ナスのパルミジャーナ

ナスのパルミジャーナ【パルミジャーナ・ディ・メランザーネ】

Parmigiana di melanzaneパルミジャーナ・ディ・メランザーネ

一品料理の女王と呼ばれており、言及するだけで、テーブルで拍手が起こるこの茄子のパルミジャーナ。

憂鬱な気分を慰めてくれるなすのパルミジャーナです。

北から南まで、エミリア・ロマーニャ州、カンパニア州 (パルミジャーナ・エ・ムリーニャネ[Parmigiana ‘e mulignane])、シチリア島 (パルミチャーナ[Parmiciana]/パトロチャーネ[Patrociane]) のレシピが起源として共有され、議論されています。

材料や配合方法にはいくつかのバリエーションがありますが、どれも本当に素晴らしく美味しいです。

「パルミジャーナ」という名前は、先にあげたシチリア語の「パルミチャーナ[Parmiciana]」に由来しており、これは方言で、雨戸の桟(戸締りのための木のせん)を指します。

実際、ナスのスライスが鍋にどのように配置されているかを考えてみると、類似点に気づくでしょう。

トマト、揚げ茄子、バジル、モッツァレラチーズといった、具材の種類は少なく、しかし旨味は、たっぷりの地中海料理を代表する一品です。


ナスのパルミジャーナ材料4人分

ナス 1.7kg
モッツァレラチーズ 500g
パルミジャーノ・レッジャーノ DOP150g
オリーブオイル好み量
塩・黒胡椒 適量
ピーナッツオイル (揚げ物用|代用:ひまわり油等)
トマトソース代用可(作り方
トマトピューレ 1kg
玉ねぎ 1個
バジル 適量

1人分:約500カロリー


ナスのパルミジャーナ調理工程(約100分)

STEP1 ソースから作っていきます。

多めのオリーブオイルを注ぎ、玉ねぎを炒めて透き通っていたらトマトピューレと塩大匙1、バジルを投下し、30~40分間、弱中火で煮込んでソースの完成です。

モッツァレラの水をザルできり小さく立方体にカットして準備しておきます。

茄子を洗い、4~5mm厚くらいに薄くカットしていきます。
ナスのパルミジャーナ【パルミジャーナ・ディ・メランザーネ】の調理工程1
STEP2 茄子をよく乾かしてから170度の油でナスを数個ずつ浸しながら揚げます。

少し黄金色になってきたらすぐに、吸収紙を敷いたトレイの上で油を切ります。
ナスのパルミジャーナ【パルミジャーナ・ディ・メランザーネ】の調理工程2
STEP3 グラタン皿に少量のソースを注ぎ、ナスのスライスを配置して最初の層を形成します。

茄子の上にトマトソースを注ぎ、モッツァレラチーズを配置します。すりおろしたパルミジャーノをふりかけ、バジルの葉もいくつか載せます。

画像ではモッツァレラが少し足りなかった為、チェダーを加えています。

トマトソースを加えて同じように層を重ねていきます。そして茄子の並べ方の方向を変えて交差になるように配置していきましょう。
ナスのパルミジャーナ【パルミジャーナ・ディ・メランザーネ】の調理工程3
STEP4 最後の層では、パルミジャーノで仕上げます(バジルは乗せません)。

すでに200°に加熱したオーブンで約30分間焼きます。

焼きあがったら15 ~ 20 分間休ませてから切り分けて、お好みでバジルを添えて提供します。
ナスのパルミジャーナ【パルミジャーナ・ディ・メランザーネ】の調理工程4

ナスのパルミジャーナの調理ポイント

トマトソースを作り置きがあれば非常に早く調理できますが、ソースそのものは、煮込み続けるだけなので、手間はありません。

油で茄子を揚げて、グラタン皿に各食材を並べていくだけで非常に美味しいメインの品ができあがります。


ナスのパルミジャーナについてマスターの言及

記事内食材解説・補足
DOP[dop]イタリアのD.O.P.(⼜はDPO表記、Denominazione di Origine Protetta)はEU法に準拠したイタリア国内の原産地名称保護制度です。 EU圏では「原産地呼称保護」(PD ... [詳細解説へ]
読み方:ディー・オー・ピー
分類:保護
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
ナス[melanzana]読み方:メランザーナ
バジル[basilico]読み方:バジリコ
分類:香草
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ
モッツァレラ[mozzarella]モッツァレラという名前は、モッツァレに由来しています。モッツァレとは、必要な形式に応じて、熟練のチーズ製造者が、伸ばしたカードチーズです。 これは、プロヴォローネやカチョカヴァッロなどの他のチーズと共 ... [詳細解説へ]
読み方:モッツァレーラ
分類:チーズ
代用品:カマンベール|ブッラータ|フィオルディラッテ
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "茄子"

モッツァレラと茄子のオーブン焼き

Mozzarella e melanzane al forno(モッツァレッラ・エ・メランザーネ・アル・フォルノ)モッツァレラと茄子のオーブン焼きは、前菜(アンティパスト)、またはメイン(セコンド)として提供される、美味しく豊かな料理です。 調理その …

茄子のマリネ

Melanzane marinate(メランザーネ・マリナーテ)ナスのマリネは新鮮で本格的な夏のおかずで、肉や魚のメインコースに添えたり、カリカリのクロスティーニに乗せて楽しむのに最適です。 本来夏野菜の茄子ですが、日本においては毎月17日が「国産な …

茄子のスパゲッティ

Spaghetti alle melanzane(スパゲッティ・アッレ・メランザーネ)茄子の料理というとシチリアのイメージが非常に強いですが、茄子はイタリア全土で特に夏に食される野菜です。 今回は僕個人的な好みとしてはシチリア風(パスタ・アッラ・ノル …

シチリア風パスタ

Pasta alla siciliana(パスタ・アッラ・シチリアーナ)シシリアの茄子は揚げ茄子でトマトソースと合わせるカポナータや同じパスタ料理のスパゲッティ・アッラ・ノルマ(シチリア風ナスのパスタ)が非常に有名です。 シチリア風ナスのパスタ それ …

野菜盛り合わせのクロスティーニ

parmigiana-di-melanzane野菜盛り合わせのクロスティーニは、最も要求の厳しいグルメを含む誰もが満足できる、シンプルで軽くておいしい前菜です。 すっかり肉食化した現代の日本人の多くにとって、本当の野菜の旨味、食べ応えを覚えている方は …

シチリア風ナスのパスタ

Pasta alla Norma(パスタ・アッラ・ノルマ)パスタ・アッラ・ノルマは、シチリア島東部、カターニアの伝統的なパスタ料理で、現地では単純に「ナスのパスタ(Pasta con le melanzane)」とも呼ばれています。 有名な作曲家ヴィ …

カポナータ

Caponata(カポナータ)カポナータは、シチリア料理の代表的な付け合わせ(コントルノ/Contorno)の料理です。 シチリア料理のルーツは貧しい伝統にあり、パスタ・アッラ・ノルマや茄子のパルミジャーノなど、他の典型的なレシピにも共通しています。 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato