蕪と豆

蕪と豆【ラペ・エ・ファジョーリ】

Rape e fagioliラペ・エ・ファジョーリ

カブの葉と豆というコントルノを以前紹介しましたが、今回のレシピは、蕪の実を使います。

カブの葉と豆



通常は乾燥豆はボルロッティ豆(うずら豆)を使用しますが、前日から下準備が必要なので(下処理はこちら)、今回は下処理がいらない大豆、つまり枝豆を使用して20分ほどで調理を完了させています。

コスト面や確実な美味しさをえるため、本来は乾燥豆から調理することを推奨しますが、生豆や缶詰は、即座に使えて時間短縮非常に便利です。

乾燥豆を使用する本来のレシピと比べると、前日からの豆を水につけておく(約8時間)、豆を茹でる時間(約1時間)を短縮できます。


蕪と豆材料3人分

カブ 1kg(使用する実は300g前後)
乾燥豆(うずら豆) 200g(代用:他の豆)
ニンニク 1片
唐辛子1/2本(又は小1本)
オリーブオイル大匙2.5
塩適量

1人分:約307カロリー


蕪と豆調理工程(約80分)

STEP1 豆を冷水に一晩浸します。豆をたっぷりの水で1時間茹で、火が通ったら塩を加えます。この下処理の方法は、上部記載のボルロッティ豆、大豆のリンク先にある下処理方法をご参照下さい。

カブをよく洗い、最も丈夫で食せない繊維部分を取り除き、葉と実に分け、実を使用するため、適度な大きさにカットします(葉は別料理で使用しましょう)。

1%の塩を加えた湯を沸かし10分間茹でます。生豆や缶詰豆を使用する場合、一緒に塩茹でして下味をつけます。
蕪と豆【ラペ・エ・ファジョーリ】の調理工程1
STEP2 推奨は陶器鍋、なければ普通の鍋にオリーブオイルを加えて加熱し、軽くつぶしたニンニクと唐辛子を投下します。

ニンニクが黄金色になったらすぐにニンニクを取り出します。
蕪と豆【ラペ・エ・ファジョーリ】の調理工程2
STEP3 次にカブとよく水を切った豆を加え、約10分間煮ます。

塩味を確認してちょうどよくしたら仕上げです。

皿に盛り付け、エキストラバージンオリーブオイルで風味付けして完成です。
蕪と豆【ラペ・エ・ファジョーリ】の調理工程3

蕪と豆の調理ポイント

豆全般に言えることですが、味付けは調理済みの段階、茹でが完了してから塩を加えるようにしましょう(硬くなってしまうため)。

今回は、生豆を使用した為、蕪の実と共に塩水で茹でて下味としました。

素朴な見た目ですが非常に美味しい料理ですよ!


蕪と豆についてマスターの言及

記事内食材解説・補足
カブ[rapa]蕪(かぶ)。イタリアでは、「カブ頭!(ばか者)」「カブほどの価値もない!(くだらないやつだ)」という表現があるように、カブは料理にほとんど使えないと言われてきた歴史があり、カブの果実部分を調理するレシ ... [詳細解説へ]
読み方:ラーパ
代用品:菜の花
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
唐辛子[peperoncino]読み方:ペペロンチーノ
分類:香辛料
大豆[soia]大豆は、20世紀初頭まで東アジアに限られた食用の作物だった為、通常、イタリア料理のレシピには登場しません。僕のオリジナルレシピ等で使用するケースがあります。 大豆の戻し方 まず水につけて8時間以上置い ... [詳細解説へ]
読み方:ソイヤ
分類:豆類
代用品:ひよこ豆|カネリーニ豆|ボルロッティ豆

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "蕪"

蕪のペストパスタ

Pasta al pesto di rapa(パスタ・アル・ペスト・ディ・ラパ)バジルのペストやイタリアンパセリのペストを始め、セロリ等美味しい食材の保存に役立ち、食事を豊かにしてくれるペストはパスタの薬味(ソース)やクロスティーニの具材などに利用で …

蕪のミルク添え

Rape al latte(ラペ・アル・ラッテ)カブを使った簡単ですぐにできるベジタリアンレシピ、蕪のミルク添えです。 カブの実を食べる習慣がある地域は限られているようで、その中でこのミルク添えは非常に目立つレシピです。 非常にシンプルに、カブ、牛乳 …

ルッコラのペスト

Pesto di rucola(ペスト・ディ・ルーコラ)ルッコラのペストは、温かい最初のコース(プリモ)にも冷たいパスタにも最適です。 ルッコラペストのリングイネ また、ルッコラのペストは、フォカッチャやクロスティーニの詰め物・具材としても使え、前菜 …

カブの葉のリゾット

Risotto alle cime di rapa(リゾット・アッレ・チーミ・ディ・ラパ)「Cime di rapa」は、直訳すると「蕪のてっぺん」となりますが、どうしても違和感があるので、当サイトでは「カブの葉」と意訳しています。 蕪(かぶ)の葉は …

ソーセージとカブの炒め物

Salsiccia e rape in padella(サルシッチャ・エ・ラペ・イン・パデッラ)ソーセージとカブの炒め物は、素朴なセコンド、白カブを味わうのに最適な料理です。蕪は、甘い風味がありますが、わずかにスパイシーな為、サルシッチャとの相性がよ …

カブの葉の炒め物

Cime di rapa in padella(チーミ・ディ・ラパ・イン・パデッラ)カブの葉の炒め物は、肉、魚、卵、チーズとの相性が抜群で、とても美味しくて簡単に作れる付け合わせ(コントルノ)です。 プーリア州特にバーリの名物料理と言われるカブの葉の …

ミックス野菜のオーブン焼き

Verdure miste al forno(ヴェルドゥーレ・ミステ・アル・フォルノ)ミックス野菜のオーブン焼きは、肉や魚のセコンドにぴったりの、手早く簡単な付け合わせ(コントルニ)です。 イタリアンは通常食材そのものを立てる調理なので、多くの食材を …

七草のリゾーニ(パスタ)

Risoni alle sette erbe[ricetta giapponesi](リゾーニ・アッレ・セッテーエルベ)日本の七草粥に使う七草を使い、お米型のパスタのリゾーニを使った一皿です。お米型のパスタはリゾーニかリーゾと総称として呼ぶケースが多 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシーと利用規約が適用されます。

Articolo correlato

Contorno

ルッコラの炒め物

Rucola in padella(ルーコラ・イン・パデッラ)このフライパンで焼いたルッコラのレシピは、とても美味しくて食欲をそそるおかずです。さらに、この方法で調理したルッコラはフォカッチャやブルスケッタの詰め物としても使えます。 ルッコラはイタリ …

Contorno

ビーツの豆添え

Barbabietola con fagioli(バルバビエトラ・コン・ファジョーリ)フダンソウ/スイスチャードの豆添え[Bietole con fagioli]として同様の調理が可能です。 ビーツの豆添えは、昨今ではあまり使われなくなったと言われる …

Primo Piatto

トゥリッドゥのスパゲッティ

Spaghetti alla Turiddu(スパゲッティ・アッラ・トゥリッドゥ)トゥリッドゥのスパゲッティは、シチリアを舞台にしたジョヴァンニ・ヴェルガ(作曲ピエトロ・マスカーニ)の『カヴァレリア・ルスティカーナ』[Cavalleria Rusti …

Primo Piatto

パスタと水菜

Pasta e mizuna(パスタ・エ・ミズナ)水菜のパスタ料理です。水菜はアブラナ科の植物で、別名でキョウナ(京菜)、ヒイラギナ(柊菜)、センスジナ(千筋菜)、センボンナ(千本菜)、センスジキョウナ(千筋京菜)、イトナ(糸菜)などの名があるそうで …

Secondo Piatto

セロリのポルペッテ

Polpette di sedano(ポルペッテ・ディ・セダノ)イタリア料理ではニンジン、セロリ、タマネギを非常によく使い、この香味野菜らは主にソテーして様々な料理で使用します。 この三種類の野菜は、ある種特別の素材といえ不可欠です。 ポルペッテは日 …

Secondo Piatto

悪魔風鶏肉/ディアボラ風チキン

Pollo alla diavola(ポッロ・アッラ・ディアヴォラ)日本における同名の料理はアレンジの結果なのか、錯誤によるものかは不明ですが別の料理、ジャパニーズイタリアンというべきものに変化しているようです。 この悪魔風鶏肉(ディアボラ風チキン) …

Secondo Piatto

メカジキのシチリア風

Pesce spada alla siciliana(ペェシェス・スパーダ・アッラ・シチリアーナ)シチリア風メカジキ(メカジキのシチリア風)は、シチリア料理の伝統的な魚・海鮮のセコンドです。 アクアパッツァに似た食材構成ですが、メカジキを使用する点や …

Contorno

インゲンの炒め物

Fagiolini saltati in padella(ファジョリーニ・サルターティ・イン・パデッラ)インゲンの炒め物は、肉、魚、さらにはベジタリアンの二番目のコース(セコンド)とに添えることができるコントルノです。 インゲンは火をしっかり通す必要 …

Piatto Unico

イタリアンパセリのペストソース

Pesto di prezzemolo(ペスト・ディ・プレッツェモロ)パセリのペストは、パスタの味付けに最適なクリーミーで繊細なソースで、軽くトーストしたパン、クロスティーニに塗るのに最適です。 また、パスタソースやリゾットにしたり、グリルや茹でた肉 …

Secondo Piatto

ニラのポルペッテ

Polpette di porro cinese(ポルペッテ・ディ・ポッロ・チネーゼ)ニラは、中国原産で欧米では栽培されていないそうで東洋を代表する野菜の一つといってもよいようです。 肉との相性も非常によく日本では餃子の具にしたり炒め物、煮物、鍋にも …