スモークベーコンソースのパスタ

スモークベーコンソースのパスタ【パスタ・コン・サルサ・アッラ・パンチェッタ・ッフミカータ】

Pasta con salsa alla pancetta affumicataパスタ・コン・サルサ・アッラ・パンチェッタ・ッフミカータ

燻製したパンチェッタ、つまりベーコンです。ベーコンソースのパスタです!

イタリアでは塩漬け肉(パンチェッタ|燻製しない塩漬け肉)を使用することが多く、燻製したパンチェッタ、つまりベーコンを使うパスタは珍しいと言えると思います。

ベーコンは英語、特にイタリアにおいても米国占領下(WW2末期)には、米軍からの支給品でもあったことから当時よく使われており、実はカルボナーラも発祥当時はグアンチャーレやパンチェッタではなく、ベーコンで調理された料理でした。

炭焼き職人風のスパゲッティ



燻製肉は強い味わいなので繊細な料理、主役以外で使うことが難しい食材ですが、これを主役とする場合には、とてもコクのあるジューシーな味付けとスモーキーな香りが組み合わさった独特な風味を作り出します

このスモークベーコンソースのパスタは、名前のとおり、ベーコンが主役です。

ベーコン本来の美味しさがパスタ全体に浸透した皿、非常に美味な仕上がりですよ!


スモークベーコンソースのパスタ材料4人分

セダニニ リガティ 320 g
ベーコン 250g
皮をむいたトマト 450g
セロリ 100g
玉ねぎ 100g
白ワイン 75g
新鮮な唐辛子 1
バジル の味
黒胡椒 適量
塩味を お好み で
エクストラバージンオリーブオイル お好みで

1人分:約555カロリー


スモークベーコンソースのパスタ調理工程(約50分)

STEP1 調理材料を洗って切ることから始めます。

セロリ、玉ねぎ、唐辛子も種を除いてみじん切り、燻製ベーコンを小さく切り、最後に皮をむいたトマトをみじん切りにします。

1%の塩を加えた湯を沸かし、パスタを茹でる準備をします。

表記時間より2分早くゆで上げる予定です。

そしてフライパンではオリーブオイルを引いて、弱火でベーコンを焼きます。
スモークベーコンソースのパスタ【パスタ・コン・サルサ・アッラ・パンチェッタ・ッフミカータ】の調理工程1
STEP2 玉ねぎ、セロリ(画像では少なかった為、人参を少量加えています)、唐辛子をフライパンに投下します。

時々かき混ぜながら約10分間炒めると、野菜は柔らかくなり肉は茶色になります。

ワインを入れてアルコールが完全に蒸発するまで待ちトマト、手で刻んだバジル、塩と胡椒で味を調えます。

このソースを約20分間煮込んでちょうどよい粘度にしてベースソースの完成です。

乾きすぎてしまったらゆで汁を少量加えて調整下さい。
スモークベーコンソースのパスタ【パスタ・コン・サルサ・アッラ・パンチェッタ・ッフミカータ】の調理工程2
STEP3 パスタが茹で上がったらお玉1杯分のゆで汁と共にソースに浸します。

パスタとベースソースをあえ煮込み(リゾッターレ)、全てパスタに閉じ込めたら仕上げです。

皿に盛り付けてバジルを数枚飾り付けたら完成です。
スモークベーコンソースのパスタ【パスタ・コン・サルサ・アッラ・パンチェッタ・ッフミカータ】の調理工程3

スモークベーコンソースのパスタの調理ポイント

主張が強すぎて、実は中々使用することが難しく、使用される場合でも日本人感覚ではこれだけ?と感じるほどごく少量しか使用しないベーコン。

今回は主役なのでしっかりと使います。調理そのものはシンプルで非常に簡単です。

順に炒め、食材を加えていくだけで非常に美味しく仕上がります。


スモークベーコンソースのパスタについてマスターの言及

記事内食材解説・補足
セロリ[sedano]読み方:セーダノ
分類:香味野菜
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
バジル[basilico]読み方:バジリコ
分類:香草
ベーコン[bacon]通常、イタリアでは燻製した塩漬け肉(我々が認知するベーコン)よりも燻製しない塩漬け肉のパンチェッタを使用頻度の方がかなり高いようです。燻製した塩漬け肉として「Pancetta affumicata」と ... [詳細解説へ]
読み方:ベーコヌ
代用品:パンチェッタ
ワイン[vino]読み方:ビーノ
分類:果実酒
唐辛子[peperoncino]読み方:ペペロンチーノ
分類:香辛料
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ベーコン"

クリームとベーコンのパスタ

Pasta panna e pancetta(パスタ・パンナ・エ・パンチェッタ)クリームとベーコンのパスタは、パスタを茹でている間に準備できるクリーミーな最初のコース(プリモ)の 1 つです。 この素早く簡単なレシピを使えば、フライパンと鍋だけを使っ …

ベーコンとパイナップルのペンネ

Penne pancetta e ananas(ペンネ・パンチェッタ・エ・アナナス)非常に特別なプリモと言える、フルーツの風味豊かな料理、ベーコンとパイナップルのペンネです。 料理にパインを組み合わせることに抵抗感を持つ方もいるかもしれませんが、この …

ほうれん草のベーコン炒め

Spinaci saltati alla pancetta(スピナーチ・サルタティ・アラ・パンチェッタ)和訳として「ベーコン炒め」としていますが、本来のレシピではベーコン(bacon)ではなくパンチェッタ(pancetta)です。このほうれん草の炒め …

ナポリタン/日本のパスタ料理

Naporitan[Piatti di pasta tramandati in Giappone](ナポリタン)日本で独特の進化をとげたパスタ料理「ナポリタン」です。 ナポリ風ではなく、日本に伝わったトマトベースのパスタ料理が独自に変革されて固有の「 …

クリームとソーセージのパスタ

Pasta panna e salsiccia(パスタ・パンナ・エ・サルシッチャ)サルシッチャ(腸詰め)日本のイメージに一致させると、ソーセージとクリームのパスタです。 ソーセージと記載していますが、本来ソーセージは、腸詰の事で、サルシッチャ=ソーセ …

元帥のパスタ

Pasta del maresciallo(パスタ・デル・マレスシャッロ)トマトとクリームを合わせるこの料理をイタリア人はパスタ・デル・マレスシャッロ(元帥のパスタという意味)と呼びます。 トマトソースにクリームを加えるのが流行していた80年代に定着 …

教皇風フェットゥチーネ

Fettuccine alla papalina(フェットゥチーネ・アッラ・パパリーナ)パパリーナ(Papalina)はスカルキャップ、いわゆる司祭の帽子を意味しており、Papaは、ラテン語の教皇を意味する「Pāpa」 言葉でもあり、加えてこのパスタ …

ネギの炒め物

Porri in padella(ポーリ・イン・パデッラ)ネギは玉ねぎと同じ科のネギで、冬のものは硬くて風味が強く、夏のものは柔らかくて繊細な味わいです。 いずれの品種も、香味野菜としてキッチンで広く使用されていますが、オーブンや鍋でこれを主役として …

さつまいものヴェルタータ

Vellutata di patate dolci(ヴェルタータ・ディ・パターテ・ドルチ)サツマイモのヴェルタータは、温かく心地よい秋のプリモです。 薩摩芋としてしられるこの芋は、西洋ではスイートポテト(英語)やアメリカン・ポテト等と呼ばれ、日本では …

クランベリーのリゾット

Risotto ai mirtilli rossi(リゾット・アイ・ミルティッリ・ロッシ)クランベリーのリゾットは、本来、山で摘んだ野生のものを使用してリゾットとして楽しむのだそうです。 ロンバルディア州ベルガモ県にある、フォッポロというコムーネ(自 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato