していたそうです。

ヴァル・ディ・キアーナ産のアリオーネは、アレッツォ、シエナ、ペルージャの間の地域で見られるニッチ作物であり、特にその官能特性(味や香り)の点で、高い価値がることは疑いようがないと言われています。

見た目は伝統的なニンニクに非常に似ていますが、その大きさは実に驚くべきもので、実際にはより大きなニンニクであるだけでなく、古典的・典型的な普通のニンニクとは異なる種、違った風味。

通常のニンニクと比べて栄養価が高く、消化が良いとのことです。


アリオーネのピチ材料4人分

ピチ 360g(作り方
ニンニク 8欠片(大きい欠片)
新鮮な唐辛子 1本
トマト 700g
オリーブオイル 大匙5
白ワインビネガー 大匙1
塩適量

1人分:約431カロリー


アリオーネのピチ調理工程(約30分)

STEP1 トマトを沸騰したお湯で 1 分間湯通し皮をむいて種を取り除き、小さな立方体に切ります。

フライパンにオリーブオイルを入れて、ガーリックプレスを使い、ニンニクを入れていきます。

ガーリックプレスがない場合は、ニンニクをつぶしてからスライスしてからみじん切りにします。
アリオーネのピチ【ピチ・アッラーリオーネ】の調理工程1
STEP2 種を取り細かく刻んだ唐辛子を投下し、極弱火でニンニクが焦げないように、溶け始めるまで約10分間炒めます。

そしてカットトマトも加えます。
アリオーネのピチ【ピチ・アッラーリオーネ】の調理工程2
STEP3 ワインビネガーを加え、塩で味付けします。

トマトが崩れるまでソースを弱火で20分煮ます。ソースが乾きすぎている場合はお玉2/3程度ずつゆで汁を追加します。

その間にパスタ用に1%の塩を入れた湯を沸かします。
アリオーネのピチ【ピチ・アッラーリオーネ】の調理工程3
STEP4 湯が沸騰したらピチを茹でます。

生パスタなのですぐに茹で上がり水面にあがってきたら湯をよくきりフライパンに移します。

乾麺を使用している場合は、表記時間ちょうど、アルデンテでゆであげます。
アリオーネのピチ【ピチ・アッラーリオーネ】の調理工程4
STEP5 フライパンに移したピチをソースでソテーし、ソースをピチに閉じ込めたら仕上げです。

皿に盛り付けて完成です!
アリオーネのピチ【ピチ・アッラーリオーネ】の調理工程5

アリオーネのピチの調理ポイント

微塵にしたニンニクを焦がさないように微弱火でじっくりと炒め煮こんでいくことがコツです。

非常に美味しい一皿が出来上がりますよ!


アリオーネのピチについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
ワインビネガー[aceto di vino]ワイン酢、白ワインビネガーと赤ワインビネガーがよく登場します。
読み方:アチェイト・ディ・ヴィーノ
分類:調味料
唐辛子[peperoncino]読み方:ペペロンチーノ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "トスカーナ"

自家製トスカーナのピチ

Pici toscani fatti in casa(ピチ・トスカーニ・ファッティ・イン・カーサ)トスカーナの伝統的な生パスタであるピチの作り方を紹介します。 ピチは、トスカーナ州シエナとその周辺地域で有名な典型的な生パスタですが、イタリアにおいても …

トスカーナのクロスティーニ

Crostini toscani(クロスティーニ・トスカーニ)レバーペーストのクロスティーニになりますが、トスカーナを代表するアンティパスト(前菜)です。 並外れたおいしさで、一度も味わったことがない人は絶対に食べるべき一品として名が挙がる絶品料理。 …

悪魔風鶏肉/ディアボラ風チキン

Pollo alla diavola(ポッロ・アッラ・ディアヴォラ)日本における同名の料理はアレンジの結果なのか、錯誤によるものかは不明ですが別の料理、ジャパニーズイタリアンというべきものに変化しているようです。 この悪魔風鶏肉(ディアボラ風チキン) …

白菜の大蒜唐辛子添えパスタ

Pasta e cavolo cinese con aglio e peperoncino(パスタ・エ・カヴォロ・チネーゼ・コン・アリオ・エ・ペペロンチーノ)リングイネ(Linguine e cavolo cinese con aglio e pep …

豆入りパンコット

Pancotto con i fagioli(パンコット・コン・イ・ファジョーリ)豆入りパンコットは農民発祥のボリュームたっぷりの料理で、古くなったパンとボルロッティ豆をベースにしたクリーミーでボリュームのあるスープです。 非常にシンプルな方法で調理 …

キャベツとネギの炒め物

Cavoli e porri in padella(カヴォリ・エ・ポーリ・イン・パデッラ)キャベツとネギの煮物は、少ない材料で作るとても簡単で軽いおかず(コントルノ)です。 あらゆる種類のメインコースに添えて、すぐに作れる簡単なアイデアです。 リボリ …

教皇風フェットゥチーネ

Fettuccine alla papalina(フェットゥチーネ・アッラ・パパリーナ)パパリーナ(Papalina)はスカルキャップ、いわゆる司祭の帽子を意味しており、Papaは、ラテン語の教皇を意味する「Pāpa」 言葉でもあり、加えてこのパスタ …

ニューディ/グヌーディ

Gnudi(ニューディ)発音をカナ表記すると「ニューディ」ですが、日本語検索ではでてこず、ローマ字読みの「グヌーディ」だけで表示され、翻訳でもそうなので言及しておきます(以下、ニューディで表記)。 ニューディは、トスカーナ料理の典型的な素朴でシ &h …

テスタローリ

Testaroli(テスタローリ)テスタローリは、エトルリア文化を起源とする世界最古のパスタと言われるルニジャーナ地方の郷土料理です。 ルニジャーナ地方(Lunigiana)は、トスカーナ州上部、リグーリア州、エミリアロマーニャ州の一部を含む地域です …

玉ねぎラグーのニョッキ

Gnocchi al ragù di cipolla(ニョッキ・アル・ラグー・ディ・チポーラ)玉ねぎラグーのニョッキは、本当に美味しくておいしいプリモで、健康的な食事を好む方に喜ばれるレシピです。 現在では典型的な地中海料理ですが、かなり独創的なレシ …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato