赤キャベツとゴルゴンゾーラのリゾット

赤キャベツとゴルゴンゾーラのリゾット【リゾット・コン・カヴォロ・ロッセ・エ・ゴルゴンゾーラ】

Risotto con cavolo rosso e gorgonzolaリゾット・コン・カヴォロ・ロッセ・エ・ゴルゴンゾーラ

赤キャベツは非常に美しい色合いを表現できる主役野菜の1つです。

生で食べるのが好きな人にも、スープやパスタ料理を好む人にも対応できる美味しい料理がある食材です。

赤キャベツのスパゲッティ



以前、普通のキャベツで調理するリゾットを紹介しましたが、今回は、美しく美味しい、赤キャベツとゴルゴンゾーラのクリーミーなリゾットを作りました。

野菜と有名なブルーチーズの存在感による強い風味が特徴のこのリゾットは、本物の珍味です。

素晴らしい風味と美しい色合いを堪能できる至極の一皿です。


赤キャベツとゴルゴンゾーラのリゾット材料4人分

米 280g
赤キャベツ 600g
ゴルゴンゾーラ 180g(代用:ブルーチーズ)
クルミ100g(代用:ナッツ類)
玉ねぎ 70g
赤ワイン 200g
野菜ブロード 1.5L(作り方)
グラナ パダーノ DOP 30g(代用:パルメザン)
オリーブオイル 大匙2

1人分:約727カロリー


赤キャベツとゴルゴンゾーラのリゾット調理工程(約35分)

STEP1 赤キャベツの外葉を取り除き、中心の白い厚い部分を除いて薄切りにします。

細かい千切りにしてザルに入れて真水の流水ですすぎ、水を切ります。
赤キャベツとゴルゴンゾーラのリゾット【リゾット・コン・カヴォロ・ロッセ・エ・ゴルゴンゾーラ】の調理工程1
STEP2 次に玉ねぎの皮をむき、薄くスライスします。野菜ブロードを温めておきます。

フライパンを火にかけ、オリーブオイルを入れ、玉ねぎを弱火で数分炒めます。
赤キャベツとゴルゴンゾーラのリゾット【リゾット・コン・カヴォロ・ロッセ・エ・ゴルゴンゾーラ】の調理工程2
STEP3 次に赤キャベツを投下して、蓋をして葉が柔らかくなるまで5分間煮ます。

柔らかくなったら約2/3を細長いブレンダー容器に入れてブレンドして赤キャベツを細かいクリームのようにします。
赤キャベツとゴルゴンゾーラのリゾット【リゾット・コン・カヴォロ・ロッセ・エ・ゴルゴンゾーラ】の調理工程3
STEP4 約1/3の赤キャベツの具材が残るフライパンに米を投下します。

具材と共に米を3分間炒めてオイルコーティングします。

次に赤ワインを注ぎ、火力をあげてアルコールを全て飛ばしきって、火力を弱中火に戻してワインを全て米とキャベツの混合物に吸収させます。

次に野菜ブロードをお玉2杯ずつ加えて米を炊いていきます。
赤キャベツとゴルゴンゾーラのリゾット【リゾット・コン・カヴォロ・ロッセ・エ・ゴルゴンゾーラ】の調理工程4
STEP5 必要に応じて野菜ブロードをお玉2杯程度ずつ追加してあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

米がアルデンテ(ちょうどいい感じ)に炊き上がったら火を止めます。

それから作っておいた赤キャベツのクリームを加え混ぜ合わせます。

次に細かくカットしたゴルゴンゾーラ、グラナ・パダーノ、砕いたクルミを投下して全体に混ぜ合わせ、塩加減をチェックしたら仕上げです。
赤キャベツとゴルゴンゾーラのリゾット【リゾット・コン・カヴォロ・ロッセ・エ・ゴルゴンゾーラ】の調理工程5
STEP6 皿に盛り付けて完成です。
赤キャベツとゴルゴンゾーラのリゾット【リゾット・コン・カヴォロ・ロッセ・エ・ゴルゴンゾーラ】の調理工程6

赤キャベツとゴルゴンゾーラのリゾットの調理ポイント

赤キャベツを炒め煮込んで柔らかくしてから、2/3を確保し、ブレンダーにかけるのが色合い確保のポイントです。

最後に加えて混ぜ合わせることで鮮やかな色合いが表現されると共にキャベツの美味しい風味を感じられます。

赤キャベツの美味しさとゴルゴンゾーラの風味がとても素晴らしい相性で美味しい一皿ですよ!

ゴルゴンゾーラをパルミジャーノとミルクに変更してやさしい味わいのパルミジャーノフォンジュ風味にしてもとても美味しいですよ!


赤キャベツとゴルゴンゾーラのリゾットについてマスターの言及


赤キャベツとゴルゴンゾーラのリゾットを評価する
記事内食材解説・補足
グラナ[grana]イタリアは北部、ポー川流域で牛乳を原料とし生産されるハードチーズ。グラナ・パダーノが有名です。 熟成期間は最低9カ月最長2年でパルミジャーノ・レッジャーノに比べて熟成期間が短い分、価格が安価と言われて ... [詳細解説へ]
読み方:グラナ
分類:チーズ
代用品:パルミジャーノ
くるみ[noce]読み方:ノーチェ
ゴルゴンゾーラ[gorgonzola]世界三大ブルーチーズ。イタリアの代表的なチーズのひとつ。ピカンテ(辛い)とドルチェ(甘い)の二種類があり、調理で使う場合、ドルチェを使うことがほどんどです。
読み方:ゴルゴンゾーラ
分類:チーズ
ブロード[brodo]イタリアの出汁のことです。 ブロードの作り方はこちらなのでご確認下さい! フランス語のブイヨンはブロードのことなので市販のものを使う事はOK(肉のブロード)ですが、コンソメは味付けがなされているのでタ ... [詳細解説へ]
読み方:ブロード
分類:出汁
リゾット[risotto]リゾットは、米をバターで炒め、食材、ブロード加えて炊くという調理法で作られる米料理です。最初の皿(プリモ・ピアット)として提供されます。 乾燥している米の方が適しており、カルナローリ米を指定されるケー ... [詳細解説へ]
読み方:リゾット
分類:米
代用品:リゾーニ
ワイン[vino]読み方:ビーノ
分類:果実酒
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜
赤キャベツ[cavolo rosso]読み方:カヴォロ・ロッソ
代用品:キャベツ

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "キャベツ"

キャベツと豆のサラダ

Insalata di cavolo cappuccio e fagioli(インサラタ・ディ・カヴォロ・カプッチョ・エ・ファジョリ)キャベツとカネリーニ豆のサラダは、サイドディッシュ(コントルノ)としても、軽いセコンドとしても提供できます。 キャベ …

キャベツとサルシッチャの鍋煮

Cavolo e salsiccia in padella(カヴォロ・エ・サルシッチャ・イン・パデッラ)キャベツとサルシッチャは、北部の伝統農民料理の2番目のコース(セコンド)が有名ですが、今回は、トップ画の通りレッドキャベツの使用だったので、時短で …

ヴィチェンツァ風キャベツ

Cavolo cappuccio alla vicentina(カヴォロ・カップーチョ・アッラ・ヴィチェンティーナ)ヴィチェンツァは、ヴェネト州にある都市です。ヴィチェンツァ風キャベツは、キャベツにリンゴ、パンチェッタを添えた、ヴェネツィアの都市に特 …

キャベツとネギの炒め物

Cavoli e porri in padella(カヴォリ・エ・ポーリ・イン・パデッラ)キャベツとネギの煮物は、少ない材料で作るとても簡単で軽いおかず(コントルノ)です。 あらゆる種類のメインコースに添えて、すぐに作れる簡単なアイデアです。 リボリ …

サボイキャベツとじゃがいも

Verza e patate(ヴェルザ・エ・パターテ)サボイキャベツ(チリメンキャベツ)とジャガイモを炒め煮込んだ後かるくオーブンするとても美味しい付け合わせ(コントルノ)です。 キャベツとジャガイモを食材としている為、軽いのにチーズを加えてグラタン …

キャベツときのこの炒め物

Spadellata cavolo cappuccio e funghi(スパデラタ・カヴォロ・カプーチョ・エ・フンギ)キャベツ(cavolo cappuccio)ときのこの組み合わせは、あまりイタリアでは組み合わせないようでレシピをほとんど見かけま …

キャベツのフリット

Frittelle di cavolo cappuccio(フリッテッリ・ディ・カヴォロ・カプーチョ)キャベツのフリットは、とても簡単に準備できる、美味しくてカリカリとした前菜(アンティパスト)です。 フリット(Frittelle)とは、イタリア語で …

キャベツの炒め物

Cavolo cappuccio in padella(カヴォロ・カプッチョ・イン・パデッラ)キャベツの炒め物は簡単でおいしい付け合わせです。 これまでシチリア風キャベツの煮込みをはじめ、キャベツのオーブン焼き、赤キャベツのバルサミコ酢添え、キャベツ …

キャベツのリゾット

Risotto con il cavolo cappuccio(リゾット・コン・リ・カヴォロ・カプッチョ)キャベツは、西ヨーロッパの海岸の崖の上が原産といわれ、ヨーロッパでは古代ギリシア時代に薬用として使用され、紀元前4世紀には食用野菜として栽培され …

赤キャベツのスパゲッティ

Spaghetti con cavolo rosso(スパゲッティ・コン・カヴォロ・ロッソ)紫キャベツとも呼ばれる赤キャベツは、冬の旬の時期に手に入る付け合わせとしても前菜にも活用できる美味しい食材です。 キャベツのオーブン焼き この赤キャベツのスパ …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato