ゴルゴンゾーラのパスタ

 
ゴルゴンゾーラのパスタ【パスタ・アル・ゴルゴンゾーラ】

Pasta al gorgonzolaパスタ・アル・ゴルゴンゾーラ

ゴルゴンゾーラは、世界三大ブルーチーズに数えられます。

イタリア人においては、チーズはパスタで食べるのが一番と考えているのかと感じさせてくれるほど、あらゆるチーズに対して最適で美味しいレシピがあります。

ゴルゴンゾーラのパスタは、料理初心者でも簡単に調理ができ、スピーディで且つチーズにこだわりのある方に対してもニーズを満たせることからイタリアにおいてもかなり食される機会が多いパスタなのだそうです

今回、数あるゴルゴンゾーラのパスタのレシピを試してきた、日本人の僕が最も食べやすく多くの方が美味しいと感じるチーズ調整を行ったレシピにてご紹介いたします。

(食材追加があるので別料理としてレシピを分けるべきかもしれませんが)今回は風味がかなり強めのゴルゴンゾーラをクリームチーズと生クリームと合わせることでまろやかにし、非常に美味しく頂ける一皿に仕上げています。

尚、本場のオリジンレシピは、ゴルゴンゾーラとクリームのみで調理し、黒胡椒を振るだけです。

パスタは以前紹介したニョッキの他、ペンネやフジッリ、ファルファッレ等が合わせやすいと思います。


ゴルゴンゾーラのパスタ材料2人分

パスタ160g
ゴルゴンゾーラ(ドルチェ)75g
マスカルポーネ65g
生クリーム90g(代用:牛乳)
バター10g
オリーブオイル大匙1/2
タイム適量(代用:セージ)
パルミジャーノ適量
塩・胡椒適量
本場のレシピ
パスタ 320 g
ゴルゴンゾーラ (ドルチェ)350g
生クリーム 150g
塩・黒胡椒 適量

1人分:約674カロリー


ゴルゴンゾーラのパスタ調理工程(約20分)

STEP1 パスタ用に湯を沸かし、1%の塩を投下します(1人前でも最低1L以上としましょう)。

今回はチーズ系で和えるだけなので、表記時間ちょうど(ペンネ等お好みに合わせて+1分程度)アルデンテでゆで上げる予定です。
STEP2 フライパンにバターとオリーブオイルを入れて弱火で加熱し、バターを溶かします。

ゴルゴンゾーラ、マスカルポーネ、生クリームを投下して加熱しながら溶かして一体化させていきます。

全てが一体化したら火を止めてベースソースが完成
STEP3 パスタが茹で上がったらよくゆで汁をきってからベースソースに投下し、タイムを加えて全体にあえたら仕上げです。

皿に盛り付けて仕上げ用のタイムを散らして完成です。
ゴルゴンゾーラのパスタ【パスタ・アル・ゴルゴンゾーラ】の調理工程3

ゴルゴンゾーラのパスタの調理ポイント

チーズ系ソースなので、パスタをアルデンテ(ちょうどよい状態)にゆで上げてしまう点、ベースソースとは和えるだけで仕上げです。

絶妙な風味に仕上がっていると思いますよ!


ゴルゴンゾーラのパスタについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
クリーム[crema]読み方:クレマ
ゴルゴンゾーラ[gorgonzola]世界三大ブルーチーズ。イタリアの代表的なチーズのひとつ。ピカンテ(辛い)とドルチェ(甘い)の二種類があり、調理で使う場合、ドルチェを使うことがほどんどです。
読み方:ゴルゴンゾーラ
分類:チーズ
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
セージ[salvia]強い芳香とほろ苦さをもつハーブ。肉・魚料理をすっきりと仕上げるのに重宝します。乳製品とも相性がよいです。
読み方:サルビア
分類:香草
代用品:バジル|ローズマリー|オレガノ|イタリアンパセリ|ディル
タイム[timo]肉や魚、卵、野菜などなんにでも非常に合わせやすい。好みで加えるくらいの感覚で使ってもいいと個人的には思います。
読み方:ティモ
分類:香草
代用品:オレガノ
ニョッキ[gnocchi]元々は現在のようにジャガイモやカボチャで作るものではなく、小麦粉を練って作っていたそうです。 ジャガイモを利用したものが主流ですがかぼちゃやホウレンソウとリコッタチーズを使ったものなど多数のバリエーシ ... [詳細解説へ]
読み方:ニョッキ
分類:パスタ
ファルファッレ[farfalle]蝶ネクタイのような形をしており、イタリア語のfarfalla(蝶々)が名前の由来です。中心分に厚みがある為、思いのほか食べ応えがあり、表記時間より若干長めに茹でた方が僕個人的感覚では美味しいように思い ... [詳細解説へ]
読み方:ファルファッレ
分類:パスタ
フジッリ[fusilli]ショートパスタの一種で、くるくるです。 日本では、フジッリ以外にもくるくるパスタやカールマカロニの名称で親しまれています。 フジッリ・ブカーティやロングパスタのフジッリ・ルンギ、類似した外観のロティー ... [詳細解説へ]
読み方:フジッリ
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ
ペンネ[penne]ペン先状、筒状のパスタの総称で、中でもペンネ・リガーテ (penne rigate) は表面には細かい溝があり(rigate は、”溝が入った” の意味)、ソースが絡みやすくな ... [詳細解説へ]
読み方:ぺんね
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ全般
マスカルポーネ[mascarpone]イタリア原産のフレッシュチーズで、 固めに泡立てた生クリームに似ています。コクと甘みがあり、ほのかにミルクの香りをもつ。ティラミスの材料の一つです。 リゾットその他の料理や菓子によく使われるほか、ゴル ... [詳細解説へ]
読み方:マスカルポーネ
分類:チーズ
代用品:ヨーグルト|クリームチーズ|リコッタ
レシピ考案[ho inventato la ricetta]これら料理のレシピを考案したのは僕です。
読み方:ホ・インベンタト・ラ・リチェッタ

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ゴルゴンゾーラ"

灰入りパスタ/ゴルゴンゾーラと黒オリーブのパスタ

Pasta alla cenere(パスタ・アッラ・チェネレ)「チェネレ[cenere]」は、イタリア語で灰を意味し、直訳ではタイトルのとおり灰入りパスタとなります。 ゴルゴンゾーラ加える、刻んだ黒オリーブが灰のように見えることから、Pasta al …

タロイモニョッキのゴルゴンゾーラ添え

Gnocchi di taro al gorgonzola(ニョッキ・ディ・タロ・アル・ゴルゴンゾーラ)今回は八ツ頭を使ったニョッキを作くりました。 八つ頭や里芋は、タロイモ類なので、同じレシピで調理が行えます。 木曜日はニョッキの日。元々の由来はキ …

サワークリームのパスタ

Pasta alla panna acida(パスタ・アッラ・パンナ・アチダ)サワークリームは東ヨーロッパおよび中央ヨーロッパ料理の伝統的なものですが、主に調味料として使用されることが多いものです。 イタリアにおいても使用されることもありますが、この …

赤ワインのパスタ

Pasta al vino rosso(パスタ・アル・ヴィノ・ロッソ)赤ワインのパスタは、準備も調理も簡単でありながら本格的なコースの最初のコース(プリモ)としても提供できる料理です。 ゴルゴンゾーラの強い風味を逃がすことなく、赤ワインと赤玉ねぎの組 …

リンゴのリゾット

Risotto alle mele(リゾット・アッレ・メーレ)林檎(りんご)のリゾットは、とてもシンプルでこだわりのあるプリモです。 少ない材料で短時間で作る料理ですが、フレッシュで繊細な味わいに魅了されます。 リンゴのグラニースミス(青りんご)は、 …

ビーツのリゾット

Risotto alla barbabietola(リゾット・アッラ・バルバビエトラ)カラフルで素晴らしく美味しいビーツのリゾットは、特別な日に提供するのに十分なだけでなく、夕食の準備を短時間済ませたい場合にも最適な非常に簡単で活用しやすい一皿です。 …

山羊チーズのパスタ

Pasta con formaggio di capra(パスタ・コン・フォルマッジョ・ディ・カープラ)新鮮なヤギチーズのわずかに刺激的な風味は、心地よく味覚を刺激します。特徴的なチーズにはそれぞれほぼ確実にパスタで食するレシピが存在します。 例えば …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato