フレッシュトマトのスパゲッティ

 
フレッシュトマトのスパゲッティ【スパゲッティ・アル・ポモドーロ・フレスコ】

Spaghetti al pomodoro frescoスパゲッティ・アル・ポモドーロ・フレスコ

イタリア料理の定番、バジル入りフレッシュトマトのパスタ。普段自慢のトマトソースを仕込んでおいて、ポモドーロを始め様々なパスタや料理に使用する僕ですが、フレッシュトマトでポモドーロのパスタを作ることももちろんあります!

トマトソースのポモドーロのページと内容が重複してしまう部分もありますが大事なことなので添えておきますね。

まず、トマトソースで作る通常のポモドーロとも、フレッシュトマトに玉ねぎを加えて作るナポリ風スパゲッティとも風味は異なります。

素材がほぼ同じでも風味が異なり、全てが唯一無二になるのが素材を立てそれで組み立てるイタリアン調理の特徴なのだと思います。

イタリアにおいて、パスタソースの中で最も人気がありダントツのNo1であるポモドーロ、このフレッシュトマトを使ったポモドーロをさっと出してあげるとおばあちゃんの味だととっても喜ばれるんだそうですよ!

問題はシンプル過ぎて、日本だと他の食材を加えられてしまい(要するに別の料理)、純粋なポモドーロを提供していないってこと。自分で作るしか食べる機会がほぼないと思われます。

トマトの旨味と甘みをその場で引き出したうえでフレッシュ感も残る、このパスタもやっぱりみんな大好きな味でしょう。

小さなお子様には、ペンネです。ポモドーロはイタリア全土で小さな子供の頃から食べるパスタなのだそうです。


フレッシュトマトのスパゲッティ材料2人分

スパゲッティ200g
トマト2個(約400g)
ニンニク1欠片
バジル1枝
オリーブオイル大匙2
塩適量

1人分:約488カロリー


フレッシュトマトのスパゲッティ調理工程(約20分)

STEP1 水を入れて火にかけ、沸騰させた鍋に1%の塩を入れます。湯が沸いたらパスタを投下してゆで上げます。

表記時間より2分早く上げる予定です。

水に火をかけはじめたと同時にトマトをカットしていきます。

ヘタを取り除き、適当に1センチ角くらいにカットします。

ニンニクはかなり厚めにざっくりカットしておきます。3~4分割くらいです。
フレッシュトマトのスパゲッティ【スパゲッティ・アル・ポモドーロ・フレスコ】の調理工程1
STEP2 フライパンにオリーブオイルを投下し、火にかけニンニクを投下します。

オリーブオイルにニンニクの風味がしっかり移ったらトマト、次いでバジルを手でちぎってを投下し、ある程度しっかりと塩を加えます。
フレッシュトマトのスパゲッティ【スパゲッティ・アル・ポモドーロ・フレスコ】の調理工程2
STEP3 フライパンでしっかりと強火加熱してトマトが柔らかくなってきたら、そのまま加熱しながら、トマトを軽くつぶしてソース状にしていきます。

トマトソースの色が赤から橙色に変化し、柔らかいソース状になったら塩味をチェックして(必要に応じて追加し)ベースソースの完成です。

火をとめてパスタが茹で上がるのをまちます。
フレッシュトマトのスパゲッティ【スパゲッティ・アル・ポモドーロ・フレスコ】の調理工程3
STEP4 パスタが茹で上がったら、ゆで汁お玉2杯と合わせて、フライパンのベースソースの中に投下します。

中~強火で加熱しながらソースをパスタにあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。
フレッシュトマトのスパゲッティ【スパゲッティ・アル・ポモドーロ・フレスコ】の調理工程4
STEP5 ベースソースをパスタに全て閉じ込めたら仕上げです。

皿に盛り付けて、仕上げ用のバジルを散らし、完成です。

好みで(嫌いでなければ)しっかりとパルミジャーノをかけてお召し上がりください。
フレッシュトマトのスパゲッティ【スパゲッティ・アル・ポモドーロ・フレスコ】の調理工程5

フレッシュトマトのスパゲッティの調理ポイント

フレッシュトマトとバジルを投下した時点で塩を投下しますが、この塩加減はある程度しっかりです。

僕は手感覚ですが一人前(トマト1つ分に対し)しっかり目の2つまみ2g程度投下していると思います。

オイルに加えたトマトをしっかり加熱していくとだんだんとトマトの色がオレンジに代わっていき、香りも生臭さが消えていきます。

そして塩味チェック(ベースソース完成直前)の段階でも、まだゆで汁が加わる前の為、まだこの段階では薄味とするとはいえ、若干塩を追加する感じになると思います。

ベースソースの完成時に塩加減と生臭さが消えていればばっちりです!


フレッシュトマトのスパゲッティについてマスターの言及

言及1


このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "フレッシュトマト"

カニのスパゲッティ/フレッシュトマト仕上げ

Spaghetti al granchio[finitura al pomodoro](スパゲッティ・アル・グランキオ)カニのスパゲッティは、海鮮のプリモでより洗練された料理を楽しみたいときに、キッチンであまり時間を費やすことなく調理できるレシピです …

トマト入り卵

Uova al pomodoro(ウォヴァ・アル・ポモドーロ)卵のトマトだけで、美味しいメイン料理(セコンド)が作れ、誰もが大好きな皿です。 各家庭には独自のバージョンがあり、僕はフレッシュトマトを使用することを好みますが、トマトピューレ、玉ねぎ、パ …

トラーパニ風ペストのパスタ

Pasta con pesto alla trapanese(パスタ・コン・ペスト・アッラ・トラパネーゼ)トラーパニ風ペストのパスタは、シチリアの美食の伝統の一部であるペスト、トラーパニ風ペスト[Pesto alla trapanese]で味付けされ …

ナポリタン/日本のパスタ料理

Naporitan[Piatti di pasta tramandati in Giappone](ナポリタン)日本で独特の進化をとげたパスタ料理「ナポリタン」です。 ナポリ風ではなく、日本に伝わったトマトベースのパスタ料理が独自に変革されて固有の「 …

ピーマン入りパスタ

Pasta ai peperoni(パスタ・アイ・ペペローニ)ほぼ同じ調理方法ですが、パスタ・コン・アイ・ペペローニ(Pasta con i peperoni)やピーマンクリームのパスタ(Pasta con crema di peperoni)といっ …

パッパ・アル・ポモドーロ

Pappa al pomodoro(パッパ・アル・ポモドーロ)伝統的なトスカーナのプリモ・ピアットです。パンツァネッラやリボリータと同様に古くなって固くなってしまったパンを美味しく食べるのに最適なレシピです。 フレッシュトマト又トマト缶を使用して一年 …

茄子のスパゲッティ

Spaghetti alle melanzane(スパゲッティ・アッレ・メランザーネ)茄子の料理というとシチリアのイメージが非常に強いですが、茄子はイタリア全土で特に夏に食される野菜です。 今回は僕個人的な好みとしてはシチリア風(パスタ・アッラ・ノル …

タコのワイン漬け

Polpo al vino(ポルポ・アル・ヴィーノ)本当に濃厚な味わいのタコのセコンドです。 タコのラグーと途中まで調理工程が同じです。ラグーはトマトソース(ピューレ)を使用するのに対し、このワイン煮はフレッシュトマトを使用します。 タコの煮込みパス …

アマトリチャーナのスパゲッティ

Spaghetti all'amatriciana(スパゲッティ・アッ・ラマトリチャーナ)アマトリチャーナ、またはローマの方言で「マトリチャーナ」は、アブルッツォ州リエティ県の町アマトリーチェに由来してその名が付けられたと言われるパスタソースです。 …

カニ肉のパスタ/クリーム仕上げ

Pasta alla polpa di granchio[finitura crema](パスタ・アラ・ポルパ・ディ・グランキオ)カニの肉をメインとした海鮮のファーストコース(プリモ)のパスタを作っていきます。尋常ではない旨味、まろやかな甘みを最大限 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato