豆と大根の葉の炒め物

豆と大根の葉の炒め物【ファジョーリ・エ・フォーリ・ディ・ラバネッロ・サルターティ・イン・パデッラ】

Fagioli e foglie di ravanello saltati in padellaファジョーリ・エ・フォーリ・ディ・ラバネッロ・サルターティ・イン・パデッラ

大根の葉を主役とした簡単で早く美味しい付け合わせ(コントルノ)料理です。日本の大根の葉を使用していますからレシピは僕の考案です。

先日、豆入り大根のストゥファートを紹介しましたがそのトップ、大根の葉を使い炒め物にしています。

豆入り大根のストゥファート



大根は、アブラナ科の植物なので、蕪や菜の花と同じように葉を調理して食することができます。

葉っぱがしっかりついて販売されている際には是非活用したい品です。

大根の葉の繊維は、カブや菜の花に比べてかなり強い為、塩茹でをして十分に柔らかくしてから調理します。

柔らかく仕上げた豆と大根の葉の炒め物は非常に美味しく、クロスティーニを添えて食して頂くのがおすすめですよ!


豆と大根の葉の炒め物材料4人分

大根の葉600g
調理済み大豆400g(準備方法|代用:他豆)
ニンニク2欠片
唐辛子1本
オリーブオイル大匙4
塩適量

1人分:約246カロリー


豆と大根の葉の炒め物調理工程(約25分)

STEP1 食材欄リンクに記載の下処理方法に従い、大豆の下処理を行っておくか又は缶詰・真空パックの豆を用意します。

大根の葉を洗い、2.5cm幅程度にカットします。

1%の塩を加えた湯を沸かし、大根の葉を投下して10分間煮込みます。
豆と大根の葉の炒め物【ファジョーリ・エ・フォーリ・ディ・ラバネッロ・サルターティ・イン・パデッラ】の調理工程1
STEP2 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、スライスしたニンニクを投下します。

風味がオイルに移ったら、唐辛子を加えます。
豆と大根の葉の炒め物【ファジョーリ・エ・フォーリ・ディ・ラバネッロ・サルターティ・イン・パデッラ】の調理工程2
STEP3 大根の葉が柔らかくなっていることを確認し、湯をきりフライパンに移します。

全体に混ぜ合わせたら大豆を加えて数分間炒め煮込みます。
豆と大根の葉の炒め物【ファジョーリ・エ・フォーリ・ディ・ラバネッロ・サルターティ・イン・パデッラ】の調理工程3
STEP4 塩味をチェックし、野菜に含まれている水分が全て食材に吸収されたら仕上げです。

皿に盛り付けて完成です。

エキストラバージンオリーブオイルを垂らしてクロスティーニを添えて食してください!
豆と大根の葉の炒め物【ファジョーリ・エ・フォーリ・ディ・ラバネッロ・サルターティ・イン・パデッラ】の調理工程4

豆と大根の葉の炒め物の調理ポイント

大根の葉はかなり繊維が強いので、塩茹でをしてしっかりと柔らかくなっていることを確認すること!

そして具材に含まれる水分をしっかりと吸収させきることが美味しく仕上げるポイントです。


豆と大根の葉の炒め物についてマスターの言及

記事内食材解説・補足
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
レシピ考案[ho inventato la ricetta]これら料理のレシピを考案したのは僕です。
読み方:ホ・インベンタト・ラ・リチェッタ
唐辛子[peperoncino]読み方:ペペロンチーノ
分類:香辛料
大根[ravanelli]日本におけるラディッシュが大根にあたります。日本の大根は、「Ravanello bianco giapponese」ですが、特に指定しない場合は、互いに代用して大丈夫です。
読み方:ラヴァネーリ
大豆[soia]大豆は、20世紀初頭まで東アジアに限られた食用の作物だった為、通常、イタリア料理のレシピには登場しません。僕のオリジナルレシピ等で使用するケースがあります。 乾燥豆から下茹でした場合の重量変化は230 ... [詳細解説へ]
読み方:ソイヤ
分類:豆類
代用品:ひよこ豆|カネリーニ豆|ボルロッティ豆

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "大根"

大根とトマトのサラダ

Insalata di daikon e pomodori(インサラタ・ディ・ダイコン・エ・ポモドーリ)日本の大根を使用したサラダです。もちろん西洋大根(ラディッシュ)を使用して頂いても結構です。 大根を使用してその配分を気に掛けるレシピは見当たりま …

豆入り大根のストゥファート

Ravanello stufato con fagioli(ラヴァネッロ・ストゥファト・コン・ファジョーリ)日本の大根を食材に調理するため、レシピは僕の考案です。 イタリアでは大根というとラディッシュになりますが、根(食する部分)が小さいので、大量に …

大根クリーム

Crema di ravanelli(クレマ・ディ・ラヴァネッリ)大根クリームは珍しいですがおいしいプリモです。実際には、軽いビロードのようなスープで、単独で、クロスティーニと一緒に楽しめます。 イタリアを含む西洋での大根はラディッシュのことを言い、 …

ラディッシュのパスタ

Pasta con i ravanelli(パスタ・コン・ニ・ラヴァネッリ)ラディッシュは、地中海地域におけるいわゆる大根です。 イタリア料理では、日本の大根[Ravanello giapponese,Daikon]は、通常使用されませんので僕は大根 …

ミックス野菜のオーブン焼き

Verdure miste al forno(ヴェルドゥーレ・ミステ・アル・フォルノ)ミックス野菜のオーブン焼きは、肉や魚のセコンドにぴったりの、手早く簡単な付け合わせ(コントルニ)です。 イタリアンは通常食材そのものを立てる調理なので、多くの食材を …

ポテトと生ダイコン

Patate e ravanelli crudi(パターテ・エ・ラヴァネリ・クルーディ)ポテトはホクホクではないですが、ある程度火を入れます。ジャガイモと大根を組み合わせて、特別と呼ぶべきユニークなサラダを作ります。 本来はジャガイモだけですが、今回 …

ローストラディッシュ

Ravanelli Arrosto(ラヴァネーリ・アロースト)焼き大根です。西洋における大根はラディッシュなので、まさにラディッシュでも同じレシピで調理下さい。 ローストラディッシュは、少ない材料で簡単に素早く準備できる、おいしいベジタリアンの付け合 …

七草のリゾーニ(パスタ)

Risoni alle sette erbe[ricetta giapponesi](リゾーニ・アッレ・セッテーエルベ)日本の七草粥に使う七草を使い、お米型のパスタのリゾーニを使った一皿です。お米型のパスタはリゾーニかリーゾと総称として呼ぶケースが多 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato