シチリア風パスタ

シチリア風パスタ【パスタ・アッラ・シチリアーナ】

Pasta alla sicilianaパスタ・アッラ・シチリアーナ

シシリアの茄子は揚げ茄子でトマトソースと合わせるカポナータや同じパスタ料理のスパゲッティ・アッラ・ノルマ(シチリア風ナスのパスタ)が非常に有名です。

シチリア風ナスのパスタ



それに対し、オーブン焼きパスタ(al forno)であるこの料理はシチリア風パスタというネーミングなのはやや不思議な印象がありますが、これには理由があります。

この料理は、揚げ茄子とオーブンで焼いたフィオル・ディ・ラッテ(モッツァレラによく似たチーズ)をソースに絡めた絶品パスタです!

伝説的で非常に有名な先に挙げたシチリアのパスタ・アッラ・ノルマを思い起こさせる要素がいくつかありますが、この料理は実はナポリの起源なのだそうです。

歴史によれば、ナポリ人はノルマの味に触発されて、この実質的な最初のコース(プリモ)を考案したそうです。

ナポリ発祥でありながらリグーリアのジェノヴァを指すジェノバ風(ジェノベーゼ/ジェノヴェ-ゼ)が生み出されたように、このシチリア風パスタも作り出されたのでしょう。

ジェノバ風のパスタ



いずれにしろ、このシチリア風パスタは、茄子、トマトソース、フィオルディラッテなどのシンプルでおいしい食材を使ったオーブン焼きパスタで素晴らしい風味の美味しい一皿ですよ!

パスタはリガトーニが使われることが多いそうですが、ショートパスタなら合うでしょう、写真はセダニーニにて調理しています。


シチリア風パスタ材料6人分

パスタ360g
玉ねぎ 150g
トマトピューレ 1L(作り方
長茄子 500g
種子油(揚げ油)
フィオル・ディ・ラッテ 250g(代用:モッツァレラ)
パルミジャーノ・レッジャーノ DOP 70 g
バジル適量
オリーブオイル 大匙2
塩適量

1人分:約610カロリー


シチリア風パスタ調理工程(約60分)

STEP1 まずソースから作り始めます。鍋にオリーブオイルを入れて熱し、玉ねぎの皮をむいて薄切りにし、弱火で数分炒めます。

しんなりしてきたら、トマトピューレを加え、塩を加えて蓋をして中火で40分ほど煮ます。
シチリア風パスタ【パスタ・アッラ・シチリアーナ】の調理工程1
STEP2 その間に茄子を適度な大きさのざく切りか立方体にカットします。

鍋に種子油を入れて熱し、温度が下がらないようにある程度の分量に分けながら中火で素揚げしていきます。

茄子がきつね色になったらキッチンペーパーを敷いたトレイに移し油をきって確保しておきます。
シチリア風パスタ【パスタ・アッラ・シチリアーナ】の調理工程2
STEP3 その間に、1%の塩を加えた湯を沸かし、パスタを茹で始めます。

アルデンテでゆで上げます。

パスタを茹でている間に、フィオル・ディ・ラッテ(又はモッツァレラ)を立方体に切ります。

トマトのソースを1/3ほど別に確保しておき、茹で上がったパスタ、各食材も少量仕上げ用に確保しておきます。

ソースに茹で上がったパスタ、フィオル・ディ・ラッテ、すりおろしたパルミジャーノ、ナス、バジルの葉を手でちぎって加え、よく混ぜ合わせます。
シチリア風パスタ【パスタ・アッラ・シチリアーナ】の調理工程3
STEP4 次に、大きなグラタン皿を用意し、スプーン一杯のソースを底に加え、その上にパスタを注ぎます。

先ほど混ぜ合わせた具材、そして残りの茄子、フィオル・ディ・ラッテ、パルミジャーノ、ソースで層を作りながら盛り付け、オーブンで焼く準備を整えます。
シチリア風パスタ【パスタ・アッラ・シチリアーナ】の調理工程4
STEP5 220℃に設定したオーブンで約20分間焼き上げたら仕上げです。

焼きあがったら数分待機させて落ち着かせたら、残りのバジルを散らして完成です。
シチリア風パスタ【パスタ・アッラ・シチリアーナ】の調理工程5

シチリア風パスタの調理ポイント

トマトピューレを使ってソースを作る工程と茄子を揚げる作業がある為、やや面倒ではありますが、調理そのものは簡単です。

非常に美味しい品ですよ!

余った際には冷蔵庫で数日は保管できます。


シチリア風パスタについてマスターの言及

記事内食材解説・補足
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
セダニーニ[sedanini]セダニーニ(・リガーテ[Rigate])は北イタリアで非常に一般的なパスタの一種で、わずかな湾曲とラインが特徴です。 セロリ(Sedano)を由来とし、ペンネやマカロニよりも大きいショートパスタです。 ... [詳細解説へ]
読み方:セダニーニ
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
ナス[melanzana]読み方:メランザーナ
バジル[basilico]読み方:バジリコ
分類:香草
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ
モッツァレラ[mozzarella]モッツァレラという名前は、モッツァレに由来しています。モッツァレとは、必要な形式に応じて、熟練のチーズ製造者が、伸ばしたカードチーズです。 これは、プロヴォローネやカチョカヴァッロなどの他のチーズと共 ... [詳細解説へ]
読み方:モッツァレーラ
分類:チーズ
代用品:カマンベール|ブッラータ|フィオルディラッテ
リガトーニ[rigatoni]形状は短い環状で中心に大きな穴が開いていて、外側には筋状の模様が入っているショートパスタ。
読み方:リガトーニ
分類:パスタ
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ナス"

ナスのパルミジャーナ

Parmigiana di melanzane(パルミジャーナ・ディ・メランザーネ)一品料理の女王と呼ばれており、言及するだけで、テーブルで拍手が起こるこの茄子のパルミジャーナ。 憂鬱な気分を慰めてくれるなすのパルミジャーナです。 北から南まで、エミ …

シチリア風ナスのパスタ

Pasta alla Norma(パスタ・アッラ・ノルマ)パスタ・アッラ・ノルマは、シチリア島東部、カターニアの伝統的なパスタ料理で、現地では単純に「ナスのパスタ(Pasta con le melanzane)」とも呼ばれています。 有名な作曲家ヴィ …

トラパニ風ペストのパスタ

Pasta con pesto alla trapanese(パスタ・コン・ペスト・アッラ・トラパネーゼ)トラパニ風ペストのパスタは、シチリアの美食の伝統の一部であるペスト、トラパニ風ペスト[Pesto alla trapanese]で味付けされた非 …

ナポリ風ラグーのパスタ

Pasta al ragù alla napoletana(パスタ・アル・ラグー・アッラ・ナポリターナ)ナポリ風のラグーを使用したパスタ料理を調理していきます。ラグーソースの調理の仕方は、下記ページにて紹介しています。 ナポリ風ラグー ナポリ風ラグー …

蜂蜜とシナモンのパイナップルグリル

Ananas alla piastra con miele e cannella(アナナス・アッラ・ピアストラ・コン・ミエレ・エ・カンネッラ)食事の最後にフルーツをデザートとして提供する非常によい品の一つがこのハチミツとシナモンのパイナップルグリルで …

ピーマン入りパスタ

Pasta ai peperoni(パスタ・アイ・ペペローニ)ほぼ同じ調理方法ですが、パスタ・コン・アイ・ペペローニ(Pasta con i peperoni)やピーマンクリームのパスタ(Pasta con crema di peperoni)といっ …

シチリア風かぼちゃのカポナータ

Caponata di Zucca alla Siciliana(カポナータ・ディ・ズッカ・アッラ・シチリアーナ)カポナータは、貴族の食卓並ぶに魚料理を貧しい民が知恵をもって模した農民料理、付け合わせ料理(コントルノ)です。 カポナータはシチリアのナ …

モッツァレラと茄子のオーブン焼き

Mozzarella e melanzane al forno(モッツァレッラ・エ・メランザーネ・アル・フォルノ)モッツァレラと茄子のオーブン焼きは、前菜(アンティパスト)、またはメイン(セコンド)として提供される、美味しく豊かな料理です。 調理その …

大根クリーム

Crema di ravanelli(クレマ・ディ・ラヴァネッリ)大根クリームは珍しいですがおいしいプリモです。実際には、軽いビロードのようなスープで、単独で、クロスティーニと一緒に楽しめます。 イタリアを含む西洋での大根はラディッシュのことを言い、 …

茄子のマリネ

Melanzane marinate(メランザーネ・マリナーテ)ナスのマリネは新鮮で本格的な夏のおかずで、肉や魚のメインコースに添えたり、カリカリのクロスティーニに乗せて楽しむのに最適です。 本来夏野菜の茄子ですが、日本においては毎月17日が「国産な …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato