蓮根とパルミジャーノ

蓮根とパルミジャーノ【ラディチェ・ディ・ロト・エ・パルミジャーノ】

Radice di loto e parmigianoラディチェ・ディ・ロト・エ・パルミジャーノ

レンコンの確かな食感と旨味を最大限引き出し、パルミジャーノと合わせるとメイン料理にしてもよいのではないかと感じるほどの食べ応えある絶品が生まれます。

蓮根はヨーロッパでは食する習慣がありませんので、例によってこの前菜も僕のレシピ考案になります。

蓮根一つでその日のプリモと前菜、普段日においては一食を賄える品です。

クロスティーニの具材としても抜群に美味しいですし、そのままでもフォークが止まらなくなります。

ペペロンチーノ仕上げの蓮根パスタと同じく、蓮根を極微塵切りにして量を調整すれば、パスタソースとしても利用できる優れものです。

とにかく旨すぎて定番化間違い無しの一品になると思います。


蓮根とパルミジャーノ材料2人分

蓮根250g
玉ねぎ1/2
イタリアンパセリ3束
白ワイングラス1/2杯
バター10g
オリーブオイル大匙1
パルミジャーノ25g
塩適量

1人分:約260カロリー


蓮根とパルミジャーノ調理工程(約15分)

STEP1 玉ねぎをスライスします。

蓮根の皮をむいて、縦にカットした後に粗微塵にしておきます。

先に蓮根をカットしておきたい場合、粗微塵にした蓮根は火にかけるまで水につけて置き、変色を防くようにしましょう。
STEP2 フライパンにバターをオリーブオイルを投下し、加熱してバターを溶かしたら玉ねぎを投下し、炒めていきます。

その間に蓮根を粗微塵にして、玉ねぎに火が通ったら蓮根、イタリアンパセリを投下して下塩をし火を通します。

出てきた水分が再吸収されたらワインを投下してしっかりアルコールを飛ばし、そのワインも全て吸収されたら火を止めてパルミジャーノを加え全体になじませたら仕上げです。

皿に盛り付けたら完成です。
蓮根とパルミジャーノ【ラディチェ・ディ・ロト・エ・パルミジャーノ】の調理工程2

蓮根とパルミジャーノの調理ポイント

必須ではないですが、アンティパストとして使用する場合は蓮根の独特の食感、歯ごたえが強調されてもよいと思います。

その為、蓮根は縦にカットした上での粗微塵としています。

勿論、お好みに合わせて細かくカットして頂いてもよいと思います。


蓮根とパルミジャーノについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
イタリアンパセリ[prezzemolo]香味野菜として使います。すり潰した葉や細かく刻んだ葉を料理のソースやドレッシングなどに利用したり、茎や葉を煮込み入れたり、そのままちぎってパスタなどの料理に添えられたりします。肉や魚の臭い消し、ビネガ ... [詳細解説へ]
読み方:プレッツェモロ
分類:香草
代用品:バジル|三つ葉|セロリの葉
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ
レシピ考案[ho inventato la ricetta]これら料理のレシピを考案したのは僕です。
読み方:ホ・インベンタト・ラ・リチェッタ
ワイン[vino]読み方:ビーノ
分類:果実酒
蓮根[radice di loto]レンコンを食する習慣のある国は日本と中国周辺のみで欧米では観賞用なのだそうです。
読み方:ラディーチェ・ディ・ロト
分類:根菜

このページのURLをコピーする

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato