ほうれん草のベーコン炒め

 
ほうれん草のベーコン炒め【スピナーチ・サルタティ・アラ・パンチェッタ】

Spinaci saltati alla pancettaスピナーチ・サルタティ・アラ・パンチェッタ

和訳として「ベーコン炒め」としていますが、本来のレシピではベーコン(bacon)ではなくパンチェッタ(pancetta)です。このほうれん草の炒め物というと日本においても定番でほぼ無条件でベーコンが加わった炒め物になりますが、イタリア料理的でない調理な気がしていました。

尚、ベーコンとパンチェッタの違いは燻製の有無です。

理由はベーコンが強すぎてほうれん草の美味しさが半減してしまうという点です。事実、イタリア語圏においてはほうれん草の炒め物は非常に人気ですが、ほうれん草のみの炒め物が定番だと思われます。

ほうれん草の炒め物



しかし、気になって調べてみるとさすがにベーコンを合わせるレシピは見つかりませんでしたが、パンチェッタを合わせるレシピは多少みつかり、さらに詳しく精査すると共通する調理方法が浮かび上がってきました。

バターでソテーし、アンチョビをつなぎとしてホワイトビネガーでまとめています。疑問に感じていたほうれん草の美味しさを阻害することなく美味しく仕上がっています。

使用する肉はパンチェッタが推奨のようですが、ベーコンも可とされています。

大きな違いは食材のバランス、ほうれん草の量が日本のレシピに比べて4~5倍ほどです。多くの日本人にとってイタリア料理の野菜量の多さは驚く点かもしれません。

これは日本の食卓は品数(皿数)を多くする食文化である為で、一品の量が少なく構成されているからだと僕は理解しています(調理する方は大変だ)。


ほうれん草のベーコン炒め材料4人分

ほうれん草800g
ベーコン60g(可能ならパンチェッタ)
バター30g
アンチョビ4 尾
白ワインビネガー大匙2杯
塩・胡椒適量

1人分:約180カロリー


ほうれん草のベーコン炒め調理工程(約30分)

STEP1 生のほうれん草800gを流水でよく洗い、水をよく切ります。

バターをフライパンで溶かし、角切りにしたベーコンを焼きます。
ほうれん草のベーコン炒め【スピナーチ・サルタティ・アラ・パンチェッタ】の調理工程1
STEP2 次に刻んだアンチョビを加えて加熱し、木のスプーンで軽くつぶしてアンチョビを溶かして調味料として一体化させます。
ほうれん草のベーコン炒め【スピナーチ・サルタティ・アラ・パンチェッタ】の調理工程2
STEP3 3) ほうれん草を加え、全体になじませてから、白ワインビネガー加えて混ぜ、アルコールを蒸発させます。
ほうれん草のベーコン炒め【スピナーチ・サルタティ・アラ・パンチェッタ】の調理工程3
STEP4 塩で味付けし(アンチョビが入っているので入れすぎ注意)、挽きたての胡椒で味付けして仕上げです。

皿に盛り付けて完成です。
ほうれん草のベーコン炒め【スピナーチ・サルタティ・アラ・パンチェッタ】の調理工程4

ほうれん草のベーコン炒めの調理ポイント

調理工程を理解してしまえば順に炒めていくだけの簡単調理です。

アンチョビが入るので、塩を入れすぎないように注意してください。

調和され美味しく仕上がりますよ!


ほうれん草のベーコン炒めについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
アンチョビ[acciughe]カタクチイワシの塩漬けを熟成・発酵させ、オリーブオイルに漬けたものです。
読み方:アッチュウゲ
代用品:オイルサーディン|いかの塩辛
バター[burro]読み方:ブーロ
パンチェッタ[pancetta]本来は豚のバラ肉のこと。料理に使う塩漬けした豚バラ肉も同様にパンチェッタと呼ばれ、俗に生ベーコンとも呼ばれます。 部位がバラ肉に限定されている他、ベーコンとの大きな違いは燻製しないこと、それに塩味は逆 ... [詳細解説へ]
読み方:パンチェッタ
分類:豚肉
代用品:ベーコン
ほうれん草[spinaci]読み方:スピナーチ
ワインビネガー[aceto di vino]ワイン酢、白ワインビネガーと赤ワインビネガーがよく登場します。
読み方:アチェイト・ディ・ヴィーノ
分類:調味料
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ほうれん草"

ほうれん草のバター・チーズ炒め

Spinaci in padella con burro e formaggio(スピナーチ・イン・パデッラ・コン・ブーロ・エ・フォルマッジョ)ほうれん草のバター・チーズ炒めは、 2番目(セコンド)の肉料理またはベジタリアンコースと非常によく合う美味 …

ほうれん草のポルペッテ

Polpette di spinaci(ポルペッテ・ディ・スピナーチ)ポルペッテは本来肉団子、ミートボールのことを指しますが、ほうれん草のポルペッテは、肉は入っておらず、ほうれん草とグラナ・パダーノ、パン粉、卵で団子を形成した、非常に美味しい料理です …

ローマ風ほうれん草

Spinaci alla romana(スピナーチ・アッラ・ロマーナ)ローマ風ほうれん草はラツィオ州発祥のレシピで、調理は簡単ですがとてもおいしいです。 ここで提案するレシピでは、ほうれん草をバター、レーズン、松の実と一緒にフライパンで炒めます。 ロ …

ほうれん草の炒め物

Spinaci in padella(スピナーチ・イン・パデッラ)独特の苦味を持つほうれん草の葉をフライパンで炒めるだけで、短時間で本格的なおいしい料理ができあがります。 ほうれん草の炒め物というと日本の場合、ベーコンやハム、きのこ類といったものを加 …

ほうれん草のリゾット

Risotto agli spinaci(リゾット・アギィ・スピナーチ)ほうれん草のリゾットは、簡単に作れますが、食すとその芳醇な素材の味わいに驚くと思います。 どうもイタリアでは、ほうれん草の栄養を一切逃さないと言わんばかりにパスタの場合は、パスタ …

ニラのポルペッテ

Polpette di porro cinese(ポルペッテ・ディ・ポッロ・チネーゼ)ニラは、中国原産で欧米では栽培されていないそうで東洋を代表する野菜の一つといってもよいようです。 肉との相性も非常によく日本では餃子の具にしたり炒め物、煮物、鍋にも …

ニューディ/グヌーディ

Gnudi(ニューディ)発音をカナ表記すると「ニューディ」ですが、日本語検索ではでてこず、ローマ字読みの「グヌーディ」だけで表示され、翻訳でもそうなので言及しておきます(以下、ニューディで表記)。 ニューディは、トスカーナ料理の典型的な素朴でシ &h …

ひよこ豆のスパイシースペッツァティーノ

Spezzatino di maiale con ceci speziato(スペッツァティーノ・ディ・マイヤーレ・コン・チェーチ・スペッツィアート)スペッツァティーノはイタリア料理の古典料理です。スパイスと唐辛子が加わると我々日本人においてはカレー …

リボリータ/野菜・豆・パンの煮込み

Ribollita(リボリータ)リボリータ(リボッリータ)はトスカーナを代表する伝統料理の一つで最高の回復料理として誰もが知っているそうです。 この料理の起源は、貴族が「メンセ」と呼ばれるパンに料理を入れて食べていた中世にまで遡ります。 昼食が終わる …

ボローニャ風ラザーニャ

Lasagne alla bolognese(ラザーニャ・アッラ・ボロネーゼ)日本人がイメージするラザニアは、このボローニャ風ラザーニャが原型だと思いますがラグーもベシャメルも一般家庭では中々調理しませんから食べる機会があまりないように思います。 ラ …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato