チェリートマト添えサンドビーンズ

 
チェリートマト添えサンドビーンズ【ファジョリニ・サッビオシ・コン・ポモドリニ】

Fagiolini sabbiosi con pomodoriniファジョリニ・サッビオシ・コン・ポモドリニ

オレガノとパルミジャーノをたっぷり加えたパン粉で味付けしたチェリートマト添えのサヤインゲンです。

パンを粉にしてチーズや香草・香辛料と共に混ぜて作る調味料というとシチリアのムディカータ(ムディカ・アトゥラータ|Muddica Atturrata)が思う浮かべられます。

パン粉入りパスタ



チェリートマト添えサンドビーンズのサンド(砂)とは、このパン粉の調味料のことを指しています。

オレガノとパルミジャーノをたっぷり加えたパン粉で味付けするさやいんげんとチェリートマトの炒め物の美味しさはまさに絶品です。

どうしてこれほど美味しいのか、不思議でしょうがないと感じるかもしれません。

この付け合わせ(コントルノ)は、肉にも魚料理にも合わせることができる簡単でおいしい料理ですよ!


チェリートマト添えサンドビーンズ材料4人分

さやいんげん 500g
チェリートマト 100g
パン粉120g(推奨はパンのすりおろし)
パルミジャーノ・レッジャーノ DOP 大匙2(代用:パルメザン)
乾燥オレガノ 小さじ1
オリーブオイル大匙2
塩適量

1人分:約190カロリー


チェリートマト添えサンドビーンズ調理工程(約30分)

STEP1 サヤインゲンの上下を取り除いて流水ですすぎます。

1%の塩を加えた湯を沸かし、サヤインゲンを15分茹でます。

その間にチェリートマトを洗って4等分に切っておきます。
チェリートマト添えサンドビーンズ【ファジョリニ・サッビオシ・コン・ポモドリニ】の調理工程1
STEP2 パンを小さな立方体に切りミキサーに入れてパン粉にします。

すりおろしたオレガノすりおろしたパルミジャーノを加え更に数秒間ミキシングして確保しておきます。
チェリートマト添えサンドビーンズ【ファジョリニ・サッビオシ・コン・ポモドリニ】の調理工程2
STEP3 茹で上がったサヤインゲンの水気をよく切っておきます。

そしてオリーブオイルを引いたフライパンに入れて炒めます。
チェリートマト添えサンドビーンズ【ファジョリニ・サッビオシ・コン・ポモドリニ】の調理工程3
STEP4 次にチェリートマトと塩を振ります。

食材の水分を使い炒め煮込むようにして約7分間調理します。
チェリートマト添えサンドビーンズ【ファジョリニ・サッビオシ・コン・ポモドリニ】の調理工程4
STEP5 次にパンの調味料(混合物)を加え、木のスプーンですべてをよく混ぜ塩加減をチェックして炒めます。
チェリートマト添えサンドビーンズ【ファジョリニ・サッビオシ・コン・ポモドリニ】の調理工程5
STEP6 パン粉が黄金・きつね色になったら火を止めて仕上げです。

皿に盛り付けて完成です。
チェリートマト添えサンドビーンズ【ファジョリニ・サッビオシ・コン・ポモドリニ】の調理工程6

チェリートマト添えサンドビーンズの調理ポイント

パンの混合物を作りこれをまぶすのが絶品に仕上げるポイントです。

調理そのものは難しい要素がなく、簡単です。

ただひたすらに美味しいです。


チェリートマト添えサンドビーンズについてマスターの言及


チェリートマト添えサンドビーンズを評価する
記事内食材解説・補足
DOP[dop]イタリアのD.O.P.(⼜はDPO表記、Denominazione di Origine Protetta)はEU法に準拠したイタリア国内の原産地名称保護制度です。 EU圏では「原産地呼称保護」(PD ... [詳細解説へ]
読み方:ディー・オー・ピー
分類:保護
インゲン[fagiolini]インゲンマメは、若いサヤがついたいわゆるサヤインゲンをよく使用します。濃厚なうまみを持ち栄養価も高い優秀な食用種として知られ、原産地である中南米以外でも世界的に利用されている。マメ類では最も生産量が多 ... [詳細解説へ]
読み方:ファジョリーニ
分類:豆
代用品:サヤエンドウ|そら豆|アスパラガス
オレガノ[origano]別名:マジョラム。肉やチーズ、トマトとの相性が良い。古代ローマの時代から薬用、調味料・香辛料として使われてきました。
読み方:オリーガノ
分類:香草
代用品:バジル|イタリアンパセリ
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ
パン粉[pangrattato]通常は、固いパンをオリーブオイルで炒め、からからになる迄煎ることが多いです。 イワシのシチリア風パスタにトッピングするのが定番のシチリアの調味料(マディカ・アトゥラータ|Muddica Atturra ... [詳細解説へ]
読み方:パンガラッタート

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "インゲン"

インゲンとジャガイモを添えたペストのパスタ

Pasta al pesto con fagiolini e patate(パスタ・アル・ペスト・コン・ファジョリーニ・エ・パターテ)インゲンとジャガイモを添えたペストのパスタは、典型的なリグーリア州の最初のコース(プリモ)で、トレネッテかリングイネ …

インゲンの炒め物

Fagiolini saltati in padella(ファジョリーニ・サルターティ・イン・パデッラ)インゲンの炒め物は、肉、魚、さらにはベジタリアンの二番目のコース(セコンド)とに添えることができるコントルノです。 インゲンは火をしっかり通す必要 …

夏の小豆サラダ

Insalata di fagioli rossi estiva(インサラタ・ディ・ファジョリ・ロッシ・エスティヴァ)夏は豆類がたっぷり入ったサラダが特に美味しく感じる季節です。 赤い豆といえば、日本人にとっては小豆です。小豆は、他の豆と異なり、調理 …

小鳥風の豆

Fagioli all'uccelletto(ファジョリ・アルウッチェレット)小鳥風いんげん豆と訳されたり、ウッチェレット風の豆又は豆のウッチェレット風とそのまま訳されたりと様々です。 直訳では小鳥風ですが、この名前の由来は、トスカーナで小鳥を調理す …

豆と鯛のサラダ

Insalata di fagioli e orata(インサラタ・ディ・ファジョリ・エ・オラタ)豆と鯛のサラダは、マグロ(ツナ缶)を使用した豆とツナのサラダ[Insalata di fagioli e tonno]のレシピを参考に調理した僕の考案レ …

トマトのサヤエンドウ

Taccole al pomodoro(タッコレ・アル・ポモドーロ)トマトのサヤエンドウは、別名トマトのピアットーニ[Piattoni al pomodoro]でも知られる非常に美味しい付け合わせ(コントルノ)です。 エンドウ豆は、伝統的にロンバルデ …

サワークリームのポテトサラダ

Insalata di patate con panna acida(インサラタ・ディ・パタテ・コン・パンナ・アチダ)サワークリームを添えたポテトサラダは、準備がとても簡単なおかず(コントルノ)で、肉や魚のメインコース(セコンド)に添えるのに最適です …

小豆のウミド/煮込み

Fagioli rossi in umido(ファジョリ・ロッシ・イン・ウミド)この小豆のウミドは、ヴェネツィアの伝統のボルロッティ豆を使った豆の煮込み[Fagioli in umido]の調理法を参考にレシピを調整した僕の考案レシピです。 Fagi …

ローマ風豆サラダ

Insalata di fagioli alla romana(インサラタ・ディ・ファジョーリ・アッラ・ロマーナ)ローマ豆のサラダは素朴でボリュームのある付け合わせ(コントルノ)で、特にすでに茹でた豆の用意がある場合は、美味しくて簡単に素早く作れます …

ブロッコリークリームのスパイシービーンズ添え

Crema di broccoli con fagioli speziati(クレマ・ディ・ブロッコリ・コン・ファジョリ・スペツィアテ)ブロッコリーとスパイスを聞かせた豆を添えた斬新なアンティパスト(前菜)です。 これまで多くのブロッコリー料理を紹介 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato