トリコロールのパスタ

トリコロールのパスタ【パスタ・トリコローレ】

Pasta tricoloreパスタ・トリコローレ

直訳では「三色パスタ」ですが、このパスタのトリコロールとは、イタリア国旗を意味し、特別な意味を持つ配色です。

「一つの旗、一つの希望よ、我らを糾合したまえ…」とゴッフレード・マメーリが1847年に「マメーリの賛歌 [Inno di Mameli]」又は「イタリア人達の唱歌 [Il Canto degli Italiani]」に書いてから、三色旗が統一イタリアの公式な旗(国旗)になるまでに約一世紀かかっています。

この曲、マメーリの賛歌は、現在のイタリア国歌です。

イタリア解放記念日(4月25日)や建国記念日(6月2日)等に作られる愛国的なメニューで、愛国者は、この三色パスタのようなトリコロールの料理を提供せずにはいられないそうです。


トリコロールのパスタ材料4人分

フェットチーネ250 g(又はタリアテッレ)
チェリートマト 280g
ニンニク 1片
唐辛子 1 本
バジル 4葉
オリーブオイル好み量
塩・黒胡椒 適量
ズッキーニのペスト用
ズッキーニ 450g
パルミジャーノ・レッジャーノ DOP 70 g
松の実 40g
オリーブオイル 90g
バジル 15g
塩適量
クリーム用
クレシェンツァ160g(代用:フレッシュチーズ)
牛乳 30g
塩適量

1人分:約748カロリー


トリコロールのパスタ調理工程(約35分)

STEP1 フライパンにオリーブオイルを少量入れて熱し、ニンニクを丸ごと唐辛子と一緒に数分間炒めます。

半分に切ったミニトマトを加え、蓋をして弱火で10分ほど煮ます。
トリコロールのパスタ【パスタ・トリコローレ】の調理工程1
STEP2 その間に、パスタ用に1%の塩を加えた湯を沸かします。

同時にズッキーニのペストを準備します。

ズッキーニを洗ってカットし、ブレンドする容器に移し、オリーブオイルを加えます。

バジルの葉、松の実、パルミジャーノ等のペスト用食材を入れてブレンダーでブレンドします。

滑らかで均質なクリーム状のペストにして塩で味付けします。
トリコロールのパスタ【パスタ・トリコローレ】の調理工程2
STEP3 完成したペストをフライパンに移し、パスタが茹で上がる迄、待機しておきます。

煮こんでいたトマトが出来上がったら火をを止め、塩で味を調え、ニンニクを取り除き、これは一旦確保しておきます。

この時点でパスタ用の湯が沸いているのでパスタ投下します。

表記時間より2分短めに茹でます。
トリコロールのパスタ【パスタ・トリコローレ】の調理工程3
STEP4 その間に、クレッシェンツァクリームを準備します。

牛乳を加えブレンダーで混ぜ、とろみのあるクリームにして塩で味付けし、仕上げまで確保しておきます。

パスタが茹で上がったら、お玉2杯のゆで汁と共にペストが入っているフライパンに加えて中弱火でよく混ぜながらあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。
トリコロールのパスタ【パスタ・トリコローレ】の調理工程4
STEP5 パスタにベストソースを全て閉じ込めたら仕上げです。

皿の中央にズッキーニペストのパスタを盛り付けます。

その周りになめらにしたクレッシェンツァクリームを敷き、そしてトマトを配置して、バジルの葉を飾り付けたら完成です。
トリコロールのパスタ【パスタ・トリコローレ】の調理工程5

トリコロールのパスタの調理ポイント

色分けをすることもあり、各調理、工程が多いですが、それぞれの作業は至極単純です。

手順を確認しながら焦らずに進めて下さい。

美味しく仕上がります。


トリコロールのパスタについてマスターの言及

記事内食材解説・補足
クレシェンツァ[crescenza]ロンバルディア州産でもともとは冬場にだけ作られていたチーズでした。タレッジョの中身だけ取り出したようなむちむちとした生地。ミルキーでヨーグルトのような酸味があります。 生ハムで巻いたりキャラメリゼした ... [詳細解説へ]
読み方:クレシェンツァ
分類:チーズ
代用品:フレッシュチーズ|ストラッキーノ
タリアテッレ[tagliatelle]イタリア北部で用いられるロングパスタ。幅は5〜8mm前後で、中南部においてはこのタイプの麺をフェットゥチーネといいます。 両者は基本的に違いはないが、フェットゥチーネよりタリアテッレは若干薄く、幅も狭 ... [詳細解説へ]
読み方:タリアッテッレ
分類:パスタ
代用品:フェットチーネ|パッパルデッレ
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
バジル[basilico]読み方:バジリコ
分類:香草
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ
フェットゥチーネ[fettuccine]「小さなリボン」という意味の幅広のロングパスタ。同じ平打ち麺のタリアテッレと良く似ているが、タリアテッレは幅5mm程度となり、フェットゥチーネは幅7.5mm前後のためやや幅広い。 フェットゥチーネは牛 ... [詳細解説へ]
読み方:フェットゥチーネ
分類:パスタ
代用品:タリアテッレ|パッパルデッレ
唐辛子[peperoncino]読み方:ペペロンチーノ
分類:香辛料
松の実[pinoli]読み方:ピノーリ
牛乳[latte]読み方:ラッテ
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ズッキーニ"

ズッキーニのリゾット

Risotto alle zucchine(リゾット・アッレ・ズッキーネ)ズッキーニは、風味と健康を満腹にしてくれる、最も多用途で愛されている野菜の1つです。ズッキーニを使った絶品パスタは紹介しましたが、リゾットはまだでしたので今回調理してみました。 …

ミックス野菜のオーブン焼き

Verdure miste al forno(ヴェルドゥーレ・ミステ・アル・フォルノ)ミックス野菜のオーブン焼きは、肉や魚のセコンドにぴったりの、手早く簡単な付け合わせ(コントルニ)です。 イタリアンは通常食材そのものを立てる調理なので、多くの食材を …

イタリアンパセリのペストソースリゾット

Risotto al pesto di prezzemolo(リゾット・アル・ペスト・ディ・プレッツェモロ)直訳するとパセリペストのリゾットですが、パスタと同様に日本語圏では誰にも認識されないことを想定し、「イタリアンパセリのペストソースリゾット」と …

野菜のミネストローネ

Minestrone di verdure(ミネストローネ・ディ・ヴェルドゥーレ)健康的な一皿を考えると、イタリア人はすぐに野菜のミネストローネが思い浮かぶのだそうです。 ミネストローネとは、具材がある程度のこったスープ(の総称)ミネストラに豆やショ …

固形野菜ブロード

Fonte di brodo vegetale(フォンテ・ディ・ブロード・ヴェジェターレ)土壇場で野菜ブロードを準備しなければならなくなり、市販の固形ブイヨンに頼ったことがあるかもしれません。 市販の肉のブイヨン(=肉のブロード)は実際に仕込むことを …

野菜盛り合わせのクロスティーニ

pasta-tricolore野菜盛り合わせのクロスティーニは、最も要求の厳しいグルメを含む誰もが満足できる、シンプルで軽くておいしい前菜です。 すっかり肉食化した現代の日本人の多くにとって、本当の野菜の旨味、食べ応えを覚えている方はどれほどいるでし …

ネラーノ風スパゲッティ

Spaghetti alla nerano(スパゲッティ・アッラ・ネラーノ)ネラーノ風(ネラノ風)のネラーノとは、ソレント半島のネラーノ村のことです。このネラーノ村発祥の郷土料理がこのスパゲッティ・アッラ・ネラーノです。 ズッキーニとプロヴォローネ・ …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato