カレー仕上げの海鮮パスタ

カレー仕上げの海鮮パスタ【パスタ・コン・フルッティ・ディ・マーレ・アル・キャリー】

Pasta con frutti di mare al curryパスタ・コン・フルッティ・ディ・マーレ・アル・キャリー

直訳するとシーフードカレーのパスタや海鮮カレーのパスタとなりますが、スパイス(複数なのでイメージと一致するカレー表記を使用)は主役ではなく、食材の繋ぎとして使用しているので、あえてタイトルは、説明調の和訳にしました。

海の香りとエキゾチックなエッセンスを加えた料理です。この洗練された料理は、特別な日や魚メニューを使った大切なランチだけでなく、クリスマスイブや大晦日のディナーなどの休日にも対応ができます。

魚貝類をまとめて調理する漁師風、ペスカトーレのパスタで食材の繋ぎ・まとめ役として使用するトマトソースをカレーに変更した料理というとイメージしやすいと思います。

漁師のスパゲッティ/ペスカトーレ



シーフードとカレーという組み合わせは多くの方にとって非常に目新しく映るでしょうし、またその関心を大きく満たす美味を約束してくれるパスタです。

魚料理のファーストコース(プリモ)として最適です。また、バリエーションとして具材をホイルを使ってオーブンで調理し、セコンドとすることもできます。

ペスカトーレと同じように、食材に指定はなく、貝類をソテーして準備し、エビやカニ等は先行してボイル(パスタ湯専用を使用します)してソテーします。

ソースに使う魚貝類の食材量目安は1人前当たり100~130g程度です。

今回は貝なし、エビとイカの冷凍を使用しているので先行してボイルしての簡単調理でしたが、貝類等を含めた調理工程(一部写真を他レシピより流用)でまとめています。


カレー仕上げの海鮮パスタ材料4人分

パスタ 400g
エビ・イカ・魚類等 200g
殻付き貝類600g (ムール、あさり等|身200g弱程度)
ニンニク 1欠片
唐辛子1本
白ワイン 100ml(辛口)
スパイス小匙1(カレー粉等|スパイス配分参考
イタリアンパセリ2束
オリーブオイル大匙3
塩適量

1人分:約496カロリー


カレー仕上げの海鮮パスタ調理工程(約40分)

STEP1 まず貝類を塩水に浸して暗所にて数時間置き、砂を吐かせておきます。

調理前に流水で強めに殻ごと洗いながします。

オリーブオイル大匙1をフライパンに入れて加熱し、貝類を炒めて調理します。

貝からでてきたエキスを濾して身と共に確保しておきます。
カレー仕上げの海鮮パスタ【パスタ・コン・フルッティ・ディ・マーレ・アル・キャリー】の調理工程1
STEP2 1%塩を加えた湯を沸かし、パスタを茹でます。表記時間より2分早くゆで上げる予定です。

フライパンに残りのオリーブオイルを投下し、ニンニクと丸ごと唐辛子を弱火で1分ほど炒めます。

下処理をして茹でた一口大にカットしたエビ・イカ・魚等の食材、イタリアンパセリの茎の部分を投下します。

強火で約1分間炒めて白ワインを投下、強火でアルコールを全て飛ばし切ります。
カレー仕上げの海鮮パスタ【パスタ・コン・フルッティ・ディ・マーレ・アル・キャリー】の調理工程2
STEP3 貝類をすべて加え、スパイス(カレー)とお玉一杯のゆで汁を加えてさらに 1 分味付けします。塩味を確認し、ニンニクを取り除きます。

これでベースソースが完成、パスタが茹で上がるまで火を落としてまちます。
カレー仕上げの海鮮パスタ【パスタ・コン・フルッティ・ディ・マーレ・アル・キャリー】の調理工程3
STEP4 パスタが茹で上がったら、ベースソースにお玉1杯のゆで汁と共に加えて、あえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

パスタにソースを全て閉じ込めたら仕上げです。

皿に盛り付けて、イタリアンパセリを散らして完成です。
カレー仕上げの海鮮パスタ【パスタ・コン・フルッティ・ディ・マーレ・アル・キャリー】の調理工程4

カレー仕上げの海鮮パスタの調理ポイント

順番はボイル、貝類のソテー、それ以外をソテーして合わせてカレー投下してベースソースの完成です。

順番を頭に入れておくとスムーズに調理が進みます。

スパイス、カレーは入れすぎないようしましょう。

あくまでもカレーはまとめ役、繋ぎです。主役は魚貝類です!


カレー仕上げの海鮮パスタについてマスターの言及

記事内食材解説・補足
アサリ[guscio di vongole]アサリや蛤(ハマグリ)です。
読み方:グッショ・ディ・ボンゴレ
分類:貝
イカ[calamaro]複数形calamari
読み方:カラマーロ
えび[gamberi]読み方:ガンベリ
分類:甲殻類
カレー[curry]多種類の香辛料を併用して食材に味付けするというインド・スリランカ料理の特徴的な調理法を用いた料理に対する英語名です。 カレーはの語源は、タミル語の[スープの具]を意味する「KARI」が有力だと言われて ... [詳細解説へ]
読み方:キャリー
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
スパゲッティ[spaghetti]断面が正円のロングパスタで直径が1.8~2.0mm前後のものをスパゲッティと言います。好みによりそれより少し細いスパゲッティーニを使うケースがあります。 僕は通常、スパゲッティー系はディベラのNo.9 ... [詳細解説へ]
読み方:スパゲッティ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティー二
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
ロングパスタ[pasta lunga]細長いパスタ全般のことを指します。
読み方:パスタ・ルンガ
ワイン[vino]読み方:ビーノ
分類:果実酒
唐辛子[peperoncino]読み方:ペペロンチーノ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "魚貝"

アクアパッツァ

Acquapazza(アクアパッツァ)イタリア料理では単にアクアパッツァ(Acquapazza)というと白身魚の水煮料理又は白身魚を煮る香草漬けにした魚介類の出汁のことを指します。 ペシェ・アッラックア・パッツァ(Pesce all’acqua pa …

漁師のスパゲッティ/ペスカトーレ

Spaghetti del pescatore(スパゲッティ・デリ・ペスカトーレ)漁師風スパゲッティ(Spaghetti alla pescatora/ペスカトーラ)とも言われます。準備が簡単なプリモで、各工程を慎重に進めるだけで美味しく調理ができま …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato