カニ肉のパスタ/クリーム仕上げ

 
カニ肉のパスタ/クリーム仕上げ【パスタ・アラ・ポルパ・ディ・グランキオ】

Pasta alla polpa di granchio[finitura crema]パスタ・アラ・ポルパ・ディ・グランキオ

カニの肉をメインとした海鮮のファーストコース(プリモ)のパスタを作っていきます。尋常ではない旨味、まろやかな甘みを最大限引き立てる調理です。

カニの旨味をクリームをまとわせやさしく濃厚に仕上げたパスタです。

カニ肉のパスタはペンネやフジッリ、スパゲッティ、リガトーニ等がいいのではないかと思います。

カニの身は、高級な仕上げとするならば殻付きのもの、通常のお家での食事ならばカニ缶がよいと思います。

殻付きのお高いカニを使用する場合は、できれば肉は一人前あたり100g使いたいですし、殻をうまく飾りましょう!目指せ一品1万円な感じです。

通常の食事として使うカニ缶であるならば通常1缶が60~80gくらいでしょうか?これを一人前として調理します。少し身が少ないですが缶に含まれるカニの水分を最大限活用することで十分すぎるほど美味しい高級な味わいを堪能できますよ!

別バージョンのフレッシュトマト仕上げも大変美味しくおすすめです

カニのスパゲッティ/フレッシュトマト仕上げ



尚、殻付きのカニを使用する場合の下処理の方法はカニの解説ページをご参照下さい。


カニ肉のパスタ/クリーム仕上げ材料2人分

パスタ160g
カニ肉200g
オリーブオイル大匙2
ニンニク1欠片
エシャロット1個
イタリアンパセリ2枝
トマトペースト大さじ2
生クリーム50g
塩適量

1人分:約569カロリー


カニ肉のパスタ/クリーム仕上げ調理工程(約20分)

STEP1 3Lの水に1%の塩(大匙2)を加えて沸かします。

湯が沸いたらパスタを投下してゆでます。表記時間より2分早く上げてパスタに加える予定です。

殻付きのカニを使用する場合は、ゆで上げてカニ肉とエキスを確保しておきます。
STEP2 オリーブオイルを入れて熱したら軽くつぶしたニンニクを加え、エキスがオイルに移ったら、イタリアンパセリの茎、エシャロットを加えます。

エシャロットが柔らかくなったらすぐにカニ身を加えて数分間加熱します。

その後、取っておいたカニの水分を加えます。

この時点で、ニンニクを取り除きます。トマトペーストとゆで汁をお玉2杯加えます。

クリームを加え、よく混ぜ、ひと煮立ちさせたらベースソース完成。火を止めてパスタが茹で上がるのをまちます。
カニ肉のパスタ/クリーム仕上げ【パスタ・アラ・ポルパ・ディ・グランキオ】の調理工程2
STEP3 パスタが茹で上がったらお玉1杯のゆで汁とともにソースに加えてあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

ソースを全てパスタに閉じ込めたら仕上げです。

皿に盛り付けて、殻を飾りイタリアンパセリを散らしたら完成です。
カニ肉のパスタ/クリーム仕上げ【パスタ・アラ・ポルパ・ディ・グランキオ】の調理工程3

カニ肉のパスタ/クリーム仕上げの調理ポイント

このクリームとトマト仕立てが絶妙にカニに旨味を引き立ててくれます。バランスが大事ですよ!トマト入れすぎないように注意しましょう。

カニの旨味を全て投下し、ソースになじませれば絶品といえる一品になります。


カニ肉のパスタ/クリーム仕上げについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
エシャロット[scalogno]度々間違われますが、葉付きらっきょうとは別物です。 cafe_e_immobiliareのThreads 度々登場するエシャロット。僕はお店で頼んでる業者さんについでに買わせてもらっちゃってるのだけど ... [詳細解説へ]
読み方:スカロンニョ
分類:香味野菜
代用品:ニンニク|生姜|
カニ[granchio]カニは、しっかりした果肉と繊細な風味を持つ甲殻類で、前菜からメインコースまで、さまざまなシーフードレシピ使われます。 缶詰めや冷凍のものがよく売られていますし非常に手軽で美味しいですが、魚屋で購入した ... [詳細解説へ]
読み方:グランキオ
クリーム[crema]読み方:クレマ
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
フジッリ[fusilli]ショートパスタの一種で、くるくるです。 日本では、フジッリ以外にもくるくるパスタやカールマカロニの名称で親しまれています。 フジッリ・ブカーティやロングパスタのフジッリ・ルンギ、類似した外観のロティー ... [詳細解説へ]
読み方:フジッリ
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ
ペンネ[penne]ペン先状、筒状のパスタの総称で、中でもペンネ・リガーテ (penne rigate) は表面には細かい溝があり(rigate は、”溝が入った” の意味)、ソースが絡みやすくな ... [詳細解説へ]
読み方:ぺんね
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ全般

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "海鮮"

カレー仕上げの海鮮パスタ

Pasta con frutti di mare al curry(パスタ・コン・フルッティ・ディ・マーレ・アル・キャリー)直訳するとシーフードカレーのパスタや海鮮カレーのパスタとなりますが、スパイス(複数なのでイメージと一致するカレー表記を使用)は …

マリナーラ/船乗り風ソース

Salsa alla marinara(サルサ・アッラ・マリナーラ)今回調理する、船乗り風ソースは、日本においてもおなじみのシンプルなソースのレシピを紹介します。 非常に幅広く、従来の情報、固定概念とは異なる内容もあると思われる為、紹介内容・解説の分 …

メカジキのシチリア風

Pesce spada alla siciliana(ペェシェス・スパーダ・アッラ・シチリアーナ)シチリア風メカジキ(メカジキのシチリア風)は、シチリア料理の伝統的な魚・海鮮のセコンドです。 アクアパッツァに似た食材構成ですが、メカジキを使用する点や …

イカ墨パスタ

Pasta al nero di seppia(パスタ・アル・ネロ・ディ・セッピア)イカ墨のパスタは、完璧な完全な黒スタイルの古典的な海鮮のファーストコース(プリモ)です。 特にイカ墨のスパゲッティや後日調理予定の黒リゾット(Risotto al n …

漁師のスパゲッティ/ペスカトーレ

Spaghetti del pescatore(スパゲッティ・デリ・ペスカトーレ)漁師風スパゲッティ(Spaghetti alla pescatora/ペスカトーラ)とも言われます。準備が簡単なプリモで、各工程を慎重に進めるだけで美味しく調理ができま …

カニのスパゲッティ/フレッシュトマト仕上げ

Spaghetti al granchio[finitura al pomodoro](スパゲッティ・アル・グランキオ)カニのスパゲッティは、海鮮のプリモでより洗練された料理を楽しみたいときに、キッチンであまり時間を費やすことなく調理できるレシピです …

牡蠣のリゾット

Risotto all'ostrica(リゾット・アッローストリカ)牡蠣は家庭で使用される食材ではなく、高級食材の類になるからなのか最良のレシピを探してみても統一性がなく、多くの場合、使用される食材が非常に高級です。 高級な食材であることを承知の上で …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato