バターとパルミジャーノのパスタ

 
バターとパルミジャーノのパスタ【パスタ・ブーロ・エ・パルミジャーノ】

Pasta burro e parmigianoパスタ・ブーロ・エ・パルミジャーノ

代表的なチーズには必ずといってよいほどパスタの調理法がありますが、チーズの王様、パルミジャーノにも勿論、美味しいパスタの食べ方があります。

パルミジャーノには、バターと合わせるこのソースが最適です。仕上げに挽きたての黒胡椒を加えることで素晴らしい味わい、上質な味へと昇華します。

調理はペンネ等のショートパスタがおすすめです。

バターとパルミジャーノのパスタは、古典的なレシピなので風味の変えるバリエーションとして、胡椒の代わりにナツメグやセージ等のハーブを加える調理の仕方も知られています。

尚、このバターとパルミジャーノのパスタの内、フェットゥチーネで調理した品がアメリカで別名まで付き、とても有名になっている「フェットゥチーネ・アルフレード」です。

その伝説となっている発祥物語もボリュームがあり、英語圏ではこのバターとパルミジャーノについても別名にされつつあるようなので、整理の為に別記事として改めてまとめたい考えでいます。尚、調理法はほぼ同じ(違いは仕上げにバターを追加するくらい)です。

フェットゥチーネ・アルフレード



バターとパルミジャーノのパスタ材料2人分

ペンネ・リガーテ160g(代用:ショートパスタ)
バター25g
パルミジャーノ・レッジャーノ50g
塩・黒胡椒適量

1人分:約478カロリー


バターとパルミジャーノのパスタ調理工程(約15分)

STEP1 3Lの水を火にかけて1%の塩(大匙2)を投下して湯を沸かします。

パスタ袋に記載されている時間、パスタを茹でる予定です。

フライパンではバターを加熱して溶かし、ゆで汁を2杯加えてベースソースとします。

バターは焦げやすいので焦がさないように注意ください。バターがとけてベースソースができたら火を止めてパスタが茹で上がるのを待ちます。

パスタが茹で上がったら、よく水を切ってフライパンでバターと一緒に和え煮込みます(リゾッターレ)。
バターとパルミジャーノのパスタ【パスタ・ブーロ・エ・パルミジャーノ】の調理工程1
STEP2 ソースを全てパスタに閉じ込めたら火を止めて、フライパンをよく煽って熱を逃がします。

すり下ろしたパルミジャーノを入れたボウルにパスタを移し、たっぷりの胡椒を加え、よく混ぜてなじませます。

必要に応じてゆで汁を少量加え、程よいとろみがあるクリーミーなソースに仕上げていきます。

最後に胡椒を加え、塩味をチェックして仕上げです。

皿に盛り付けて完成です。
バターとパルミジャーノのパスタ【パスタ・ブーロ・エ・パルミジャーノ】の調理工程2

バターとパルミジャーノのパスタの調理ポイント

バターのベースソースをしっかりとパスタに閉じ込めてから熱を逃がしてからチーズと合わせます。

チーズをクリーム状に仕上げやすいように、ボウルを使ってチーズと混ぜ合わせる方式にレシピ手順を変更しました。

スパイス (ナツメグ、シナモン、ターメリック等)や香草 (セージ、ローズマリー、タイム等)を加えるバージョンも楽しめますよ!


バターとパルミジャーノのパスタについてマスターの言及

言及1

記事内食材解説・補足
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
セージ[salvia]強い芳香とほろ苦さをもつハーブ。肉・魚料理をすっきりと仕上げるのに重宝します。乳製品とも相性がよいです。
読み方:サルビア
分類:香草
代用品:バジル|ローズマリー|オレガノ|イタリアンパセリ|ディル
チーズ[formaggio]読み方:フォルマッジョ
ナツメグ[noce moscata]読み方:ノチェ・モスカータ
分類:香辛料
代用品:ターメリック
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ
ペンネ[penne]ペン先状、筒状のパスタの総称で、中でもペンネ・リガーテ (penne rigate) は表面には細かい溝があり(rigate は、”溝が入った” の意味)、ソースが絡みやすくな ... [詳細解説へ]
読み方:ぺんね
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ全般
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "パルミジャーノ"

パルミジャーノ・フォンデュ

Fonduta di Parmigiano(フォンドゥータ・ディ・パルミジャーノ)今日は、真のチーズ愛好家、純粋にチーズを味わいたい人を満足させるレシピをご紹介します。 パルメザン・フォンデュは、前菜(アンティパスティ)またはメインコースとして提供す …

香味野菜のパルミジャーノ添え

Verdure aromatizzate con parmigiano(ヴェルドゥーレ・アロマティッザーテ・コン・パルミジャーノ)イタリアン料理のベース野菜としてよく使用する玉ねぎ、人参、セロリはいつでも保管があるものなので、何も思い浮かばない時にさ …

セロリのパルミジャーノ添え

Sedano con parmigiano(セダノ・コン・パルミジャーノ)セロリのパルミジャーノ添えは、肉料理にも魚料理にもよく合う簡単なアンティパスト(前菜)です。 さらに、特に野菜が好きな人であれば、この料理は軽い二皿目(セコンド・ピアット)とし …

蓮根とパルミジャーノ

Radice di loto e parmigiano(ラディチェ・ディ・ロト・エ・パルミジャーノ)レンコンの確かな食感と旨味を最大限引き出し、パルミジャーノと合わせるとメイン料理にしてもよいのではないかと感じるほどの食べ応えある絶品が生まれます。 …

明太子・たらこのパスタ/パルミジャーノ仕上げ

Pasta alle uova di merluzzo[Finitura al parmigiano](パスタ・アレ・ウォヴァ・ディ・メルルゥッツォ)明太子・たらこ共に同様に調理できます。このレシピも僕のオリジナルです。同じたらこ・明太子のパスタ(ペ …

パルミジャーノのリゾット

Risotto alla parmigiana(リゾット・アラ・パルミジャーナ)パルミジャーノのリゾットはリゾット作りの基本ともいえる調理法です。 ここに肉、キノコ、野菜、スパイスなどの他の材料を加えてそれぞれの具材を主役としたリゾットとして楽しむこ …

ビーツの豆添え

Barbabietola con fagioli(バルバビエトラ・コン・ファジョーリ)フダンソウ/スイスチャードの豆添え[Bietole con fagioli]として同様の調理が可能です。 ビーツの豆添えは、昨今ではあまり使われなくなったと言われる …

インゲンとジャガイモを添えたペストのパスタ

Pasta al pesto con fagiolini e patate(パスタ・アル・ペスト・コン・ファジョリーニ・エ・パターテ)インゲンとジャガイモを添えたペストのパスタは、典型的なリグーリア州の最初のコース(プリモ)で、トレネッテかリングイネ …

トゥリッドゥのスパゲッティ

Spaghetti alla Turiddu(スパゲッティ・アッラ・トゥリッドゥ)トゥリッドゥのスパゲッティは、シチリアを舞台にしたジョヴァンニ・ヴェルガ(作曲ピエトロ・マスカーニ)の『カヴァレリア・ルスティカーナ』[Cavalleria Rusti …

セロリのポルペッテ

Polpette di sedano(ポルペッテ・ディ・セダノ)イタリア料理ではニンジン、セロリ、タマネギを非常によく使い、この香味野菜らは主にソテーして様々な料理で使用します。 この三種類の野菜は、ある種特別の素材といえ不可欠です。 ポルペッテは日 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato