セロリのポルペッテ

セロリのポルペッテ【ポルペッテ・ディ・セダノ】

Polpette di sedanoポルペッテ・ディ・セダノ

イタリア料理ではニンジン、セロリ、タマネギを非常によく使い、この香味野菜らは主にソテーして様々な料理で使用します。

この三種類の野菜は、ある種特別の素材といえ不可欠です。

ポルペッテは日本においてあまりなじみのある料理名ではなく、肉団子と訳され、そう理解されている方が多いようですが、厳密には団子、肉を使用しないポルペッテの方が多いです

しかしながらその食感は、肉団子に勝るとも劣らないもので美味もその食材特有の風味を感じつつ、比類がないほど上質で、このセロリのポルペッテも肉は不使用です。

セロリのパスタやペスト、そしてパルミジャーノ添え等非常に美味しいセロリ料理。

セロリのペストパスタ



この美味しいセロリ料理の一品にセロリのポルペッテを加えましょう。


セロリのポルペッテ材料4人分

セロリ 600g
パン 200g
パルミジャーノ・レッジャーノ DOP 100 g
全卵 1個
塩・黒胡椒 適量
トマトピューレ 750g
ニンニク 2欠片
オリーブオイル 大匙2
塩適量
種子油適量(揚げ油)
イタリアンパセリ 適量

1人分:約156カロリー


セロリのポルペッテ調理工程(約75分)

STEP1 まずトマトのソースを作っていきます。

鍋にオリーブオイルを加えてを熱し、軽くつぶしたニンニクを入れて風味をオイルに移したら、トマトピューレを注ぎます。

そして塩を加えて蓋をして、時々かき混ぜながら中火で約30分煮ます。

煮込みが終わったらニンニクを取り出し、塩味をチェックして仕上げ用ソースの完成です。
セロリのポルペッテ【ポルペッテ・ディ・セダノ】の調理工程1
STEP2 ソースを調理している間に、ポルペッテを準備するため、湯を沸かし始めます。

セロリの根元を取り除き、葉と茎を洗い、お好みで皮むき器で繊維を取り除きます(僕はこの料理では皮は剝きません)。

そしてそれらを細かく切り、沸騰しているので、セロリを入れて10分ほど茹でます。
セロリのポルペッテ【ポルペッテ・ディ・セダノ】の調理工程2
STEP3 その間にパンを切り分け、ミキサーで細かく砕きます。ミキサーがない場合は包丁で頑張りましょう。

ゆで上げたセロリの水気を切って冷まし、それからナイフで細かく切り刻み、手で絞って余分な水分をできるだけ取り除きます。

セロリをボウルに移し、すりおろしたパルミジャーノ、パン 、卵を投下し、塩と胡椒を振ります。
セロリのポルペッテ【ポルペッテ・ディ・セダノ】の調理工程3
STEP4 手でこねてすべてを混ぜ、大きな直径2~2.5cm程度のクルミほどの大きさのボールを作り、トレイの上に確保していきます。

この捏ねて丸めたポルペッテのにパン粉をまぶしてあげていきます。
セロリのポルペッテ【ポルペッテ・ディ・セダノ】の調理工程4
STEP5 種子油を170度(台所用温度計で測定)の温度に加熱し、一度に数個づつ温度を下げないように気を配りながら揚げていきます。

きれいな黄金色になるまで、揚げてから引き揚げ油をきります。
セロリのポルペッテ【ポルペッテ・ディ・セダノ】の調理工程5
STEP6 油を切ったポルペッテを皿に盛り付け、トマトのソースを盛り付け、みじん切りのパセリを散らしたら完成です。
セロリのポルペッテ【ポルペッテ・ディ・セダノ】の調理工程6

セロリのポルペッテの調理ポイント

トマトのソースを煮こんでいる間にセロリを茹でてポルペッテの作業をしていきます。

セロリを茹でてから調理するため、僕はセロリの皮残しますが、お好みによって皮を剥いてもよいです。

作業そのものは全て簡単なので順に進めていきましょう。

非常に食べ応えもある美味しいポルペッテです。


セロリのポルペッテについてマスターの言及

記事内食材解説・補足
イタリアンパセリ[prezzemolo]香味野菜として使います。すり潰した葉や細かく刻んだ葉を料理のソースやドレッシングなどに利用したり、茎や葉を煮込み入れたり、そのままちぎってパスタなどの料理に添えられたりします。肉や魚の臭い消し、ビネガ ... [詳細解説へ]
読み方:プレッツェモロ
分類:香草
代用品:バジル|三つ葉|セロリの葉
セロリ[sedano]読み方:セーダノ
分類:香味野菜
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ
パン[pane]読み方:パーネ
全卵[uovo intero]読み方:ウォヴォ・インテーロ

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "セロリ"

ジャガイモとセロリのスパイス煮込み

Umido di patate e sedano alle spezie(ウミド・ディ・パターテ・エ・セダノ・アレ・スペッツェ)スパイスを複合したカレーをつかった仕上げはイタリアンのイメージを持たない方は多いかもしれませんが、香辛料は古くから使用する …

ジャガイモ、セロリ、ニンジンのミネストラ

Minestra con patate sedano e carote(ミネストラ・コン・パターテ・セダノ・エ・カローテ)イタリア人にとってミネストラの温かみは、家庭・祖母の味を思い出させるものなのだそうです。 新鮮な野菜がたっぷり入った温かいスープ …

セロリのアンチョビ炒め

Sedano in padella alle acciughe(セダノ・イン・パデッラ・アッレ・アッチュウゲ)アンチョビを添えたセロリの組み合わせは、本当に美味しいですが、珍しい組み合わせの付け合わせ(コントルノ)だそうです。 イタリア料理では非常に …

ネギとセロリのマリネ

Porri e sedano marinati(ポーリ・エ・セダノ・マリナーティ)ネギとセロリのマリネは、手軽に作れる洗練された冷たい前菜(アンティパスト)です。 マリネは、ビネガー(酢)やレモン汁などの酸をベースとして、オイル、スパイス、香草等でソ …

セロリのレモン煮

Sedano brasato al limone(セダノ・ブラサート・アル・リモーネ)セロリのレモン煮はとても簡単に作れる付け合わせ(コントルノ)です。 肉料理によく合う、軽くて健康的ですっきりとする風味です。セロリはカロリーがほとんどなく、繊維、栄 …

人参とセロリの炒め煮

Carote brasate al sedano(カローテ・ブラザーテ・アル・セダノ)にんじんとセロリの炒め煮は、風味と色合いが調和した料理です。 本来の旬は秋にになりますが、ニンジンやセロリは一年中購入できとても美味しく頂け、非常に美味しいアンティ …

セロリのパスタ

Pasta al sedano(パスタ・アル・セダノ)イタリアンにおいて非常に頻繁に使用する香味野菜の一つ、セロリはそれそのものを主役とした料理も豊富で美味しい食材です。 セロリをたっぷり使用し、ツナと合わせトマトソースで調和させた美味しいパスタです …

セロリのペストパスタ

Pasta al pesto di sedano(パスタ・アル・ペスト・ディ・セダノ)新鮮でおいしいセロリのペストを添えたパスタは、とてもシンプルなプリモで、温かくても冷たくしてもおいしく食せます。 この料理の主役はセロリのペストです。 セロリのペス …

セロリのパルミジャーノ添え

Sedano con parmigiano(セダノ・コン・パルミジャーノ)セロリのパルミジャーノ添えは、肉料理にも魚料理にもよく合う簡単なアンティパスト(前菜)です。 さらに、特に野菜が好きな人であれば、この料理は軽い二皿目(セコンド・ピアット)とし …

ルッコラのペスト

Pesto di rucola(ペスト・ディ・ルーコラ)ルッコラのペストは、温かい最初のコース(プリモ)にも冷たいパスタにも最適です。 ルッコラペストのリングイネ また、ルッコラのペストは、フォカッチャやクロスティーニの詰め物・具材としても使え、前菜 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato