パスタと豆のリコッタ和え

 
パスタと豆のリコッタ和え【パスタ・エ・ファジョリ・コン・リコッタ】

Pasta e fagioli con ricottaパスタ・エ・ファジョリ・コン・リコッタ

美味しくてそれほど手の込んだものではない最初のコース(プリモ)、たんぱく質と食材の美味しいエキスを全て味わえる豆のパスタの料理でありミネストラとも言える料理です。

リコッタのやさしい味わいが極めて上品なコクを加え、チリペッパー(唐辛子)により、比類ない絶品と言える味わいに料理に仕上げてくれます。

パスタと豆は、食材を煮込みながら調理していくミネストラの調理法で進められ、イタリアの方は家庭の味、おかあさん(マンマ)[mamma]やおばあちゃん(ノンナ)[nonna]の味を思い出すのだそうです。

パスタとジャガイモ[pasta e patate]の調理に見られる、パスタを使うけど鍋の中で具材とパスタを一緒に煮込み、リゾッターレしていく調理です。

ナポリ風パスタとジャガイモ



慌てずにゆっくりとパスタの茹で具合を見ながら進めていけば大丈夫です。何度でも食べたくなる美味しい品ができあがります。


パスタと豆のリコッタ和え材料4人分

パスタ280g
ボルロッティ(調理済み)豆(準備方法|代用:大豆カネリーニ豆
エシャロット1個(代用:ネギ又は玉ねぎ&ニンニク)
野菜ブロード1L(作り方
トマトピューレ500g(代用:フレッシュトマト4つ)
牛乳リコッタチーズ300g
チリペッパー好み量
オリーブオイル大匙1(仕上げに好み量)
塩適量

1人分:約573カロリー


パスタと豆のリコッタ和え調理工程(約30分)

STEP1 ブロードを用意しておきます。

フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、みじん切りにしたエシャロットを投下します。

じっくりと焼き色を付けていきます。
パスタと豆のリコッタ和え【パスタ・エ・ファジョリ・コン・リコッタ】の調理工程1
STEP2 次に豆とトマトピューレを入れて、塩を加えます。

フレッシュトマトを使う場合は、洗ってヘタをとり、小さくカットして加えて火に加え、柔らかくなってきたら調理用スプーンで軽くつぶします。
パスタと豆のリコッタ和え【パスタ・エ・ファジョリ・コン・リコッタ】の調理工程2
STEP3 数分間炒め、煮込み、全体にトマト味がなじんだらお玉でブロードを2~3杯加え、5分ほど煮込み、全体になじませます。
パスタと豆のリコッタ和え【パスタ・エ・ファジョリ・コン・リコッタ】の調理工程3
STEP4 煮こんだらブロードを追加して沸騰させてお好みのショートパスタを加えて表記時間ちょうどを目安に、パスタをアルデンテ(ちょうどいい感じ)に煮込みゆで上げていきます。

今回はタリアテッレとマカロニのミックスパスタを投下してにこんでいます。

ブロードが減ってきたら追加しながらパスタ食材をあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。
パスタと豆のリコッタ和え【パスタ・エ・ファジョリ・コン・リコッタ】の調理工程4
STEP5 パスタを煮こんでいる間にリコッタの水を切ります。

パスタにソースを全て閉じ込めるように煮込んでいき、最終的にパスタをアルデンテに仕上げます。

塩味を確認し、そしてパスタにソースを全て閉じ込めたら火を止めてリコッタ(仕上げ用を除く)を加え、全体に混ぜ合わせてなじませたら仕上げです。
パスタと豆のリコッタ和え【パスタ・エ・ファジョリ・コン・リコッタ】の調理工程5
STEP6 皿に盛り付けて、仕上げ用のリコッタを散らして、チリペッパーをお好み量まぶします。

最後にお好み量のエキストラバージンオリーブオイルを少量たらしたら完成です。
パスタと豆のリコッタ和え【パスタ・エ・ファジョリ・コン・リコッタ】の調理工程6

パスタと豆のリコッタ和えの調理ポイント

具材を炒め煮込み、パスタも具材と同様に加えてあえ煮込んでいく調理ですので、調理工程そのものは非常に簡単です。

ブロードを少量ずつ加え、仕上げる際にパスタがちょうどアルデンテになるように茹で加減を確認しながらゆるりと調理を進めていきます。

非常に美味しい濃厚なパスタができあがりますよ!


パスタと豆のリコッタ和えについてマスターの言及


パスタと豆のリコッタ和えについてFollowerさんのお声


パスタと豆のリコッタ和えを評価する
記事内食材解説・補足
エシャロット[scalogno]度々間違われますが、葉付きらっきょうとは別物です。 cafe_e_immobiliareのThreads 度々登場するエシャロット。僕はお店で頼んでる業者さんについでに買わせてもらっちゃってるのだけど ... [詳細解説へ]
読み方:スカロンニョ
分類:香味野菜
代用品:ニンニク|生姜|
カネリーニ豆[fagioli cannellini]所謂白インゲン豆です。乾燥豆から下茹でした場合の重量変化は220%と言われています。 カネリーニ豆の準備の仕方 まず、調理の前日から(最低8時間、1~2回水を替える)一晩水につけておきます。 オリーブ ... [詳細解説へ]
読み方:ファジョーリ・カネリーニ
代用品:黒豆・いんげん豆
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
ブロード[brodo]イタリアの出汁のことです。 ブロードの作り方はこちらなのでご確認下さい! フランス語のブイヨンはブロードのことなので市販のものを使う事はOK(肉のブロード)ですが、コンソメは味付けがなされているのでタ ... [詳細解説へ]
読み方:ブロード
分類:出汁
ボルロッティ豆[fagioli borlotti]うずら豆のこと、乾燥豆から下茹でした場合の重量変化は230%と言われています。 下処理はひよこ豆と同様一晩(8時間程度)水につけておく必要があります。 次に、水をよく切って(ローリエを取り除きます)、 ... [詳細解説へ]
読み方:ファジョーリ・ボルロッティ
分類:豆
ミネストラ[minestra]ミネストラとは、具材の形がある程度残っているスープの総称で、多くの場合、野菜に加えて、米、ショートパスタ、大麦等が含まれています。多くの場合、ズッパに比べて粘度が高いことも特徴です。 ミネストローネは ... [詳細解説へ]
読み方:ミネストラ
分類:スープ
リコッタ[ricotta]南イタリアで作られる乳製品。南イタリアで作られる乳製品ですがカゼイン凝固由来ではないため法令上チーズではありません。 元々は羊乳を原料とするチーズを作った時に出たホエーを使っていたので、イタリアでは羊 ... [詳細解説へ]
読み方:リコッタ
分類:チーズ
代用品:カッテージ
唐辛子[peperoncino]読み方:ペペロンチーノ
分類:香辛料
大豆[soia]大豆は、20世紀初頭まで東アジアに限られた食用の作物だった為、通常、イタリア料理のレシピには登場しません。僕のオリジナルレシピ等で使用するケースがあります。 乾燥豆から下茹でした場合の重量変化は230 ... [詳細解説へ]
読み方:ソイヤ
分類:豆類
代用品:ひよこ豆|カネリーニ豆|ボルロッティ豆

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "リコッタ"

リコッタポルペッテのソース添え

Polpette di ricotta col sugo(ポルペッテ・ディ・リコッタ・コル・スーゴ)古代カラブリアのレシピに基づいた、リコッタポルペッテのソース添えです。 カラブリア地方では、羊の牧場に使用される豊かな土地があり、牛と羊の両方から新鮮 …

リコッタとズッキーニの冷製パスタ

Pasta fredda con ricotta e zucchine(パスタ・フレッダ・コン・リコッタ・エ・ズッキーネ)ズッキーニのパスタは既に紹介していますが、このリコッタとズッキーニの冷製パスタはさらに熱い夏にぴったりのレシピです。 ズッキーニ …

リコッタとトマトの冷製パスタ

Pasta fredda ricotta e pomodoro(パスタ・フレッダ・リコッタ・エ・ポモドーロ)リコッタとトマトの冷製パスタは、夏にぴったりの簡単でおいしい料理です。 リコッタのパスタと言えば、パスタとリコッタがまず頭に浮かびますが、夏の …

パスタとリコッタ

Pasta e ricotta(パスタ・エ・リコッタ)リコッタが手に入ったときに一番最初に候補になるのがこの料理。 リコッタと合わせるのは、パルミジャーノ・レッジャーノ(代用:パルメザンチーズ)とタイムで風味と新鮮さを加え、少量の生クリームで味を調え …

ノルチャ風パスタ

Pasta alla norcina(パスタ・アッラ・ノルチーナ)ノルチャとは、ウンブリア州ペルージャ県にあるコムーネです。 この地域は黒トリュフやプロシュット(生ハム)やサルシッチャのような豚肉の加工と塩漬け肉の生産が有名な地域で、このノルチャ風の …

シチリア風ペスト添えパスタ

Pasta con pesto alla siciliana(パスタ・コン・ペスト・アッラ・シチリアナ)古典的なバジルのペスト[Pesto di basilico]に飽きてしまった時、このシチリアのペストがおすすめです。 これまで、パセリや蕪、ルッコ …

自家製モッツァレラチーズ

Mozzarella fatta in casa(モッツァレラ・ファッタ・イン・カーザ)モッツァレラとは、柔らかく新鮮な伸ばされたカードチーズ(パスタ・フィラータ)[Formaggi a pasta filata/フォルマッジ・ア・パスタ・フィラータ …

トラーパニ風ペストのパスタ

Pasta con pesto alla trapanese(パスタ・コン・ペスト・アッラ・トラパネーゼ)トラーパニ風ペストのパスタは、シチリアの美食の伝統の一部であるペスト、トラーパニ風ペスト[Pesto alla trapanese]で味付けされ …

アリオーネのピチ

Pici all'aglione(ピチ・アッラーリオーネ)アリオーネ入りピチか、大きなニンニクのピチパスタと表記すべきか考えましたが、アリオーネという大きなニンニクの品種をしっかり明記したいと考えたため、「アリーネのピチ」とタイトルにしました。 WE …

ニューディ/グヌーディ

Gnudi(ニューディ)発音をカナ表記すると「ニューディ」ですが、日本語検索ではでてこず、ローマ字読みの「グヌーディ」だけで表示され、翻訳でもそうなので言及しておきます(以下、ニューディで表記)。 ニューディは、トスカーナ料理の典型的な素朴でシ &h …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato