ソーセージとカブの炒め物

 
ソーセージとカブの炒め物【サルシッチャ・エ・ラペ・イン・パデッラ】

Salsiccia e rape in padellaサルシッチャ・エ・ラペ・イン・パデッラ

ソーセージとカブの炒め物は、素朴なセコンド、白カブを味わうのに最適な料理です。蕪は、甘い風味がありますが、わずかにスパイシーな為、サルシッチャとの相性がよい野菜と言えます。

蕪の実の部分を食する地域は限られているようであまり豊富ではないようですが、北イタリアの伝統的な料理の主役になることがあります。

トレンティーノ風カブ



日本人的には、実こそ主役感があるので、当サイトでは積極的に実を使用するレシピを取り入れています。

蕪のミルク添え



イタリアにおいては、どちらかというとカブの葉(cime di rapa)のレシピが目立ちます(カブの葉のオレッキエッテカブの葉の炒め物)。


ソーセージとカブの炒め物材料4人分

サルシッチャ(ソーセージ) 400g
葉付きカブ 4個
ニンニク 1片
ローズマリー 1枝
塩・黒胡椒適量

1人分:約293カロリー


ソーセージとカブの炒め物調理工程(約40分)

STEP1 テフロン加工のフライパンにローズマリーを入れ、サルシッチャを炒め、ある程度火が通ったら小さく切り、ニンニクを加え、調味料は、加えずにサルシッチャを加熱、油を出しながら炒めていきます。
ソーセージとカブの炒め物【サルシッチャ・エ・ラペ・イン・パデッラ】の調理工程1
STEP2 その間にカブを葉ごと洗い、乾かします。カブは葉を残して非常に硬い茎部分は取り除き、中程度の厚さに切ります。

サルシッチャをフライパンから一旦取り出し、スライスしたカブを葉と一緒にサルシッチャで出した油を利用して炒めていきます。

塩、胡椒を適量加えると水分が浮いてくるので、蓋をして30分ほど弱火で煮ます。
ソーセージとカブの炒め物【サルシッチャ・エ・ラペ・イン・パデッラ】の調理工程2
STEP3 煮込みが終わった際、カブが少し水っぽい場合は、蓋を外して水分を飛ばします。

サルシッチャを加え、さらに数分間炒めて塩味をチェック、すべてに味を馴染ませたら仕上げです。

皿に盛り付け、お好みで胡椒をさらにふりかけて完成です。
ソーセージとカブの炒め物【サルシッチャ・エ・ラペ・イン・パデッラ】の調理工程3

ソーセージとカブの炒め物の調理ポイント

油を使わずにサルシッチャを炒めて油を出して活用する調理は比較的多く取られる方法です。

蕪を煮こむ際は弱火でじっくり、美味しく仕上がりますよ!


ソーセージとカブの炒め物についてマスターの言及

言及1

記事内食材解説・補足
カブ[rapa]蕪(かぶ)。イタリアでは、「カブ頭!(ばか者)」「カブほどの価値もない!(くだらないやつだ)」という表現があるように、カブは料理にほとんど使えないと言われてきた歴史があり、カブの果実部分を調理するレシ ... [詳細解説へ]
読み方:ラーパ
代用品:菜の花
ソーセージ[salsiccia]生ソーセージです。
読み方:サルシッチャ
代用品:豚挽肉
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
ローズマリー[rosmarino]強い香りが特徴のハーブ。羊肉、豚肉、イワシやサバなどクセの強い素材の臭み消しに役立つ一方、素材の風味づけにも使います。トマト、ニンニクなどとも相性が良いです。
読み方:ロズマリーノ
分類:香草
代用品:タイム|バジル|オレガノ|セージ|ローリエ
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "カブ"

カブの葉のリゾット

Risotto alle cime di rapa(リゾット・アッレ・チーミ・ディ・ラパ)「Cime di rapa」は、直訳すると「蕪のてっぺん」となりますが、どうしても違和感があるので、当サイトでは「カブの葉」と意訳しています。 蕪(かぶ)の葉は …

カブの葉と豆

Cime di rapa in padella con fagioli(チーミ・ディ・ラパ・エ・ファジョーリ)カブの葉の豆炒め(Cime di rapa in padella con fagioli)としてもよいでしょう。カブの葉(Cime di r …

カブの葉の炒め物

Cime di rapa in padella(チーミ・ディ・ラパ・イン・パデッラ)カブの葉の炒め物は、肉、魚、卵、チーズとの相性が抜群で、とても美味しくて簡単に作れる付け合わせ(コントルノ)です。 プーリア州特にバーリの名物料理と言われるカブの葉の …

カブの葉のオレッキエッテ

Orecchiette con le cime di rapa(オレッキエッテ・コン・レ・チーミ・ディ・ラーパ)オレッキエッテ・パスタは「レッキテッレ(Recchitelle)」または「ストラスチナーティ(Strascinati)」とも呼ばれ、カブの …

トレンティーノ風カブ

Rape alla trentina(ラベ・アッラ・トレンティーナ)トレンティーノ風カブは、トレンティーノの住民が誇る典型的なコントルノ(付け合わせ)であり、前菜(アンティパスト)です。 ベーコンが入っているのにこのトレンティーノ風カブは、前菜として …

カプレーゼ・サラダ

Insalata caprese(インサラータ・カプレーゼ)カプレーゼサラダは、トマト、モッツァレラ、オリーブ オイル、オレガノ、バジルをベースにした 典型的なナポリ・カンパニア州の前菜(アンティパスト)です。 巧みに食材を組み合わせて、5 分で美味 …

パスタと水菜

Pasta e mizuna(パスタ・エ・ミズナ)水菜のパスタ料理です。水菜はアブラナ科の植物で、別名でキョウナ(京菜)、ヒイラギナ(柊菜)、センスジナ(千筋菜)、センボンナ(千本菜)、センスジキョウナ(千筋京菜)、イトナ(糸菜)などの名があるそうで …

蕪と豆

Rape e fagioli(ラペ・エ・ファジョーリ)カブの葉と豆というコントルノを以前紹介しましたが、今回のレシピは、蕪の実を使います。 カブの葉と豆 通常は乾燥豆はボルロッティ豆(うずら豆)を使用しますが、前日から下準備が必要なので(下処理はこち …

キャベツときのこの炒め物

Spadellata cavolo cappuccio e funghi(スパデラタ・カヴォロ・カプーチョ・エ・フンギ)キャベツ(cavolo cappuccio)ときのこの組み合わせは、あまりイタリアでは組み合わせないようでレシピをほとんど見かけま …

キャベツのフリット

Frittelle di cavolo cappuccio(フリッテッリ・ディ・カヴォロ・カプーチョ)キャベツのフリットは、とても簡単に準備できる、美味しくてカリカリとした前菜(アンティパスト)です。 フリット(Frittelle)とは、イタリア語で …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato