靴屋婦人風パスタ/スカルパリエッロのパスタ

靴屋婦人風パスタ/スカルパリエッロのパスタ【パスタ・アッロ・スカルパリエッロ】

Pasta allo scarparielloパスタ・アッロ・スカルパリエッロ

直訳では、靴屋の妻を意味する、ナポリの方言スカーリ[scarpari]を語源とするパスタですので靴屋の妻パスタとしてもよいですが、語呂的に靴屋婦人風として和訳しました。

日本では靴職人のパスタとやや誤ったと表現すべき名称で紹介されるケースが多いようです。

またアメリカのインフルエンサーがCobbler’s Wifeという名称で紹介している情報も目にしましたが、このレシピは、今回の靴屋婦人風パスタ[Pasta allo scarpariello]、ナポリの伝統的なレシピのそれだと思います。

前日に残ったトマトソース(やナポリ風ラグー)にバジルの葉を使って、こうした簡単で本格的な味付けの、簡単に作れておいしい料理に仕上げます。

ナポリ風ラグー



時が経つにつれて、新鮮なチェリートマトを使ってスカリエッロのレシピを作る習慣が「受け入れられる」ようになったのだそうです。

日本人的にはあまり感覚がつかめないかもしれませんが、トマト、唐辛子、チーズという組み合わせはシチリアやナポリではよく見られますが、地域によっでやや違和感を持たれる組み合わせです。

主にスパゲッティをクリーミーな調味料となるダッテリーニトマトに軽く火を通したベースソースに仕上げにペコリーノ、パルミジャーノを加えてクリーミーに仕上げます。

カンパニア州の一部の地域では、スカルパリエッロパスタ形式と黄色のチェリー トマトを使用して調理されるそうです。

スカルパリエッロのパスタの歴史は19世紀前半にまで遡るようです。一説によると、ナポリのスペイン人街で靴屋の妻たちが、前日に残ったソースを使って月曜日の簡単な昼食を作るために作っていたことが発祥と言われています。

靴屋は土地の産物で給料をもらっていたため、自由に使える乳製品が多かったので、このパスタにはチーズがたくさん含まれています。

別の説では、その名前は「ナポリ人からすべてを奪うことはできても、皿の上のスカルペッタの喜びを奪うことはできない」ということわざに由来しているというものがあります。

スカルペッタとは、パスタ等のソースの残りをパンで拭ってふき取り食べる食事の所作・方法(高級リストランテでの食事を除き、それ以外の全ての食事シーンで実施してよいテーブルマナーです)。

尚、トマトは缶詰ではなく、フレッシュなダッテリーニトマトを使用するのが正式なレシピです。


靴屋婦人風パスタ/スカルパリエッロのパスタ材料4人分

パスタ 320g
チェリートマト 500g(代用:トマト)
ペコリーノ・ロマーノ 30g
パルミジャーノ・レッジャーノ DOP 30 g
バジル1枝
(生)唐辛子(小)1本
オリーブオイル 大匙6
ニンニク 1欠片
塩適量

1人分:約546カロリー


靴屋婦人風パスタ/スカルパリエッロのパスタ調理工程(約15分)

STEP1 1%の塩を加えた湯を沸かし、パスタをゆで上げます。

表示時間より2分早くゆで上げる予定です。

その間にトマトを洗ってカットしておきます。生の唐辛子から種を抜いてみじん切りにします。

オリーブオイルを引いたフライパンに軽くつぶしたニンニクを投下し加熱します。

風味がオイルに移ったら唐辛子、トマトと下塩を加えて炒め煮込んでいきます。
靴屋婦人風パスタ/スカルパリエッロのパスタ【パスタ・アッロ・スカルパリエッロ】の調理工程1
STEP2 バジル(仕上げ用除く)を加え、10分ほど炒め煮込んだらベースソースの完成です。

火を落としてパスタが茹で上がるのを待ちます。

パスタが茹で上がったらお玉2杯程度のゆで汁と共にベースソースに加えてあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。
靴屋婦人風パスタ/スカルパリエッロのパスタ【パスタ・アッロ・スカルパリエッロ】の調理工程2
STEP3 塩加減を確認し、パスタにソースを9割方、閉じ込めたら火を止めて、ペコリーノとパルミジャーノを注ぎ、余熱を与えながら全体に混ぜ合わせてクリーミーに仕上げます。
靴屋婦人風パスタ/スカルパリエッロのパスタ【パスタ・アッロ・スカルパリエッロ】の調理工程3
STEP4 全体になじみクリーミー且つ、ソースがダレない状態になったら仕上げです。

皿に盛り付けてバジルを散らして完成です。
靴屋婦人風パスタ/スカルパリエッロのパスタ【パスタ・アッロ・スカルパリエッロ】の調理工程4

靴屋婦人風パスタ/スカルパリエッロのパスタの調理ポイント

このレシピでは本来フレッシュなダッテリーニトマトを使用するレシピですので、トマトはつぶさずに形を残すようにして炒め煮込みます。

塩加減だけ気を付ければ非常に簡単でかつ大変美味しい味に仕上がりますよ!


靴屋婦人風パスタ/スカルパリエッロのパスタについてマスターの言及


靴屋婦人風パスタ/スカルパリエッロのパスタを評価する
記事内食材解説・補足
DOP[dop]イタリアのD.O.P.(⼜はDPO表記、Denominazione di Origine Protetta)はEU法に準拠したイタリア国内の原産地名称保護制度です。 EU圏では「原産地呼称保護」(PD ... [詳細解説へ]
読み方:ディー・オー・ピー
分類:保護
スパゲッティ[spaghetti]断面が正円のロングパスタで直径が1.8~2.0mm前後のものをスパゲッティと言います。好みによりそれより少し細いスパゲッティーニを使うケースがあります。 僕は通常、スパゲッティー系はディベラのNo.9 ... [詳細解説へ]
読み方:スパゲッティ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティー二
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
バジル[basilico]読み方:バジリコ
分類:香草
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ
ペコリーノ[pecorino]羊の乳を原料としたチーズの総称。羊のチーズは非常に濃厚で味が強いことが特徴。ラツィオ州とサルデーニャ州で作られるペコリーノ・ロマーノは僕もよく使いますが、かなり味が濃いです。 他にペコリーノ・トスカー ... [詳細解説へ]
読み方:ペコリーノ
分類:チーズ
代用品:パルミジャーノ
唐辛子[peperoncino]読み方:ペペロンチーノ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "トマト"

パンとトマトのサラダ

Insalata di pane e pomodori(インサラタ・ディ・パーネ・エ・ポモドーリ)これは、古くなったパン を使い、シンプルで素朴な夏の料理の主役にできる時短・簡単レシピです。 硬いパンの回復料理で、トスカーナのパッパ・アル・ポモドーロ …

サラミとチェリートマト・オリーブの冷製パスタ

Pasta fredda salame pomodorini e olive(パスタ・フレッダ・サラメ・ポモドリニ・エ・オリヴェ)サラミとチェリートマト・オリーブの冷製パスタは、非常にボリューミーで簡単ですぐに準備できる夏におすすめの最初のコース(プ …

チェリートマト添えサンドビーンズ

Fagiolini sabbiosi con pomodorini(ファジョリニ・サッビオシ・コン・ポモドリニ)オレガノとパルミジャーノをたっぷり加えたパン粉で味付けしたチェリートマト添えのサヤインゲンです。 パンを粉にしてチーズや香草・香辛料と共に …

リコッタとトマトの冷製パスタ

Pasta fredda ricotta e pomodoro(パスタ・フレッダ・リコッタ・エ・ポモドーロ)リコッタとトマトの冷製パスタは、夏にぴったりの簡単でおいしい料理です。 リコッタのパスタと言えば、パスタとリコッタがまず頭に浮かびますが、夏の …

鯛とトマトのパスタ

Pasta con orata e pomodori(パスタ・コン・オラタ・エ・ポモドーリ)鯛の切り身を使用して、短時間で調理することができる魚ベースの最初のコース(プリモ)です。 以前、鯛を使用した白身魚のラグーパスタを紹介しましたが、今回はトマト …

トマトとコーンのサラダ

Insalata di pomodori e mais(インサラタ・ディ・ポモドーリ・エ・メイス)トマトとコーンのサラダは、夏らしい彩りを添えた、簡単で軽くておいしいサラダです。 おいしい副菜(コントルノ)の簡単レシピです。 トウモロコシは、約1万年 …

サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ

Pasta pasticciata con salsiccia e pomodoro(パスタ・パスティッチャータ・コン・サルシッチャ・エ・ポモドーロ)サルシッチャとは、腸詰、いわゆるソーセージのことを指します。 サルシッチャとトマトのパスタ・パスティ …

茄子と豆のトマトソース炒め

Melanzane e fagioli in padella al sugo di pomodoro(メランザーネ・エ・ファジョリ・イン・パデッラ・アル・スーゴ・ディ・ポモドーロ)茄子と豆のトマトソース炒めは、とても簡単でおかず(コントルノ)として提 …

トマトのサヤエンドウ

Taccole al pomodoro(タッコレ・アル・ポモドーロ)トマトのサヤエンドウは、別名トマトのピアットーニ[Piattoni al pomodoro]でも知られる非常に美味しい付け合わせ(コントルノ)です。 エンドウ豆は、伝統的にロンバルデ …

アンチョビとミニトマトのパスタ

Pasta con alici e pomodorini(パスタ・コナリチ・エ・ポモドーリニ)地中海風味の強い、とても簡単で早い最初のコース(プリモ)です。 友人とのディナーのシーフードメニューのプリモとしても提供できる品です。一般的にイタリアでは海 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato