玉ねぎとジャガイモのフリッタータ

玉ねぎとジャガイモのフリッタータ【フリッタータ・ディ・パターテ・エ・チポーレ】

Frittata di patate e cipolleフリッタータ・ディ・パターテ・エ・チポーレ

フリッタータは、日本人的感覚だとオムレツです。安くて簡単、フライパン1つだけで作れます。

このレシピではジャガイモと玉ねぎのシンプルさと風味の傑作、柔らかくておいしい一皿。

オムレツとは言え、豊富な具材が加わり、軽めの食事のメイン(
セコンド)に最適です。

簡単なディナーやオフィスに持っていくランチの準備にとても役立つ一皿です。


玉ねぎとジャガイモのフリッタータ材料4人分

全卵 8個
ジャガイモ 600g
(赤)玉ねぎ 250g
グラナ・パダーノ50g(代用:パルメザン)
タイム適量
オリーブオイル大匙2
塩・黒胡椒適量

1人分:約367カロリー


玉ねぎとジャガイモのフリッタータ調理工程(約45分)

STEP1 ジャガイモと玉ねぎの皮をむき、ジャガイモは、小さめの一口大にカット、玉ねぎは薄くスライスします。

オリーブオイルをひいたテフロン加工のフライパンで玉ねぎを投下して下塩をして炒め、食材からでてくる水分で5分間煮ます(中火)。
玉ねぎとジャガイモのフリッタータ【フリッタータ・ディ・パターテ・エ・チポーレ】の調理工程1
STEP2 次にジャガイモを加え、塩味を調整し、さらに数分炒め、焼き色をつけ、蓋をして約20分間加熱します。

時々、攪拌し、焦げ付かないように気を配ります。

約20分の加熱でジャガイモによい焼き具合が入り、柔らかくなっている必要があります。
玉ねぎとジャガイモのフリッタータ【フリッタータ・ディ・パターテ・エ・チポーレ】の調理工程2
STEP3 卵とすりおろしたグラナ・パダーノをボウルに入れて、タイム、塩、胡椒で味を調え、すべてを混ぜ合わせます。
玉ねぎとジャガイモのフリッタータ【フリッタータ・ディ・パターテ・エ・チポーレ】の調理工程3
STEP4 茹でたジャガイモと玉ねぎの上に卵液を注ぎます。

蓋をしたまま10分ほど中弱火にかけ、必要に応じてスパチュラで形を整え、少し持ち上げて焼き具合や固まり具合をチェックします。

フリッタータをひっくり返すとき、お皿を使ってひっくり返します。
玉ねぎとジャガイモのフリッタータ【フリッタータ・ディ・パターテ・エ・チポーレ】の調理工程4
STEP5 裏面も焼いていきます。蓋をせずに数分加熱してフリッタータの仕上げです。

皿に盛り付けて、必要に応じて切り分け、お好みでタイムの葉や他の香草を散らして完成です。
玉ねぎとジャガイモのフリッタータ【フリッタータ・ディ・パターテ・エ・チポーレ】の調理工程5

玉ねぎとジャガイモのフリッタータの調理ポイント

玉ねぎとジャガイモの美味しさを引き出し、しっかりと火を通せば美味しく仕上がります。

ポイントはテフロン加工のフライパンでじっくり加熱していくことだけです。


玉ねぎとジャガイモのフリッタータについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
グラナ[grana]イタリアは北部、ポー川流域で牛乳を原料とし生産されるハードチーズ。グラナ・パダーノが有名です。 熟成期間は最低9カ月最長2年でパルミジャーノ・レッジャーノに比べて熟成期間が短い分、価格が安価と言われて ... [詳細解説へ]
読み方:グラナ
分類:チーズ
代用品:パルミジャーノ
ジャガイモ[patata]読み方:パタータ
タイム[timo]肉や魚、卵、野菜などなんにでも非常に合わせやすい。好みで加えるくらいの感覚で使ってもいいと個人的には思います。
読み方:ティモ
分類:香草
代用品:オレガノ
全卵[uovo intero]読み方:ウォヴォ・インテーロ
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato