ネギとトマトのトリコロール

ネギとトマトのトリコロール【トリコローレ・ディ・チポーラ・ヴェルデ・エ・ポモドーロ】

Tricolore di cipolla verde e pomodoroトリコローレ・ディ・チポーラ・ヴェルデ・エ・ポモドーロ

イタリア国旗を意味する三色を少ない食材数で表現しようと考えた際に食在庫の長ネギが目に留まり思いついた、僕のオリジナルレシピです。

イタリア国旗と言えば、ウンブリア州のペペロナータとして知られるバンディエラ(旗の意:イタリア国旗)が有名ですが、使用する食材は3食ですが、仕上がりは旗っぽくありません。

使用したのは日本の長ネギですが、イタリアにおけるCipolla verde、Cipollotti、Porriのいづれも白と緑を含みますし、使用方法も概ね同じカテゴリーの食材なので問題ないと思います。

白を玉ねぎ、赤を赤ピーマンで作るとよりイタリアっぽいかもしれませんが、その場合、食材を並べるより三食野菜[Verdure tricolore]って名称の方がいいでしょうね。


ネギとトマトのトリコロール材料4人分

長ネギ600g
トマト200g(推奨:チェリートマト)
ニンニク1/2欠片
湯1カップ
オリーブオイル大匙3
塩適量
胡椒・乾燥オレガノ適量(オプション)

1人分:約199カロリー


ネギとトマトのトリコロール調理工程(約40分)

STEP1 ネギを洗い、白と緑の部分を分けてそれぞれ2~3cmの筒状にカットしていきます。

トマトも賽の目にカットします。チェリートマト等を使用している場合は、半分にカットします。
STEP2 白いネギと緑のネギをそれぞれ別々のフライパンでソテーしていきます。

鍋にオリーブオイルを加え、ネギを投下、下塩をして炒めます。焼き色が少しついてきたらそれぞれ湯を1/2カップ注ぎ、炒め煮込みます。

約10分炒め煮込んだら塩味を確認し、お好みで胡椒を振りかけてそれぞれ区分けして皿に盛り付けます。
ネギとトマトのトリコロール【トリコローレ・ディ・チポーラ・ヴェルデ・エ・ポモドーロ】の調理工程2
STEP3 フライパンにオリーブオイル加えて加熱し、軽くつぶしたニンニクを投下します。

風味がオイルに移ったらトマトを投下して塩を投下して炒めます。

ニンニクと取り除きます。

お好みで乾燥オレガノを加えて10分ほど炒め・煮込みます。

炒め終わったら塩味(推奨:やや強め)を確認して仕上げです。

皿に盛り付けます。
ネギとトマトのトリコロール【トリコローレ・ディ・チポーラ・ヴェルデ・エ・ポモドーロ】の調理工程3
STEP4 3色の食材が皿に盛り付けられたので綺麗に区分けして完成です。

参考画像にトリコロールを逆さから撮ったカットです。
ネギとトマトのトリコロール【トリコローレ・ディ・チポーラ・ヴェルデ・エ・ポモドーロ】の調理工程4

ネギとトマトのトリコロールの調理ポイント

各食材をソテーして味付けするだけの料理です。

トマトが若い場合は、玉ねぎ(1/4個)を先行してニンニクの後に炒め、甘みを加えた形で調理するとぐっと美味しく仕上がります。

シンプルな味付けですが、トマトの酸味をネギと合わせて食べると非常に美味しく、クロスティーニの具材にもできます。

少し手間はかかりますが、特別な目的がある際の手間ですので悪しからず。


ネギとトマトのトリコロールについてマスターの言及


このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "トリコロール"

トリコロールのパスタ

Pasta tricolore(パスタ・トリコローレ)直訳では「三色パスタ」ですが、このパスタのトリコロールとは、イタリア国旗を意味し、特別な意味を持つ配色です。 「一つの旗、一つの希望よ、我らを糾合したまえ…」とゴッフレード・マメーリが1847年に …

エンドウ豆のパスタ

Pasta con baccelli di piselli(パスタ・コン・バッチェッリ・ディ・ピゼッリ)えんどう豆のさやも使うパスタです。 日本ではえんどう豆は豆を食べるためのグリーンピース、さやを食べるスナップエンドウ(豆はほぼない)と完全に分かれ …

バンディエラ/ウンブリアのペペロナータ

La bandiera(ラ・バンディエラ)ウンブリア州は古代からの料理の伝統を持つ土地で、このバンディエラは非常に古い農民起源の料理と言われています。 ピーマン/パプリカの煮込み トリコロールを彷彿とさせるカラーミックス、故にバンディエラ(旗)。(諸 …

カプレーゼ・サラダ

Insalata caprese(インサラータ・カプレーゼ)カプレーゼサラダは、トマト、モッツァレラ、オリーブ オイル、オレガノ、バジルをベースにした 典型的なナポリ・カンパニア州の前菜(アンティパスト)です。 巧みに食材を組み合わせて、5 分で美味 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato