ボルツァーノ風ソース

 
ボルツァーノ風ソース【サルサ・ボルツァニーナ】

Salsa bolzaninaサルサ・ボルツァニーナ

州都にトレントを戴く、トレンティーノ=アルト・アディジェ自治州のボルツァーノ発祥の有名なソースで、ボルザニーナソース、ボルツァーノソースと表記されることもあります。

当サイトでは、意味合いを考えてボルツァーノ風ソースと訳し、紹介したいと思います。

トレンティーノ=アルト・アディジェ自治州は、高地にある雪を頂いた美しいパノラマ、春になると花が咲き誇る渓谷、水路といった素晴らしい自然と最も有名な、食の3部作スペック(燻製生ハム)、チーズ、リンゴがとても有名な地です。

アスパラガスのボルツァーノ風ソース添え(Asparagi con salsa bolzanina)に添えられるソースとして有名で、非常に美味しい付け合わせになります。

アスパラガスのボルツァーノ風ソース添え



シンプルに生野菜に添えてサラダのソース(ボルツァーノ風ソースとパンのサラダ / Salsa bolzanina e insalata di pane)として添えるのもおすすめです。


ボルツァーノ風ソース材料4人分

全卵 4個
マスタード 20g
ひまわり油 100g(代用:植物油)
白ワインビネガー 5g
チャイブ 適量(代用:小葱)
塩・黒胡椒 適量

1人分:約322カロリー


ボルツァーノ風ソース調理工程(約10分)

STEP1 まず、ゆで卵を作ります。鍋に入れて冷水を注ぎ、沸騰した瞬間から9分間茹でます。茹で上がったら、流水の元で殻をむきます。

ボウルにマスタードと白ワインビネガー、塩と胡椒を加え、泡立て器で材料をなじませながら混ぜます。

混ぜ続けながら油をゆっくりと加えつつ、しっかりとなじませて混ぜ合わせていきます。

チャイブを細かく刻み、ソースに加え混ぜ合わせます。
ボルツァーノ風ソース【サルサ・ボルツァニーナ】の調理工程1
STEP2 茹で卵を半分に切り黄身を取り出し、黄身のピューレにします。

次に卵白を非常に細かく刻み、卵黄ピューレに加えて混ぜます。

次に先ほど作っておいたソースを加えよく混ぜ合わせたら仕上げです。

皿に盛り付けて完成です!
ボルツァーノ風ソース【サルサ・ボルツァニーナ】の調理工程2

ボルツァーノ風ソースの調理ポイント

茹で卵を作って黄身をつぶしてピューレにして、白身をよく刻んで加えます。

味調整を行ったソースと合わせて完成という調理とは言えない簡単な作業です。

しかし、美味しいソースです。


ボルツァーノ風ソースについてマスターの言及

言及1

記事内食材解説・補足
チャイブ[erba cipollina]和名はエゾネギ(セイヨウアサツキ)。代用品として挙げられるアサツキはチャイブの変種です。
読み方:エルヴァ・チポリーナ
分類:香草
代用品:わけぎ|アサツキ|イタリアンパセリ
ひまわり油[olio di semi di girasole]サンフラワーオイル、ひまわりオイルとも呼ばれます。 ひまわり油は酸化安定性に優れ、加熱にも強いため、揚げ物、炒め物への使用にも適しています。無味無臭に近いので、幅広い料理に使用でき、オレイン酸やリノー ... [詳細解説へ]
読み方:オーリオ・ディ・セミ・ディ・ジラソーレ
代用品:植物油
マスタード[senape]読み方:セーナペ
ワインビネガー[aceto di vino]ワイン酢、白ワインビネガーと赤ワインビネガーがよく登場します。
読み方:アチェイト・ディ・ヴィーノ
分類:調味料
全卵[uovo intero]読み方:ウォヴォ・インテーロ
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "全卵"

ほうれん草のポルペッテ

Polpette di spinaci(ポルペッテ・ディ・スピナーチ)ポルペッテは本来肉団子、ミートボールのことを指しますが、ほうれん草のポルペッテは、肉は入っておらず、ほうれん草とグラナ・パダーノ、パン粉、卵で団子を形成した、非常に美味しい料理です …

煉獄のたまご

Uova al purgatorio(ウォヴァ・アル・プルガトーリオ)煉獄の卵は、「uova in purgatorio」と表記されることや「(u)ova m’priatorio」としても知られている、ナポリの典型的な田舎料理、シンプルな伝統料理です …

グヌーディ/ニューディ

Gnudi(ニューディ)発音をカナ表記すると「ニューディ」ですが、日本語検索するとローマ字読みの「グヌーディ」ばかりが目につき、翻訳でもそうだったので、タイトルに添えました(以下、ニューディで表記)。 ニューディは、トスカーナ料理の典型的な素朴 &h …

キャベツのフリット

Frittelle di cavolo cappuccio(フリッテッリ・ディ・カヴォロ・カプーチョ)キャベツのフリットは、とても簡単に準備できる、美味しくてカリカリとした前菜(アンティパスト)です。 フリット(Frittelle)とは、イタリア語で …

ベーコンとパイナップルのペンネ

Penne pancetta e ananas(ペンネ・パンチェッタ・エ・アナナス)非常に特別なプリモと言える、フルーツの風味豊かな料理、ベーコンとパイナップルのペンネです。 料理にパインを組み合わせることに抵抗感を持つ方もいるかもしれませんが、この …

オーブン焼きブロッコリーのチリブレッド添え

Broccoli al forno con pane al peperoncino(ブロッコリ・アル・フォルノ・コン・パーネ・アル・ペペロンチーノ)オーブン焼きブロッコリーのチリブレッド添えは、簡単で おいしいおかずです。これまでブロッコリーを主役と …

ミモザリゾット

Risotto mimosa(リゾット・ミモーザ)ミモザのリゾットの名前は、このレシピで使用される主な材料の 1 つであるゆで卵の黄身を使ってミモザの花を表現していることに由来しています。 その名前と色から、ミモザ・リゾットは3月8日の女性の日(国際 …

玉ねぎとジャガイモのフリッタータ

Frittata di patate e cipolle(フリッタータ・ディ・パターテ・エ・チポーレ)フリッタータは、日本人的感覚だとオムレツです。安くて簡単、フライパン1つだけで作れます。 このレシピではジャガイモと玉ねぎのシンプルさと風味の傑作、 …

ボローニャ風ラザーニャ

Lasagne alla bolognese(ラザーニャ・アッラ・ボロネーゼ)日本人がイメージするラザニアは、このボローニャ風ラザーニャが原型だと思いますがラグーもベシャメルも一般家庭では中々調理しませんから食べる機会があまりないように思います。 ラ …

肉団子のソース添え

Polpette al sugo(ポルペッテ・アル・スーゴ)ミートボールのソース添えは最も古典的なレシピの 1 つです。 牛挽肉と生ソーセージを混ぜることで独特の風味を出し、パンとチーズで風味を強調するだけでなく、適度な柔らかさがあります。 この料理 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato