灰入りパスタ/ゴルゴンゾーラと黒オリーブのパスタ

灰入りパスタ/ゴルゴンゾーラと黒オリーブのパスタ【パスタ・アッラ・チェネレ】

Pasta alla cenereパスタ・アッラ・チェネレ

「チェネレ[cenere]」は、イタリア語で灰を意味し、直訳ではタイトルのとおり灰入りパスタとなります。

ゴルゴンゾーラ加える、刻んだ黒オリーブが灰のように見えることから、Pasta alla cenere(パスタ・アッラ・チェネレ|灰入りパスタ)と名付けられています。

SNSで紹介した際に英語で灰を意味するアッシュとし、アッシュパスタと訳して紹介してみましたがしっくりこなかったので、直訳と内容表記をタイトルとしました。

このパスタ・アッラ・チェネレは、食材が乏しく何を作ろうか頭に浮かばない時、20分以内に仕上げることができる最初のコース(プリモ)で、ゴルゴンゾーラのパスタのような古典的なレシピに黒オリーブをブレンドした魅力的な料理です。

ゴルゴンゾーラのパスタ



味だけでなく見た目も特別な、灰入りパスタは、ランチや友人との即席ディナーに最適です。

使用するパスタは、リガトーニ、ペンネが使用されるケースが多いですが、ショートパスタ全般美味しく頂けます。


灰入りパスタ/ゴルゴンゾーラと黒オリーブのパスタ材料4人分

パスタ320g
ゴルゴンゾーラ(ドルチェ) 180g
黒オリーブ (種抜き) 40g
生クリーム 120g
塩適量
黒胡椒 適量

1人分:約558カロリー


灰入りパスタ/ゴルゴンゾーラと黒オリーブのパスタ調理工程(約15分)

STEP1 1%の塩を加えた湯を沸かし、パスタを茹で始めます。

表記時間ちょうど、アルデンテでゆで上げる予定です。

同時にオリーブをブレンダーでよく刻むかナイフでみじん切りにします。
灰入りパスタ/ゴルゴンゾーラと黒オリーブのパスタ【パスタ・アッラ・チェネレ】の調理工程1
STEP2 ゴルゴンゾーラ皮を取り除き立方体にカットします。

次に、生クリームと一緒にフライパンに入れて弱火にかけ、木ベラでよくかき混ぜなじませてベースソースの完成です。
灰入りパスタ/ゴルゴンゾーラと黒オリーブのパスタ【パスタ・アッラ・チェネレ】の調理工程2
STEP3 パスタが茹で上がったらお玉1杯のゆで汁と共にベースソースの中に投下し、あえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

パスタにベースソースを全て閉じ込めたら火を止めて黒オリーブを投下して全体になじませて仕上げです。

皿に盛り付けて完成です。
灰入りパスタ/ゴルゴンゾーラと黒オリーブのパスタ【パスタ・アッラ・チェネレ】の調理工程3

灰入りパスタ/ゴルゴンゾーラと黒オリーブのパスタの調理ポイント

チーズ系ですが、クリームを入れている料理なので少しリゾッターレを行います。

ゆで汁は少量で且つ、粘度の高いチーズとクリームのベースソースである点とショートパスタを使用しているため(比較的固い)、パスタは、茹で上げのタイミングでアルデンテで大丈夫です。

非常に美味しいですよ!


灰入りパスタ/ゴルゴンゾーラと黒オリーブのパスタについてマスターの言及

記事内食材解説・補足
オリーブ[oliva]オリーブオイルの他、ピクルスやピザの材料としたり、塩漬けにしてカクテルのマティーニに添えられたりします。 グリーンオリーブは果肉が硬めで、若干の渋みや塩味があります。 一方、ブラックオリーブはしっかり ... [詳細解説へ]
読み方:オリーヴァ
クリーム[crema]読み方:クレマ
ゴルゴンゾーラ[gorgonzola]世界三大ブルーチーズ。イタリアの代表的なチーズのひとつ。ピカンテ(辛い)とドルチェ(甘い)の二種類があり、調理で使う場合、ドルチェを使うことがほどんどです。
読み方:ゴルゴンゾーラ
分類:チーズ
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
ペンネ[penne]ペン先状、筒状のパスタの総称で、中でもペンネ・リガーテ (penne rigate) は表面には細かい溝があり(rigate は、”溝が入った” の意味)、ソースが絡みやすくな ... [詳細解説へ]
読み方:ぺんね
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ全般
リガトーニ[rigatoni]形状は短い環状で中心に大きな穴が開いていて、外側には筋状の模様が入っているショートパスタ。
読み方:リガトーニ
分類:パスタ

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ゴルゴンゾーラ"

ゴルゴンゾーラのパスタ

Pasta al gorgonzola(パスタ・アル・ゴルゴンゾーラ)ゴルゴンゾーラは、世界三大ブルーチーズに数えられます。 イタリア人においては、チーズはパスタで食べるのが一番と考えているのかと感じさせてくれるほど、あらゆるチーズに対して最適で美味 …

タロイモニョッキのゴルゴンゾーラ添え

Gnocchi di taro al gorgonzola(ニョッキ・ディ・タロ・アル・ゴルゴンゾーラ)今回は八ツ頭を使ったニョッキを作くりました。 八つ頭や里芋は、タロイモ類なので、同じレシピで調理が行えます。 木曜日はニョッキの日。元々の由来はキ …

赤ワインのパスタ

Pasta al vino rosso(パスタ・アル・ヴィノ・ロッソ)赤ワインのパスタは、準備も調理も簡単でありながら本格的なコースの最初のコース(プリモ)としても提供できる料理です。 ゴルゴンゾーラの強い風味を逃がすことなく、赤ワインと赤玉ねぎの組 …

リンゴのリゾット

Risotto alle mele(リゾット・アッレ・メーレ)林檎(りんご)のリゾットは、とてもシンプルでこだわりのあるプリモです。 少ない材料で短時間で作る料理ですが、フレッシュで繊細な味わいに魅了されます。 リンゴのグラニースミス(青りんご)は、 …

ビーツのリゾット

Risotto alla barbabietola(リゾット・アッラ・バルバビエトラ)カラフルで素晴らしく美味しいビーツのリゾットは、特別な日に提供するのに十分なだけでなく、夕食の準備を短時間済ませたい場合にも最適な非常に簡単で活用しやすい一皿です。 …

山羊チーズのパスタ

Pasta con formaggio di capra(パスタ・コン・フォルマッジョ・ディ・カープラ)新鮮なヤギチーズのわずかに刺激的な風味は、心地よく味覚を刺激します。特徴的なチーズにはそれぞれほぼ確実にパスタで食するレシピが存在します。 例えば …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato