リコッタポルペッテのソース添え

リコッタポルペッテのソース添え【ポルペッテ・ディ・リコッタ・コル・スーゴ】

Polpette di ricotta col sugoポルペッテ・ディ・リコッタ・コル・スーゴ

古代カラブリアのレシピに基づいた、リコッタポルペッテのソース添えです。

カラブリア地方では、羊の牧場に使用される豊かな土地があり、牛と羊の両方から新鮮な地元産の素晴らしいリコッタチーズを今でも簡単に見つけることができるのだそうです。

今回の主としたレシピは、日本でも手に入りやすい牛のリコッタを使用しており、この牛のリコッタを使用するレシピが伝統レシピだそうです。

現地では羊のリコッタを使ったパリエーションもあってとても美味しいとの事ですので、そちらが手に入った場合に備えて補足をいれてあります。

肉のポルペッテのソース添えは、誰もが認める絶品ですが、この肉の代わりをリコッタが担います

ポルペッテのソース添え



肉の代わりにリコッタチーズを使用するこの2番目のコース(セコンド)は、伝統的な農民料理に由来しており、非常にシンプルな材料で作られていますが、素晴らしい風味と本物の味を備えています。

トマトソースに漬け込むとさらに柔らかくなり、栄養価の高いこのリコッタポルペッテのソース添えは、ベジタリアンメニューに最適です。


リコッタポルペッテのソース添え材料4人分

牛のリコッタ 350g(代用:羊のリコッタ)
パルミジャーノ100g(羊リコッタの場合は40gとペコリーノ60g)
全卵 2個(中サイズ)
ニンニク1/2欠片
古くなったパン 140 g(代用:パン粉)
イタリアンパセリ1枝(代用:バジルの葉10枚)
塩・黒胡椒適量
ソース用
トマトピューレ 750g(作り方
ニンニク 1欠片
バジル適量
オリーブオイル適量
塩・黒胡椒適量

1人分:約522カロリー


リコッタポルペッテのソース添え調理工程(約50分)

STEP1 リコッタからホエーをできるだけ排出しておきたいので、細いメッシュのザルに入れて冷蔵庫で少なくとも数時間、できれば一晩かけて水気を切っておきます。

次に、パンの耳を取り除き、ミキサーで細かく刻みパン粉にし大きなボウルに入れます。

リコッタを取り出し、水気をよく切ったリコッタを加えます。

砕いたニンニクの半分をみじん切りにして加え、卵、すりおろしたパルミジャーノ(羊リコッタを使用している場合はペコリーノも)を加えます7。

最後にイタリアンパセリ、塩と胡椒を加えます。
リコッタポルペッテのソース添え【ポルペッテ・ディ・リコッタ・コル・スーゴ】の調理工程1
STEP2 すべての材料をフォークで柔らかい混合物になるまでよく捏ねます。

次に手のひらに少量のオリーブオイルを塗り生地の一部をとり、それぞれ約30g(直系2.5cm程度)の小さなボール型に形成して確保しておきます。
リコッタポルペッテのソース添え【ポルペッテ・ディ・リコッタ・コル・スーゴ】の調理工程2
STEP3 ソースの準備に進みます。今回の画像の調理では、チェリートマトから作ったピューレを使用しています。

フライパンにオリーブオイルを加えて加熱し、軽くつぶしたニンニクを入れて炒めます。

次にピューレと塩、バジルを加えて加熱し、味をつけていきます。
リコッタポルペッテのソース添え【ポルペッテ・ディ・リコッタ・コル・スーゴ】の調理工程3
STEP4 ニンニクを取り出して、ポルペッテの元を均一に並べていきます。

そして弱火で10分ほどかけて全体に均一になるように煮こんでいきます。
リコッタポルペッテのソース添え【ポルペッテ・ディ・リコッタ・コル・スーゴ】の調理工程4
STEP5 最後に塩味を確認して仕上げです。

皿に盛り付けて仕上げ用のバジルを散らしたら完成です。
リコッタポルペッテのソース添え【ポルペッテ・ディ・リコッタ・コル・スーゴ】の調理工程5

リコッタポルペッテのソース添えの調理ポイント

食材をこねて丸めて、トマトピューレで煮込むだけの簡単料理です。

リコッタの水分(ホエー)をできれば前日からよく切っておくことが綺麗で型崩れしないポルペッテを作りやすくするポイントです。

とても美味しいですよ!


リコッタポルペッテのソース添えについてマスターの言及


リコッタポルペッテのソース添えを評価する
記事内食材解説・補足
イタリアンパセリ[prezzemolo]香味野菜として使います。すり潰した葉や細かく刻んだ葉を料理のソースやドレッシングなどに利用したり、茎や葉を煮込み入れたり、そのままちぎってパスタなどの料理に添えられたりします。肉や魚の臭い消し、ビネガ ... [詳細解説へ]
読み方:プレッツェモロ
分類:香草
代用品:バジル|三つ葉|セロリの葉
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
バジル[basilico]読み方:バジリコ
分類:香草
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ
パン粉[pangrattato]通常は、固いパンをオリーブオイルで炒め、からからになる迄煎ることが多いです。 イワシのシチリア風パスタにトッピングするのが定番のシチリアの調味料(マディカ・アトゥラータ|Muddica Atturra ... [詳細解説へ]
読み方:パンガラッタート
リコッタ[ricotta]南イタリアで作られる乳製品。南イタリアで作られる乳製品ですがカゼイン凝固由来ではないため法令上チーズではありません。 元々は羊乳を原料とするチーズを作った時に出たホエーを使っていたので、イタリアでは羊 ... [詳細解説へ]
読み方:リコッタ
分類:チーズ
代用品:カッテージ
全卵[uovo intero]読み方:ウォヴォ・インテーロ
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "リコッタ"

リコッタとズッキーニの冷製パスタ

Pasta fredda con ricotta e zucchine(パスタ・フレッダ・コン・リコッタ・エ・ズッキーネ)ズッキーニのパスタは既に紹介していますが、このリコッタとズッキーニの冷製パスタはさらに熱い夏にぴったりのレシピです。 ズッキーニ …

リコッタとトマトの冷製パスタ

Pasta fredda ricotta e pomodoro(パスタ・フレッダ・リコッタ・エ・ポモドーロ)リコッタとトマトの冷製パスタは、夏にぴったりの簡単でおいしい料理です。 リコッタのパスタと言えば、パスタとリコッタがまず頭に浮かびますが、夏の …

パスタと豆のリコッタ和え

Pasta e fagioli con ricotta(パスタ・エ・ファジョリ・コン・リコッタ)美味しくてそれほど手の込んだものではない最初のコース(プリモ)、たんぱく質と食材の美味しいエキスを全て味わえる豆のパスタの料理でありミネストラとも言える料 …

パスタとリコッタ

Pasta e ricotta(パスタ・エ・リコッタ)リコッタが手に入ったときに一番最初に候補になるのがこの料理。 リコッタと合わせるのは、パルミジャーノ・レッジャーノ(代用:パルメザンチーズ)とタイムで風味と新鮮さを加え、少量の生クリームで味を調え …

ノルチャ風パスタ

Pasta alla norcina(パスタ・アッラ・ノルチーナ)ノルチャとは、ウンブリア州ペルージャ県にあるコムーネです。 この地域は黒トリュフやプロシュット(生ハム)やサルシッチャのような豚肉の加工と塩漬け肉の生産が有名な地域で、このノルチャ風の …

シチリア風ペスト添えパスタ

Pasta con pesto alla siciliana(パスタ・コン・ペスト・アッラ・シチリアナ)古典的なバジルのペスト[Pesto di basilico]に飽きてしまった時、このシチリアのペストがおすすめです。 これまで、パセリや蕪、ルッコ …

自家製モッツァレラチーズ

Mozzarella fatta in casa(モッツァレラ・ファッタ・イン・カーザ)モッツァレラとは、柔らかく新鮮な伸ばされたカードチーズ(パスタ・フィラータ)[Formaggi a pasta filata/フォルマッジ・ア・パスタ・フィラータ …

トラーパニ風ペストのパスタ

Pasta con pesto alla trapanese(パスタ・コン・ペスト・アッラ・トラパネーゼ)トラーパニ風ペストのパスタは、シチリアの美食の伝統の一部であるペスト、トラーパニ風ペスト[Pesto alla trapanese]で味付けされ …

アリオーネのピチ

Pici all'aglione(ピチ・アッラーリオーネ)アリオーネ入りピチか、大きなニンニクのピチパスタと表記すべきか考えましたが、アリオーネという大きなニンニクの品種をしっかり明記したいと考えたため、「アリーネのピチ」とタイトルにしました。 WE …

ニューディ/グヌーディ

Gnudi(ニューディ)発音をカナ表記すると「ニューディ」ですが、日本語検索ではでてこず、ローマ字読みの「グヌーディ」だけで表示され、翻訳でもそうなので言及しておきます(以下、ニューディで表記)。 ニューディは、トスカーナ料理の典型的な素朴でシ &h …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato