トラパニ風ペストのパスタ

トラパニ風ペストのパスタ【パスタ・コン・ペスト・アッラ・トラパネーゼ】

Pasta con pesto alla trapaneseパスタ・コン・ペスト・アッラ・トラパネーゼ

トラパニ風ペストのパスタは、シチリアの美食の伝統の一部であるペスト、トラパニ風ペスト[Pesto alla trapanese]で味付けされた非常においしい最初のコース(プリモ)です。

このペストは、典型的なシチリアの食材であるトマトとアーモンドを加えた、古典的なペストののバリエーションです。

リグーリア州(州都ジェノヴァ)のバジルペスト(現地ではペスト・ジェノベーゼ[Pesto alla genovese]を使用)とトマトソースを合わせるポルトフィーノ風ペストと似た食材構成ですが、調理工程や食材の活用法が異なる為かなり風味が違います。

ポルトフィーノ風パスタ



ポルトフィーノ風はバジルのペストそのものを使いトマトピューレと混ぜ合わせて作るのに対し、このトラパニ風は、バジルとアーモンド、ペコリーノ等地産の食材を使い(リグーリアのバジル・ペストは通常松の実を使う)、フレッシュトマトと一緒に混ぜ合わせてペストにしていきます

トラパニ風ペストはトラパニ港発祥の古代レシピで、かつては東方からのジェノバ船がここに停泊し、リグーリアのペスト(現代におけるペスト・アッラ・ジェノベーゼだったのか通常のペスト・ディ・バジルだったかは未確認)をトラパニの人々に紹介したのだそうです。

トラパニの人々は、その土地の典型的な食材を加えてペストのレシピをアレンジしました。

これが、アーモンドとフレッシュトマトの追加の特徴です。

本来シチリアでは、らせん状の典型的なシチリアのパスタであるブジアーテ[Busiate]を使って調理することが通例だそうですが、日本ではパッと手に入るパスタではないので、セダニーニ・リガーテを使用しました。

また、日本人が好きなスパゲッティで調理することもあるそうです。

トラパニ風ペストは、パスタのソースにする以外にもブルスケッタやピアディーナの詰め物にも最適で、多くの美味しくてカラフルな料理の調味料としても適しています。

ここで使われるペコリーノは、本来は地産のペコリーノ・シチリアーノですが、日本においてはペコリーノは、ペコリーノ・ロマーノしか入手できないケースが多いと思います。

その為、ペコリーノ・ロマーノとパルミジャーノを1:1で合わせて代用するとちょうどよいと思います。

尚、ペコリーノではなくパルミジャーノとリコッタ(牛)でペストを作るとシチリア風ペスト[Pesto alla siciliana]という別の名称が付いたペストができあがります。


トラパニ風ペストのパスタ材料4人分

パスタ320g
トマト 250g
バジル 50g
アーモンド 50g(代用:ナッツ類)
オリーブオイル 大匙2
ペコリーノ40g
(赤)ニンニク 1欠片
黒胡椒 適量
塩味を お好み で

1人分:約470カロリー


トラパニ風ペストのパスタ調理工程(約20分)

STEP1 まず皮をむいたトマトを準備します。

鍋に水を入れて火にかけます。

トマトを洗い、トマトの端に十字の切り込みを入れ、水が沸騰し始めたら、トマトを20秒ほど湯通しします。

トマトの皮をむき、それらを立方体に切ります。
トラパニ風ペストのパスタ【パスタ・コン・ペスト・アッラ・トラパネーゼ】の調理工程1
STEP2 同様にアーモンドの皮をむきます。沸騰したお湯で数分間湯通しし、水を切り、指で軽く圧力をかけて皮を剥がします。

(画像ではアーモンドの代用にピーナッツを使用しています)

皮をむいたトマト、アーモンド、ニンニク、洗って乾かしたバジル、塩、こしょうで味を調え、オリーブオイルを加えてミキサー、またはすり鉢に入れすべてがよく混ざるように数分間ブレンドします。

ブレンドが完了したらすりおろしたペコリーノを加え、混ぜ合わせてペストの完成です。
トラパニ風ペストのパスタ【パスタ・コン・ペスト・アッラ・トラパネーゼ】の調理工程2
STEP3 ブレンド中に1%の塩を加えた湯を沸かし、パスタを茹で始めます。

表記時間ちょうどアルデンテでゆで上げる予定です。

出来上がったペストをフライパンに移し、ゆで汁をお玉少量加えてなじませ、ひと煮立ちさせたら火を落としてパスタが茹で上がるのを待ちます。
トラパニ風ペストのパスタ【パスタ・コン・ペスト・アッラ・トラパネーゼ】の調理工程3
STEP4 パスタが茹で上がったら湯をよく切ってペストソースに加えます。

ペストソースによく混ぜ合わせ、塩味をチェックします。

ソースがダレる場合は良く混ぜた上で弱火で加熱しつつ混ぜ合わせていき調整します。

ちょうどよいとろみを保ちながらなじんだら仕上げです。

皿に盛り付けてバジルを添え、お好みでカットトマトを添えて完成です。
トラパニ風ペストのパスタ【パスタ・コン・ペスト・アッラ・トラパネーゼ】の調理工程4

トラパニ風ペストのパスタの調理ポイント

トマトを湯剥きしたら通常のペストと同じように食材を全て合わせてブレンダーにかけてしまうのが最も簡単です。

非常に美味しい一皿ができあがりますよ!


トラパニ風ペストのパスタについてマスターの言及

記事内食材解説・補足
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
セダニーニ[sedanini]セダニーニ(・リガーテ[Rigate])は北イタリアで非常に一般的なパスタの一種で、わずかな湾曲とラインが特徴です。 セロリ(Sedano)を由来とし、ペンネやマカロニよりも大きいショートパスタです。 ... [詳細解説へ]
読み方:セダニーニ
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
バジル[basilico]読み方:バジリコ
分類:香草
ブジアーテ[busiate]カラブリア州及びシチリア州のパスタの一種です。名前はアシの一種であるbusaに由来し、細い棒に生地を巻き付けたようなねじれた形状をしたパスタで、ソースがよく絡みます。 伝統的にトラパニ風ペストのパスタ ... [詳細解説へ]
読み方:ブジアーテ
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ
ペコリーノ[pecorino]羊の乳を原料としたチーズの総称。羊のチーズは非常に濃厚で味が強いことが特徴。ラツィオ州とサルデーニャ州で作られるペコリーノ・ロマーノは僕もよく使いますが、かなり味が濃いです。 他にペコリーノ・トスカー ... [詳細解説へ]
読み方:ペコリーノ
分類:チーズ
代用品:パルミジャーノ

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ペスト"

インゲンとジャガイモを添えたペストのパスタ

Pasta al pesto con fagiolini e patate(パスタ・アル・ペスト・コン・ファジョリーニ・エ・パターテ)インゲンとジャガイモを添えたペストのパスタは、典型的なリグーリア州の最初のコース(プリモ)で、トレネッテかリングイネ …

イタリアンパセリのペストソース

Pesto di prezzemolo(ペスト・ディ・プレッツェモロ)パセリのペストは、パスタの味付けに最適なクリーミーで繊細なソースで、軽くトーストしたパン、クロスティーニに塗るのに最適です。 また、パスタソースやリゾットにしたり、グリルや茹でた肉 …

レタスペストのパスタ

Pasta al pesto di lattuga(パスタ・アル・ペスト・ディ・ラットゥーガ)レタスの風味が豊かなペストをパスタ調理用によせたレシピです。 レタスのペスト 上記、レタスペストをそのまま使用しても(オプションのケッパーとパルミジャーノを …

レタスのペスト

Pesto di lattuga(ペスト・ディ・ラットゥーガ)レタスのペストは非常に繊細な風味を持つ調味料で、食欲をそそる軽いパスタ料理のソースとして使用することができます。 レタスに加えて、ソースにコクを与えるクルミ、ニンニク、レモンの皮と果汁、そ …

蕪のペストパスタ

Pasta al pesto di rapa(パスタ・アル・ペスト・ディ・ラパ)バジルのペストやイタリアンパセリのペストを始め、セロリ等美味しい食材の保存に役立ち、食事を豊かにしてくれるペストはパスタの薬味(ソース)やクロスティーニの具材などに利用で …

セロリのペストパスタ

Pasta al pesto di sedano(パスタ・アル・ペスト・ディ・セダノ)新鮮でおいしいセロリのペストを添えたパスタは、とてもシンプルなプリモで、温かくても冷たくしてもおいしく食せます。 この料理の主役はセロリのペストです。 セロリのペス …

パセリとバジルのペスト

Pesto di prezzemolo e basilico(ペスト・ディ・プレッツェモロ・エ・バジリコ)バジルとパセリのペストは、その名前からわかるように、材料にイタリアンパセリが加えられているため、古典的なバージョンとは異なるペストです。 古典的 …

バジルペストのクロスティーニ

Crostini al pesto di basilico(クロスティーニ・アル・ペスト・ディ・バジリコ)ペストを添えたクロスティーニはとても簡単な前菜ですが、おいしいメインディッシュにもなります。 わずか10分で美味しく香り豊かな出来上がりで、冷た …

イタリアンパセリのペストソースリゾット

Risotto al pesto di prezzemolo(リゾット・アル・ペスト・ディ・プレッツェモロ)直訳するとパセリペストのリゾットですが、パスタと同様に日本語圏では誰にも認識されないことを想定し、「イタリアンパセリのペストソースリゾット」と …

イタリアンパセリのペストソースパスタ

Pasta al pesto di prezzemolo(パスタ・アル・ペスト・ディ・プレッツェモロ)日本においてジェノベーゼとして知られる緑色のパスタ、バジルのパスタは、正しくはバジルペストのパスタです(Pasta al pesto [di bas …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato