大豆は、20世紀初頭まで東アジアに限られた食用の作物だった為、通常、イタリア料理のレシピには登場しません。僕のオリジナルレシピ等で使用するケースがあります。

大豆の戻し方
まず水につけて8時間以上置いておきます。使用する前日よるに浸しておくのがよいでしょう。

次に茹でます。最初にアクがでてくるので取り除きます。30~50程度ゆで上げて準備完了です。

30分は沸騰させてその後弱火で15分くらい、柔らかくなればOK

読み方・分類・代用品読み方:ソイヤ
分類:豆類
代用品:ひよこ豆|カネリーニ豆|ボルロッティ豆

Contorno

ビーツの豆添え

Barbabietola con fagioli(バルバビエトラ・コン・ファジョーリ)フダンソウ/スイスチャードの豆添え[Bietole con fagioli]として同様の調理が可能です。 ビーツの豆添えは、昨今ではあまり使われなくなったと言われる …

Contorno

蕪と豆

Rape e fagioli(ラペ・エ・ファジョーリ)カブの葉と豆というコントルノを以前紹介しましたが、今回のレシピは、蕪の実を使います。 カブの葉と豆 通常は乾燥豆はボルロッティ豆(うずら豆)を使用しますが、前日から下準備が必要なので(下処理はこち …

Primo Piatto

豆入りパンコット

Pancotto con i fagioli(パンコット・コン・イ・ファジョーリ)豆入りパンコットは農民発祥のボリュームたっぷりの料理で、古くなったパンとボルロッティ豆をベースにしたクリーミーでボリュームのあるスープです。 非常にシンプルな方法で調理 …

Primo Piatto

豆とジャガイモのスープ

Zuppa di fagioli e patate(ズッパ・ディ・ファジョーリ・エ・パターテ)イタリア料理における豆は、パスタや米のような位置づけ的使い方をします。 今回は、豆とジャガイモのスープです。パスタとジャガイモを連想する一皿ですが、パスタと …

Primo Piatto

パスタと大豆

Pasta e soia(パスタ・エ・ソイヤ)パスタと大豆は久しぶりに僕のレシピ考案です。 大豆は東アジアが原産とされており、日本への流入も非常に早く、縄文時代から存在したと考えられる記載が古事記にあるそうです。 一方で大豆は、20世紀初頭まで東アジ …