アスパラガスのボルツァーノ風ソース添え

 
アスパラガスのボルツァーノ風ソース添え【アスパラジ・コン・サルサ・ボルツァニーナ】

Asparagi con salsa bolzaninaアスパラジ・コン・サルサ・ボルツァニーナ

アスパラガスのボルザニーナソース添えは、非常にシンプルな方法で調理しても、魚や肉のメインコースにぴったりのおいしい付け合わせです。

アスパラガスのことは知っていても、ボルツァーノ風ソースの作り方を知っている人はいないかもしれません。

ボルツァーノ風ソース



名前自体が示すように、トレンティノ=アルト・アディジェ自治州の北部の都市発祥です。

ホワイト・アスパラガスで本来作られるものですが、日本では新鮮なホワイト・アスパラガス供給量が少ないのか中々見かけないので、グリーン・アスパラで代用するとよいと思います。

日本においてはアスパラガスはあまり食べられないせいなのか、非常に高く、想定されている可食量もかなり少なく見積もられているようですので食する機会が中々ないかもしれません。

尚、ホワイト・アスパラガスは南から2月頃から出荷が始まり、東日本・北海道での旬は5~6月頃。

ソースそのものでも非常に美味しく、肉や魚料理に添えたり、クロスティーニやブルスケッタの具材としての使う事もできますので、用途は多彩です。


アスパラガスのボルツァーノ風ソース添え材料2人分

ホワイト・アスパラガス 500g(14~15本|代用:グリーン)
白ワイン 大匙1
バター10g
塩適量
ボルツァーノ風ソース適量(作り方

1人分:約128カロリー


アスパラガスのボルツァーノ風ソース添え調理工程(約30分)

STEP1 アスパラガスは皮をむき、端の固い部分を切ります。1%の塩水にバターと白ワインを入れ、アスパラガスを加えます。

アスパラガスの太さにもよりますが、最長20分ほど煮ます。
アスパラガスのボルツァーノ風ソース添え【アスパラジ・コン・サルサ・ボルツァニーナ】の調理工程1
STEP2 煮終わったら、皿に盛り付けてボルツァーノ風ソースを添えて完成です。
アスパラガスのボルツァーノ風ソース添え【アスパラジ・コン・サルサ・ボルツァニーナ】の調理工程2

アスパラガスのボルツァーノ風ソース添えの調理ポイント

皮をむいて茹でるだけという簡単調理です。

たったそれだけで驚くほど美味しい品ですよ!


アスパラガスのボルツァーノ風ソース添えについてマスターの言及

言及1

記事内食材解説・補足
アスパラガス[asparago]原産地はヨーロッパ地中海沿岸で、ローマ時代の紀元前2000年ごろには栽培されていた記録があるそうです。 ホワイトアスパラガスは、グリーンアスパラガスのものよりも甘味が強いとされています。
読み方:アスパーラゴ
バター[burro]読み方:ブーロ
ワイン[vino]読み方:ビーノ
分類:果実酒

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "アスパラガス"

アスパラガスのパスタ

Pasta agli asparagi(パスタ・アリ・アスパラジ)アスパラガスのパスタは繊細な最初のコース(プリモ)で本格的な美味でありながら簡単に調理できます。 春の代表的な野菜であるアスパラガスがレシピの主役です。 繊細で洗練された味わいを隠さな …

ミモザリゾット

Risotto mimosa(リゾット・ミモーザ)ミモザのリゾットの名前は、このレシピで使用される主な材料の 1 つであるゆで卵の黄身を使ってミモザの花を表現していることに由来しています。 その名前と色から、ミモザ・リゾットは3月8日の女性の日(国際 …

ボルツァーノ風ソース

Salsa bolzanina(サルサ・ボルツァニーナ)州都にトレントを戴く、トレンティーノ=アルト・アディジェ自治州のボルツァーノ発祥の有名なソースで、ボルザニーナソース、ボルツァーノソースと表記されることもあります。 当サイトでは、意味合いを考え …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato