パンと玉ねぎのパスタ

 
パンと玉ねぎのパスタ【パスタ・パーネ・エ・チポーレ】

Pasta pane e cipolleパスタ・パーネ・エ・チポーレ

パンと玉ねぎのパスタは、家族や友人とのランチに最適な、手早く簡単に作れるプリモです。

パスタを茹でるだけで数分で完成するレシピで、作るのにシンプルで安価な材料が必要なため、美味しくて低コストです。

以前、赤玉ねぎを使用した玉ねぎのスパゲッティを調理しましたが、パン粉が加わることでぐっと味わいが変わります。

玉ねぎのスパゲッティ



今回のパンと玉ねぎのパスタもこちらの品も非常に美味しい一品ですよ!

パスタはリガトーニ他、ショートパスタもスパゲッティなどのロングパスタにも合います。


パンと玉ねぎのパスタ材料2人分

パスタ160g
玉ねぎ2個
パン粉25g(大匙4)
白ワイン1/2グラス
オリーブオイル大匙2(パン粉用に+大匙1)
粉チーズ好み量(パルミジャーノやペコリーノ等)
塩・胡椒適量

1人分:約587カロリー


パンと玉ねぎのパスタ調理工程(約15分)

STEP1 1%の塩を入れた湯を沸かしパスタを茹でます。

表記時間より2分早くゆで上げる予定です。

その間に玉ねぎを薄切りにして準備しておきます。

玉ねぎを冷凍庫に10分ほど入れておくと、スライスするときに目に刺激がなく涙を流さずに済みます。
パンと玉ねぎのパスタ【パスタ・パーネ・エ・チポーレ】の調理工程1
STEP2 フライパンを火にかけ、オリーブオイル少量とパン粉を入れます。パン粉は市販のものか、切らしている場合は古いパンをすりおろして使用します。

パン粉を数分間トーストし、皿に置いて冷まします。

仕上げのタイミングで使用するため、確保しておきます。
パンと玉ねぎのパスタ【パスタ・パーネ・エ・チポーレ】の調理工程2
STEP3 フライパンを戻し、オリーブオイルを注ぎ、スライスした玉ねぎを加え下塩をして約8分間調理します。

玉ねぎから出てきた水分が再吸収されたら白ワインを加え、アルコールを飛ばし切り、塩味をチェックして味を調えたらベースソースの完成です。

火を落としてパスタが茹で上がるのを待ちます。

パンと玉ねぎのパスタ【パスタ・パーネ・エ・チポーレ】の調理工程3
STEP4 パスタが茹で上がったら湯切りし、お玉2杯分のゆで汁を加えてパスタと玉ねぎをあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

パスタにソースを全て閉じ込めたら火を止めて、トーストしたパン粉2/3をパスタに加え軽く全体に混ぜ合わせて仕上げです。
パンと玉ねぎのパスタ【パスタ・パーネ・エ・チポーレ】の調理工程4
STEP5 皿に盛り付けてトーストしたパン粉、すりおろしたパルミジャーノまたはペコリーノ、胡椒を加え、味を調えて完成です。
パンと玉ねぎのパスタ【パスタ・パーネ・エ・チポーレ】の調理工程5

パンと玉ねぎのパスタの調理ポイント

パン粉を煎るひと手間を加えるだけで驚くほど食べ応えのある美味しいパスタが出来上がります。

玉ねぎとパン粉のハーモニーが素晴らしい一品です。


パンと玉ねぎのパスタについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "パン粉"

パン粉入りパスタ

Pasta con la mollica(パスタ・コン・ラ・モッリカ)パスタとパン粉(Pasta e mollica)やシチリア語の「pasta ca muddica」とも表記されることがあります。 以前、紹介したパンと玉ねぎのパスタとは系統は異なり …

ブロッコリーとカリフラワーのパン粉トースト添え

Broccoli e cavolfiore con pangrattato tostato(ブロッコリ・エ・カヴォロフィオレ・コン・パングラッタート・トスタート)ブロッコリーとカリフラワーは、準備が簡単ですぐに準備できる軽い付け合わせです。 先日ご紹 …

ピーマン/パプリカのパン粉和え

Peperoni con la mollica(ペペローニ・コン・ラ・モーリカ)ピーマン・パプリカのパン粉和えは、南イタリアの多くの地域の伝統料理です。 加熱したパプリカをパン粉、ペコリーノ、ニンニク、ケッパーをベースにしたソースで味付けします。 仕 …

パスタと水菜

Pasta e mizuna(パスタ・エ・ミズナ)水菜のパスタ料理です。水菜はアブラナ科の植物で、別名でキョウナ(京菜)、ヒイラギナ(柊菜)、センスジナ(千筋菜)、センボンナ(千本菜)、センスジキョウナ(千筋京菜)、イトナ(糸菜)などの名があるそうで …

ニラのポルペッテ

Polpette di porro cinese(ポルペッテ・ディ・ポッロ・チネーゼ)ニラは、中国原産で欧米では栽培されていないそうで東洋を代表する野菜の一つといってもよいようです。 肉との相性も非常によく日本では餃子の具にしたり炒め物、煮物、鍋にも …

たけのこのポルペッテ

Polpette di germogli di bambù(ポルペッテ・ディ・ジェルモギリ・ディ・バンブー)タケノコ(筍)を具材としたポルペッテ(だんご)ですが、たけのこは東アジアで食べられる食材なのでイタリアの郷土料理にはでてこない食材です。 今回 …

セロリのアンチョビ炒め

Sedano in padella alle acciughe(セダノ・イン・パデッラ・アッレ・アッチュウゲ)アンチョビを添えたセロリの組み合わせは、本当に美味しいですが、珍しい組み合わせの付け合わせ(コントルノ)だそうです。 イタリア料理では非常に …

ナッツの甘いパスタ

Pasta dolci alle noci(パスタ・ドルチ・アレ・ノーチ)ウンブリア州の伝統料理で、甘いチョコレートパスタ(Pasta dolce al cioccolato)や甘いマカロニ(Maccheroni dolci)とも言われる品で、今回は …

ほうれん草のポルペッテ

Polpette di spinaci(ポルペッテ・ディ・スピナーチ)ポルペッテは本来肉団子、ミートボールのことを指しますが、ほうれん草のポルペッテは、肉は入っておらず、ほうれん草とグラナ・パダーノ、パン粉、卵で団子を形成した、非常に美味しい料理です …

アリオーネのピチ

Pici all'aglione(ピチ・アッラーリオーネ)アリオーネ入りピチか、大きなニンニクのピチパスタと表記すべきか考えましたが、アリオーネという大きなニンニクの品種をしっかり明記したいと考えたため、「アリーネのピチ」とタイトルにしました。 WE …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato