ポルペッテ入りサラダ

ポルペッテ入りサラダ【ポルペッテ・イン・サラタ】

Polpette in insalataポルペッテ・イン・サラタ

夏の暑さが堪えても食べやすく、一口食べたら食欲が回復する、新鮮で栄養豊かな一品料理(ピアット・ウニコ)をご用意しています。

ポルペッテ入りサラダは、サラダの軽さとひよこ豆のポルペッテのカリカリ感を組み合わせたもので、美味しくてボリュームがあり、食欲が減退しがちな厳しい夏の味方です。

ピクニックを楽しむ際や休日のランチにも最適な一品で、思った以上に簡単に調理でき、単体であれば、それだけで食事を完結させることもできる軽食としても非常に優れています。

マンゴーは缶詰入りのものを使用していますが、もちろんフレッシュのマンゴーならば尚、美味しいでしょう。

非常にボリューミーで、この野菜と果物、そしてポルペッテのコラボレーションがたまらなく好きになるだろう、そんな美味しい品ですよ!


ポルペッテ入りサラダ材料4人分

ポルペッテ用
乾燥ひよこ豆 150g(準備方法
全卵(小)1個
玉ねぎ 80g
グラナ・パダーノ DOP 50 g(代用:パルメザン)
パン粉 25g
塩・胡椒適量
種子油適量(揚げ油)
サラダ用
レタス 180g
ソンジーノ(バレリアン)65g(代用:サラダミックス等)
トマト3個
プロヴォローネ180g(代用:モッツァレラ)
マンゴー 350g
アーモンドフレーク 30g(代用:ナッツ類)
ドレッシング用
マスタード 50g
オリーブオイル(EVO)20g
レモン汁 30g
塩適量

1人分:約590カロリー


ポルペッテ入りサラダ調理工程(約25分)

STEP1 食材一覧のリンク先に記載ひよこ豆の準備方法に従うか、ひよこ豆を12時間水に浸して置きます。

玉ねぎを洗い、細かくカットして大きなボウルにいれます。追って全卵、グラナ、パン粉、塩、胡椒、水を切ったひよこ豆を加えてブレンダーで混合してから種を作ります。

直径2センチ程度(約15g)の大きさに丸めてポルペッテの元を作ったら冷蔵庫で1時間ほど置いて固めるのが理想です。
ポルペッテ入りサラダ【ポルペッテ・イン・サラタ】の調理工程1
STEP2 次にマスターとレモン汁、塩を加えてドレッシングを作っておき、スライスアーモンドをフライパンで煎って小麦色に焼いておきます。

レタス、ソンジーノ、トマトを洗い、一口大にカットして大きなボウルに入れます。

プロヴォローネは立方体、マンゴー(今回は缶詰)も同様にカットして加え、ドレッシングと共に全体を混ぜ合わせます。
ポルペッテ入りサラダ【ポルペッテ・イン・サラタ】の調理工程2
STEP3 種子油を加熱し(170℃)、パン粉をまぶしたポルペッテを入れて薄い小麦色に上げたら引き上げてよく油を切ります。

皿にサラダを盛り付け、ポルペッテを添えたら完成です。
ポルペッテ入りサラダ【ポルペッテ・イン・サラタ】の調理工程3

ポルペッテ入りサラダの調理ポイント

ひよこ豆のポルペッテとサラダをそれぞれ作り添えるという感じで分解すれば非常にシンプルで簡単調理です。

しかし、非常に満足度が高い、美味しい夏のメイン料理が完成しますよ!


ポルペッテ入りサラダについてマスターの言及


ポルペッテ入りサラダを評価する
記事内食材解説・補足
アーモンド[mandorla]読み方:マンドラッ
グラナ[grana]イタリアは北部、ポー川流域で牛乳を原料とし生産されるハードチーズ。グラナ・パダーノが有名です。 熟成期間は最低9カ月最長2年でパルミジャーノ・レッジャーノに比べて熟成期間が短い分、価格が安価と言われて ... [詳細解説へ]
読み方:グラナ
分類:チーズ
代用品:パルミジャーノ
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
バレリアン[valeriana locusta]ソンジーノ[Songino]の名で知られており、シチリアではソンジーノと呼ばれることが主だそうです。和名は、セイヨウカノコソウといいます。原産地は、イタリアの主要な島々、シチリア島とサルデーニャ島と言 ... [詳細解説へ]
読み方:ヴァレリアーナ・ロクスタ
パン粉[pangrattato]通常は、固いパンをオリーブオイルで炒め、からからになる迄煎ることが多いです。 イワシのシチリア風パスタにトッピングするのが定番のシチリアの調味料(マディカ・アトゥラータ|Muddica Atturra ... [詳細解説へ]
読み方:パンガラッタート
ひよこ豆[ceci]歴史上、最古の記録としてヒヨコマメが登場するのは7500年前、アナトリア半島(現トルコ領)のハジュラルと言われています。 乾燥豆から下茹でした場合の重量変化は220%と言われています。 乾燥ひよこ豆の ... [詳細解説へ]
読み方:チェーチ
プロヴォローネ[provolone]原料は牛乳。イタリアの北部パダーナ高原などで生産されるセミ・ハードタイプのチーズのひとつ。プロヴォローネ・ヴァルパダーナは1996年にDOP認定されています。 子牛のレンネットを使用する柔らかい風味の ... [詳細解説へ]
読み方:プロヴォローネ
分類:チーズ
代用品:カチョカヴァッロ|チェダー
マスタード[senape]読み方:セーナペ
マンゴー[mango]原産地はインドからインドシナ半島周辺と推定されていて、熟した実を中心にある種に沿って切り、生のまま食用にするのが一般的です。 日本のマンゴーは、通常完熟する前に収穫されているため、追熟と呼ばれる経過を ... [詳細解説へ]
読み方:マンゴ
分類:果実
レタス[lattuga]読み方:ラットゥーガ
レモン[limone]読み方:リモーネ
分類:柑橘類
全卵[uovo intero]読み方:ウォヴォ・インテーロ
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ポルペッテ"

リコッタポルペッテのソース添え

Polpette di ricotta col sugo(ポルペッテ・ディ・リコッタ・コル・スーゴ)古代カラブリアのレシピに基づいた、リコッタポルペッテのソース添えです。 カラブリア地方では、羊の牧場に使用される豊かな土地があり、牛と羊の両方から新鮮 …

ブロッコリーとじゃがいものポルペッテ

Polpette di broccoli e patate(ポルペッテ・ディ・ブロッコリ・エ・パタテ)ブロッコリーとじゃがいものポルペッテは、フィンガーフードの前菜(アンティパスト)としてもベジタリアンの2番目のコース(セコンド)として提供できる品で …

セロリのポルペッテ

Polpette di sedano(ポルペッテ・ディ・セダノ)イタリア料理ではニンジン、セロリ、タマネギを非常によく使い、この香味野菜らは主にソテーして様々な料理で使用します。 この三種類の野菜は、ある種特別の素材といえ不可欠です。 ポルペッテは日 …

ニラのポルペッテ

Polpette di porro cinese(ポルペッテ・ディ・ポッロ・チネーゼ)ニラは、中国原産で欧米では栽培されていないそうで東洋を代表する野菜の一つといってもよいようです。 肉との相性も非常によく日本では餃子の具にしたり炒め物、煮物、鍋にも …

たけのこのポルペッテ

Polpette di germogli di bambù(ポルペッテ・ディ・ジェルモギリ・ディ・バンブー)タケノコ(筍)を具材としたポルペッテ(だんご)ですが、たけのこは東アジアで食べられる食材なのでイタリアの郷土料理にはでてこない食材です。 今回 …

ほうれん草のポルペッテ

Polpette di spinaci(ポルペッテ・ディ・スピナーチ)ポルペッテは本来肉団子、ミートボールのことを指しますが、ほうれん草のポルペッテは、肉は入っておらず、ほうれん草とグラナ・パダーノ、パン粉、卵で団子を形成した、非常に美味しい料理です …

農家のポルペッテ

Polpette del fattore(ポルペッテ・デル・ファットーレ)羊肉の肉団子(ポルペッテ)料理です。アブルッツォ国立公園内にあるペスカッセローリの典型的な伝統料理です。この村は何世紀にもわたって羊の繁殖と貿易が営まれてきたのだそうです。 農 …

ポルペッテのソース添え

Polpette al sugo(ポルペッテ・アル・スーゴ)ポルペッテ(Polpette)とは、イタリア語で「団子(だんご)」の意味です。今回は牛ひき肉とサルシッチャで作った肉団子、ミートボールのトマトソース添えです。 このポルペッテのソース添えは最 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato