小鳥風の豆

 
小鳥風の豆【ファジョリ・アルウッチェレット】

Fagioli all'uccellettoファジョリ・アルウッチェレット

小鳥風いんげん豆と訳されたり、ウッチェレット風の豆又は豆のウッチェレット風とそのまま訳されたりと様々です。

直訳では小鳥風ですが、この名前の由来は、トスカーナで小鳥を調理する料理として振る舞われていたという説と、単純に雛鳥が付け合わせとして供される料理であるという二つが代表的な説なのだそうです。

豆のウッチェレット風は、トスカーナ料理、特にフィレンツェ地域の典型的な伝統料理です。

通常、 豆、トマト、ニンニク、オイル、セージ(サルビア)をベースにしたベジタリアンの付け合わせ(コントルノ)として提供されますが、非常にボリュームがあるため、単品(ピアット・ウニコ)で提供されることもあります。

今回は、サルシッチャ(腸詰)を加えたバージョンでよりボリューミーにそして濃厚で美味しく仕上げてみました。

トスカーナ料理は好きですか?トスカーナは詩人、作家、芸術家、職人の土地であるだけでなく、優れたワインと古代の風味、シンプルな料理と芸術的な食材組み合わせによる独自性の高い料理が特徴です。

特に州都フィレンツェは美食の街としても知られます。

この豆のウッチェレット風と同様にシンプルな料理で見つかる土地でもあります。

この料理は、パッパ・アル・ポモドーロやリボリータと同じように、農民の伝統の調理です。

リボリータ/野菜・豆・パンの煮込み



トスカーナ料理の紛れもない香り、ニンニクとセージで風味付けされたおいしいトマトソースをスカルペッタ(パンで皿を拭く)する為、パンと一緒に食しましょう。


小鳥風の豆材料4人分

乾燥カネリーニ豆400g(準備方法|代用:大豆
豆の煮汁又は野菜ブロード250g(ブロードの作り方
トマト 400g
サルシッチャ300g(オプション)
ニンニク3欠片
セージ 1枝
オリーブオイル 大匙4
塩・黒胡椒 適量

1人分:約614カロリー


小鳥風の豆調理工程(約40分)

STEP1 食材一覧に記載の豆の準備方法に従い、用意するか缶詰又は真空パック(調理済み豆合計1kg程度)を用意します。

この豆の煮汁(缶・真空パックの場合は保存液)を確保しておきます。事前に豆を調理して冷凍保存しておいた豆を使用する為、煮汁がない場合は、野菜ブロードで代用します。

トマトを湯剥きし、サルシッチャを腸詰から出し適度に刻みます。
小鳥風の豆【ファジョリ・アルウッチェレット】の調理工程1
STEP2 鍋にオリーブオイルを入れて熱し、軽くつぶしたニンニクを加え、風味を移します。

次に一口大の大きさにまとめたサルシッチャ、セージを入れてを加えて弱火焼いていきます。

ある程度サルシッチャの表面が欠けてきたらやさしく全体に混ぜ合わせます。
小鳥風の豆【ファジョリ・アルウッチェレット】の調理工程2
STEP3 次に湯剥きしたトマトを細かく刻んで投下します。

15分弱火で煮込みます。
小鳥風の豆【ファジョリ・アルウッチェレット】の調理工程3
STEP4 次に豆と豆の調理水(又はブロード)を加えて全体に混ぜあせます。

そして中火で10分煮込みます。
小鳥風の豆【ファジョリ・アルウッチェレット】の調理工程4
STEP5 煮込みが完了したらニンニクとセージを取り除き、塩味を確認し、胡椒を振って仕上げです。

皿に盛り付けて、エキストラバージンオリーブオイル(分量外)を少量たらしたら完成です。
小鳥風の豆【ファジョリ・アルウッチェレット】の調理工程5

小鳥風の豆の調理ポイント

じっくりと煮込んでいくだけの調理ですが、驚くほど濃厚な旨味に驚く美味に出会えますよ!


小鳥風の豆についてマスターの言及


小鳥風の豆を評価する

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "豆"

キャベツと豆のサラダ

Insalata di cavolo cappuccio e fagioli(インサラタ・ディ・カヴォロ・カプッチョ・エ・ファジョリ)キャベツとカネリーニ豆のサラダは、サイドディッシュ(コントルノ)としても、軽いセコンドとしても提供できます。 キャベ …

夏の小豆サラダ

Insalata di fagioli rossi estiva(インサラタ・ディ・ファジョリ・ロッシ・エスティヴァ)夏は豆類がたっぷり入ったサラダが特に美味しく感じる季節です。 赤い豆といえば、日本人にとっては小豆です。小豆は、他の豆と異なり、調理 …

ツナと豆のライスサラダ

Insalata di riso tonno e fagioli(インサラタ・ディ・トンノ・エ・ファジョリ)ツナと豆のライスサラダは、準備がとても簡単で、しっかりとした強い味がお好みの方におすすめです。 赤玉ねぎを追加してバランスをとっても非常に好ま …

ひよこ豆の肉ラグーソース添え

Ceci con ragù di carne(チェーチ・コン・ラグー・ディ・カルネ)以前ご紹介した、肉と豆のスパイシーなラグーをイメージした保管食材(ラグー)を使用した簡易調理バージョンです。 肉と豆のスパイシーなラグー(チリコンカン) いずれも調理 …

豆と鯛のサラダ

Insalata di fagioli e orata(インサラタ・ディ・ファジョリ・エ・オラタ)豆と鯛のサラダは、マグロ(ツナ缶)を使用した豆とツナのサラダ[Insalata di fagioli e tonno]のレシピを参考に調理した僕の考案レ …

モッツァレラ添え豆サラダ

Insalata di fagioli con mozzarella(インサラタ・ディ・ファジョリ・コン・モッツァレラ)新鮮で早く非常に美味しいモッツァレラとコーンの豆サラダです。 特に缶や瓶に入った茹でた豆を使用する場合は、数分で準備でき、濃厚でお …

そら豆のペストパスタ

Pasta con pesto di fave(パスタ・コン・ペスト・ディ・ファーヴェ)そら豆のペストのパスタは 、軽くておいしい最初のコース(プリモ)で、料理にあまり時間かけられない時に最適です。 新鮮なそら豆の効能がたっぷりで、繊細な味わいと春の …

豆とゴボウのラグー

Ragù di fagioli e bardana(ラグー・ディ・ファジョリ・エ・バルダーナ)午房(ごぼう)は、世界中に自生していますが、調理して食する習慣は、ほとんどなく、日本のほぼ独占食材といえます。 その為、当サイトで登場する場合は、僕のオリジ …

パスタと豆のリコッタ和え

Pasta e fagioli con ricotta(パスタ・エ・ファジョリ・コン・リコッタ)美味しくてそれほど手の込んだものではない最初のコース(プリモ)、たんぱく質と食材の美味しいエキスを全て味わえる豆のパスタの料理でありミネストラとも言える料 …

茄子と豆のトマトソース炒め

Melanzane e fagioli in padella al sugo di pomodoro(メランザーネ・エ・ファジョリ・イン・パデッラ・アル・スーゴ・ディ・ポモドーロ)茄子と豆のトマトソース炒めは、とても簡単でおかず(コントルノ)として提 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato