シチリア風ナスのパスタ

 
シチリア風ナスのパスタ【パスタ・アッラ・ノルマ】

Pasta alla Normaパスタ・アッラ・ノルマ

パスタ・アッラ・ノルマは、シチリア島東部、カターニアの伝統的なパスタ料理で、現地では単純に「ナスのパスタ(Pasta con le melanzane)」とも呼ばれています。

有名な作曲家ヴィンチェンツォ・ベッリーニの最も美しいオペラ作品「ノルマ」のことで、彼のレセプションの振る舞い料理として、シチリア出身のシェフと考案した料理だとされています。

この料理のシンボルは茄子とシチリア産の羊のリコッタチーズ。リコッタチーズをたっぷりとすりおろして皿に直接加えなければ、パスタ・アッラ・ノルマとは言えないとまで言われています。

ただ、日本では羊のリコッタは見かけることがないですし、市販のリコッタもクリーム状に仕上がっている(クリームを添加している)ものがほとんどだと思いますので、すりおろすというよりは混ぜ合わせるという使い方になると思います

リコッタが手に入らないということもあり、通常僕はフレッシュチーズ(カッサータのページにて作り方解説)を作った際にこの料理を作ります。

シチリア風カッサータ



シチリアの茄子の調理は油で揚げることが特徴です。炒めるのと風味が異なることもなのですが、シチリアの貧しさの歴史がそうさせたのかもしれませんね(この部分は確認が取れず)!

通常の茄子のパスタ(パスタ・アッラ・メランザーネ)と食べ比べもよいと思います。

現地ではリガトーニで作られることが多いですが、ペンネやスパゲッティでも美味しく召し上がれますよ。

尚、今回このページをまとめる為に調べ、僕も初めて知ったのですがリコッタではなくパルミジャーノを使用したオーブン焼きパスタ[al forno]スタイルで仕上げるシチリア風パスタ(Pasta alla siciliana/パスタ・アッラ・シチリアーナ)が存在します。

シチリア風パスタ



少々秘密があるのですが、上記料理も非常に美味しく、確かにシチリアの風味を感じられますし、手に入りにくいリコッタがない場合にはお勧めです。

トマトソースの作り方はポモドーロのページをご参照下さい。

調理時間の表記はトマトソースの調理時間を抜いています。また、本来ナスは薄切りにするのですがざく切りしてしまったので若干見た目の印象が異なります。


シチリア風ナスのパスタ材料3人分

リガトーニ240g
ナス 500g
トマトソース300g(代用:トマトピューレ400g)
羊のリコッタ75g(代用:牛のリコッタ)
玉ねぎ1/4個(パルミジャーノを使用する場合)
ニンニク2欠片
バジル1束
塩適量

1人分:約755カロリー


シチリア風ナスのパスタ調理工程(約60分)

STEP1 ナスをよく洗って乾燥させ、切り取ります。8mmくらいの薄切りにして塩を振りかけ、少なくとも15分間水を切ります。

キッチンペーパーで軽くたたいて水気を拭き取ります。

次に、オリーブオイルを鍋に注ぎ、約170〜180°°の温度にし、ナスを黄金色になるまで揚げます。

挙がった茄子はキッチンペーパーの上に置きよく油をきっておきます。
STEP2 パスタ用に湯を沸かし、1%の塩を投下します(1人前でも最低1L以上としましょう)。

表記時間ちょうどであげる予定です。
STEP3 フライパンにトマトソースを注ぎ加熱し、ゆで汁をお玉2杯程度入れてひと煮立ちさせたら火を止めてパスタが茹で上がるのを待ちます。

パスタが上がったらトマトソースに加えあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

パスタにソースを全て閉じ込める2歩手前で火を止めて揚げ茄子、羊のリコッタ(仕上げ用を除く)を全体になじませたら仕上げです。

皿に盛り付けて、バジルを散らし、羊のリコッタをすりおろしたら完成です。
シチリア風ナスのパスタ【パスタ・アッラ・ノルマ】の調理工程3

シチリア風ナスのパスタの調理ポイント

パスタ・アッラ・ノルマはかなり緩い感じのソースの仕上げで揚げ茄子と羊のリコッタのコラボレーションを楽しむ料理です。

揚げ茄子でもあるので非常にボリューミーで美味しい一皿ですよ!


シチリア風ナスのパスタについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る

言及1


シチリア風ナスのパスタについてFollowerさんのお声

【作ってみた】イタリアン基本の【トマトソース】作り方・レシピ

実際に作って詳しく紹介!(写真つき) ストックしておくと便利!トマト缶とバジルで自家製トマトソース。Threadsで話題のマスターがプライベートでも作っているというレシピを伝授してくれました。レシピ:さいたま市岩槻区「Café e immo

 Source:まんぷくさんのレシピノート  


投稿者: @fukufoods/
Threadsで見る


このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "シチリア"

シチリア風パスタ

Pasta alla siciliana(パスタ・アッラ・シチリアーナ)シシリアの茄子は揚げ茄子でトマトソースと合わせるカポナータや同じパスタ料理のスパゲッティ・アッラ・ノルマ(シチリア風ナスのパスタ)が非常に有名です。 シチリア風ナスのパスタ それ …

メカジキのシチリア風

Pesce spada alla siciliana(ペェシェス・スパーダ・アッラ・シチリアーナ)シチリア風メカジキ(メカジキのシチリア風)は、シチリア料理の伝統的な魚・海鮮のセコンドです。 アクアパッツァに似た食材構成ですが、メカジキを使用する点や …

シチリア風かぼちゃのカポナータ

Caponata di Zucca alla Siciliana(カポナータ・ディ・ズッカ・アッラ・シチリアーナ)カポナータは、貴族の食卓並ぶに魚料理を貧しい民が知恵をもって模した農民料理、付け合わせ料理(コントルノ)です。 カポナータはシチリアのナ …

イワシのシチリア風パスタ

Pasta con le sarde alla siciliana(パスタ・コン・レ・サールデ・アッラ・シチリアーナ)シチリアの伝統的なファーストコース(プリモ)、イワシのパスタ。これは、その豊かな味わいで誰もが魅了される一品です。 イワシのパスタ( …

シチリア風キャベツの煮込み

Cavolo cappuccio in umido alla siciliana(カーボロ・カプーチョ・イン・ウミド・アッラ・シチリアーナ)シチリア風キャベツの煮込みは、簡単に作れる付け合わせ(コントルノ)で、肉やチーズの二皿目(セコンド)に最適です …

シチリア風カッサータ

Cassata siciliana(カッサータ・シチリアーナ)超簡易マスターverです。カッサータ・シチリアーナというと伝統的なシチリアのスイーツですが、本物はリキュールを湿らせたスポンジケーキにリコッタと果物の砂糖漬けを重ねたものです。 とても豪華 …

自家製パンチェッタ

Pancetta fatta in casa(パンチェッタ・ファッタ・イン・カーザ)自家製パンチェッタは、熟成期間が最低でも4週間ある為、完成までに最低40日以上の期間が必要となりますが、その調理方法は比較的簡単で、作業そのものもあまりありません。 …

マリナーラ/船乗り風ソース

Salsa alla marinara(サルサ・アッラ・マリナーラ)今回調理する、船乗り風ソースは、日本においてもおなじみのシンプルなソースのレシピを紹介します。 非常に幅広く、従来の情報、固定概念とは異なる内容もあると思われる為、紹介内容・解説の分 …

トゥリッドゥのスパゲッティ

Spaghetti alla Turiddu(スパゲッティ・アッラ・トゥリッドゥ)トゥリッドゥのスパゲッティは、シチリアを舞台にしたジョヴァンニ・ヴェルガ(作曲ピエトロ・マスカーニ)の『カヴァレリア・ルスティカーナ』[Cavalleria Rusti …

トラーパニ風ペストのパスタ

Pasta con pesto alla trapanese(パスタ・コン・ペスト・アッラ・トラパネーゼ)トラーパニ風ペストのパスタは、シチリアの美食の伝統の一部であるペスト、トラーパニ風ペスト[Pesto alla trapanese]で味付けされ …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato