モッツァレラという名前は、モッツァレに由来しています。モッツァレとは、必要な形式に応じて、熟練のチーズ製造者が、伸ばしたカードチーズです。

これは、プロヴォローネやカチョカヴァッロなどの他のチーズと共通する加工方法で、高温の酸性ホエーの中で長期間熟成させる必要があります。

最も有名なのはモッツァレラ・ディ・ブファラ・カンパーナ DOP で、1996 年に原産地名称保護制度(PDO)の承認を取得しています。

このDOPは水牛の全乳のみから製造され、規格で示されているカンパニア州とニーダー州の間の地域で生産されたもの。

一方、水牛ミルクモッツァレラは、ラツィオ、プーリア、モリーゼといったPDOが示す地域外で生産されているものなのだそうです。

フィオル・ディ・ラッテ[fior di latte]は、通常バジリカータ州、カンパニア州、カラブリア州、ラツィオ州の間のイタリア南部で牛乳を使って作られます。

モッツァレラチーズによく似たチーズですが、生地の形状と粘稠度がモッツァレラチーズとは異なります。

フィオル・ディ・ラッテ南部アペニン山脈としての PDO の帰属に関する評価(区域分け等)をしている最中だそうです。

読み方・分類・代用品読み方:モッツァレーラ
分類:チーズ
代用品:カマンベール|ブッラータ|フィオルディラッテ