ポルトフィーノ風パスタ

 
ポルトフィーノ風パスタ【パスタ・アッラ・ポルトフィーノ】

Pasta alla Portofinoパスタ・アッラ・ポルトフィーノ

ポルトフィーノ風のソースはバジルのペストとトマトソースを組み合わせたソースです。

素材の美味しさをしっかりと味わうイタリア人の中には、伝統的なバジルのペストとトマトを組み合わせるということにかなり懐疑的になる人は多く、このポルトフィーノ風は、伝統か革新かと論争が巻き起こるそうなのであまり深く言及している情報は見当たりません。

ポルトフィーノというと日本においてはディズニー・シーを思い出す方が多いかもしれません。まさにあのディズニーシーのモデルになっているポルノフィーノです。

イタリア北西部にある漁村で、リグーリア海岸に面するリグーリア州ジェノヴァ県のコムーネ(共同体)です。

バジルのペストソースといえば、バジリコの産地ジェノヴァが有名で日本においては、バジルのペストソースはジェノヴェーゼであると誤認識が常識化してしまっているほどです。

ペストのパスタは非常に人気ですし、その産地であるフォルトフィーノ風はイタリアの象徴的イメージがしっかり根付いているトマトと合わせたソースです。

通常主役級の食材×主役級を組み合わせる調理は難しく、リストランテのマエストロでもない限り容易に美味しくは作れませんし、素材同士が喧嘩してしまい残念な仕上りになることがほとんどです。

しかし、名前に地名や二つ名がついている料理は別!この組み合わせは美味しいよと皆が評価したから付くものです。

つまり、この一皿もとっても美味しいんですよ!

今回はジャガイモのニョッキにて仕上げましたが、パスタは他に、スパゲッティやリングイネ、ペンネなどがとても合いますよ!

シチリアのトラパニ風ペストと使用する食材や歴史が重なり似ていますが、味わいは異なります、食べ比べもおすすめです。

トラパニ風ペストのパスタ



ポルトフィーノ風パスタ材料2人分

パスタ160g
バジルのペスト(作り方)50g
トマトピューレ150g(作り方
ニンニク1/2欠片
オリーブオイル大匙1
塩適量
バジルの葉数枚(オプション)

1人分:約582カロリー


ポルトフィーノ風パスタ調理工程(約25分)

STEP1 湯を沸かし1%の塩を加え、パスタを茹でる準備をします。

今回はペストが加わるソースの為、パスタの場合は表記時間ちょうどアルデンテでゆで上げる予定です。

ニョッキの場合は、水面に浮いてきたらOKです。
STEP2 パスタがゆで上げている間にベースソースを作っていきます。

オリーブオイルを加熱し、スライスしたニンニクを投下します。

オイルにニンニクの風味がしっかりと移ったらトマトピューレとゆで汁をお玉一杯を投下して塩を振り蓋をして15分煮こんだらベースソースは完成です。

火を落としてパスタが茹で上がるのをまちます。

ピューレの代用にトマトソースを使用する場合は、ゆで汁と共に投下してひと煮立ちさせたらベースソースの完成です。
ポルトフィーノ風パスタ【パスタ・アッラ・ポルトフィーノ】の調理工程2
STEP3 パスタが茹で上がったら、ベースソースとよくあえてから火を止めます。

軽く熱を逃がしてペストソースを加えて全体になじませたら仕上げです。
ポルトフィーノ風パスタ【パスタ・アッラ・ポルトフィーノ】の調理工程3
STEP4 ペストソースを加えた上で全体になじませたら、皿に盛り付けて、バジルの葉を飾ったら完成です。
ポルトフィーノ風パスタ【パスタ・アッラ・ポルトフィーノ】の調理工程4

ポルトフィーノ風パスタの調理ポイント

トマトソースとペストを混ぜ合わせてつくるパスタですので、バランスが大切です。

勿論好みを反映していいのですが、極振りしすぎてどちらかの風味がかき消されてしまっては元も子もありません。

食材のバランスがとっても大事ですよ!


ポルトフィーノ風パスタについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る

ポルトフィーノ風パスタを評価する
記事内食材解説・補足
スパゲッティ[spaghetti]断面が正円のロングパスタで直径が1.8~2.0mm前後のものをスパゲッティと言います。好みによりそれより少し細いスパゲッティーニを使うケースがあります。 僕は通常、スパゲッティー系はディベラのNo.9 ... [詳細解説へ]
読み方:スパゲッティ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティー二
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
ニョッキ[gnocchi]元々は現在のようにジャガイモやカボチャで作るものではなく、小麦粉を練って作っていたそうです。 ジャガイモを利用したものが主流ですがかぼちゃやホウレンソウとリコッタチーズを使ったものなど多数のバリエーシ ... [詳細解説へ]
読み方:ニョッキ
分類:パスタ
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
バジル[basilico]読み方:バジリコ
分類:香草
ペンネ[penne]ペン先状、筒状のパスタの総称で、中でもペンネ・リガーテ (penne rigate) は表面には細かい溝があり(rigate は、”溝が入った” の意味)、ソースが絡みやすくな ... [詳細解説へ]
読み方:ぺんね
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ全般
リングイネ[linguine]断面が楕円のロングパスタです。表面積がスパゲッティよりも広い為、もちっとした触感が楽しめます。
読み方:リングイネ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティ

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ペスト"

大葉ペストのパスタ

Pasta al pesto di perilla(パスタ・アル・ペスト・ディ・ペリッラ)日本のハーブの代表格ともいえる「大葉」は、青じそです。東北の方では「大葉」よりも「紫蘇」と呼ぶ割合が高いそうです。 原産地は中国で、日本には縄文時代の遺跡からも …

春菊ペストのパスタ

Pasta al pesto di crisantemo coronato(パスタ・アル・ペスト・ディ・クリサンテーモ・コロナート)春菊の原産地は地中海沿岸とされていますが、食用とされるのは日本、中国、韓国などの東アジア諸国においてのみなのだそうです …

ルッコラペストのリングイネ

Linguine al pesto di rucola(リングイネ・アル・ペスト・ディ・ルーコラ)ルッコラは、ヴェネト州が有名な産地でローマ帝国の時代から食されてきた香草であり香味野菜です。 伝統的なバジルのペスト(パスタ)の代用品として調理されるこ …

ルッコラのペスト

Pesto di rucola(ペスト・ディ・ルーコラ)ルッコラのペストは、温かい最初のコース(プリモ)にも冷たいパスタにも最適です。 ルッコラペストのリングイネ また、ルッコラのペストは、フォカッチャやクロスティーニの詰め物・具材としても使え、前菜 …

インゲンとジャガイモを添えたペストのパスタ

Pasta al pesto con fagiolini e patate(パスタ・アル・ペスト・コン・ファジョリーニ・エ・パターテ)インゲンとジャガイモを添えたペストのパスタは、典型的なリグーリア州の最初のコース(プリモ)で、トレネッテかリングイネ …

トラーパニ風ペストのパスタ

Pasta con pesto alla trapanese(パスタ・コン・ペスト・アッラ・トラパネーゼ)トラーパニ風ペストのパスタは、シチリアの美食の伝統の一部であるペスト、トラーパニ風ペスト[Pesto alla trapanese]で味付けされ …

イタリアンパセリのペストソース

Pesto di prezzemolo(ペスト・ディ・プレッツェモロ)パセリのペストは、パスタの味付けに最適なクリーミーで繊細なソースで、軽くトーストしたパン、クロスティーニに塗るのに最適です。 また、パスタソースやリゾットにしたり、グリルや茹でた肉 …

レタスペストのパスタ

Pasta al pesto di lattuga(パスタ・アル・ペスト・ディ・ラットゥーガ)レタスの風味が豊かなペストをパスタ調理用によせたレシピです。 レタスのペスト 上記、レタスペストをそのまま使用しても(オプションのケッパーとパルミジャーノを …

レタスのペスト

Pesto di lattuga(ペスト・ディ・ラットゥーガ)レタスのペストは非常に繊細な風味を持つ調味料で、食欲をそそる軽いパスタ料理のソースとして使用することができます。 レタスに加えて、ソースにコクを与えるクルミ、ニンニク、レモンの皮と果汁、そ …

蕪のペストパスタ

Pasta al pesto di rapa(パスタ・アル・ペスト・ディ・ラパ)バジルのペストやイタリアンパセリのペストを始め、セロリ等美味しい食材の保存に役立ち、食事を豊かにしてくれるペストはパスタの薬味(ソース)やクロスティーニの具材などに利用で …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato