キャベツとサルシッチャの鍋煮

キャベツとサルシッチャの鍋煮【カヴォロ・エ・サルシッチャ・イン・パデッラ】

Cavolo e salsiccia in padellaカヴォロ・エ・サルシッチャ・イン・パデッラ

キャベツとサルシッチャは、北部の伝統農民料理の2番目のコース(セコンド)が有名ですが、今回は、トップ画の通りレッドキャベツの使用だったので、時短で美味しい簡易な鍋煮として仕上げました。

この料理も通常の白キャベツ[Cavolo cappuccio]を使用して調理するものですが、非常に美味しく仕上がりました。

赤も白もキャベツと言えばビネガーやバルサミコを加えた少し酸味と甘みがある料理が印象的でおいしいですが、バリエーションが非常に豊富です。

赤キャベツのバルサミコ酢添え



先に挙げたイタリア北部の農民伝統のレシピでは、ビネガーとほんのり甘みを加えて長時間煮込みながた調理するものですが、この炒め物仕上げはシンプルにサルシッチャとキャベツの美味しさを味わえてたった30分で出来上がる時短レシピです。

キャベツがサイドディッシュとしての役割も果たしてくれ、サルシッチャの濃厚な味わいと非常によく合います。

簡単時短、そしてとても美味しい料理ですよ!


キャベツとサルシッチャの鍋煮材料2人分

キャベツ250g​
サルシッチャ150g​(2本)
白ワイン 1/2グラス(代用:湯)
オリーブオイル適量
胡椒適量(代用:唐辛子小1本)
塩適量

1人分:約354カロリー


キャベツとサルシッチャの鍋煮調理工程(約30分)

STEP1 キャベツは細かくカットして洗います。サルシッチャをケーシングから出して一口大にカットします。

ケーシングから出さず、調理の最後にカットするのもよいでしょう。
キャベツとサルシッチャの鍋煮【カヴォロ・エ・サルシッチャ・イン・パデッラ】の調理工程1
STEP2 テフロン加工された鍋にオリーブオイルを入れて加熱し、キャベツを入れ下塩をして炒め煮込みます。

キャベツから出てくる水分を使って煮込むように炒めて全て水分を吸収させたら、白ワインを投下します。

一旦強火に切替えてアルコールを全て飛ばしてから弱中火に切り替えて、蓋をして柔らかくなるまで10分ほど煮込みます。

たまに鍋の様子を確認し全体に混ぜ合わせながら煮込んでください。
キャベツとサルシッチャの鍋煮【カヴォロ・エ・サルシッチャ・イン・パデッラ】の調理工程2
STEP3 煮込みが完了し、蓋を開けてキャベツが柔らかく、そしてワインを全て吸収させたら少し、鍋底にスペースを作ってサルシッチャを投下し、焼き色を全体に付けてから混ぜ合わせて炒めていきます。

塩・胡椒で味付けして約10分間、十分に火を通します。
キャベツとサルシッチャの鍋煮【カヴォロ・エ・サルシッチャ・イン・パデッラ】の調理工程3
STEP4 炒め終わったら仕上げです。

皿に盛り付けて完成です。
キャベツとサルシッチャの鍋煮【カヴォロ・エ・サルシッチャ・イン・パデッラ】の調理工程4

キャベツとサルシッチャの鍋煮の調理ポイント

キャベツとサルシッチャを炒め煮込む時短簡単調理です。

サルシッチャをカットせずに調理進めた場合は、仕上げでナイフを使用してサルシッチャをカットしてから提供するか、食事をする個々でカットする形をとります。

非常にシンプルでありながらとても濃厚で美味しいですよ!


キャベツとサルシッチャの鍋煮についてマスターの言及


キャベツとサルシッチャの鍋煮を評価する
記事内食材解説・補足
キャベツ[cavolo cappuccio]いわゆる我々が普段使っているキャベツです。イタリアでは他にサボイキャベツ、黒キャベツ等がよく使用されます。
読み方:カヴォーロ・カプーチョ
分類:キャベツ
ソーセージ[salsiccia]生ソーセージです。
読み方:サルシッチャ
代用品:豚挽肉
ワイン[vino]読み方:ビーノ
分類:果実酒
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料
赤キャベツ[cavolo rosso]読み方:カヴォロ・ロッソ
代用品:キャベツ

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "サルシッチャ"

サルシッチャのパスタ

Pasta alla salsiccia(パスタ・アッラ・サルシッチャ)サルシッチャ(腸詰:ソーセージ)とトマトは非常に相性がよく仕上げ方や香草等に変化を加えた様々なバリエーションがあります。 サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ その中 …

サルシッチャとトマトのパスタ・パスティッチャータ

Pasta pasticciata con salsiccia e pomodoro(パスタ・パスティッチャータ・コン・サルシッチャ・エ・ポモドーロ)サルシッチャとは、腸詰、いわゆるソーセージのことを指します。 サルシッチャとトマトのパスタ・パスティ …

ノルチャ風パスタ

Pasta alla norcina(パスタ・アッラ・ノルチーナ)ノルチャとは、ウンブリア州ペルージャ県にあるコムーネです。 この地域は黒トリュフやプロシュット(生ハム)やサルシッチャのような豚肉の加工と塩漬け肉の生産が有名な地域で、このノルチャ風の …

小鳥風の豆

Fagioli all'uccelletto(ファジョリ・アルウッチェレット)小鳥風いんげん豆と訳されたり、ウッチェレット風の豆又は豆のウッチェレット風とそのまま訳されたりと様々です。 直訳では小鳥風ですが、この名前の由来は、トスカーナで小鳥を調理す …

ナポリ風ラグーのパスタ

Pasta al ragù alla napoletana(パスタ・アル・ラグー・アッラ・ナポリターナ)ナポリ風のラグーを使用したパスタ料理を調理していきます。ラグーソースの調理の仕方は、下記ページにて紹介しています。 ナポリ風ラグー ナポリ風ラグー …

ナポリ風ラグー

Ragù alla napoletana(ラグー・アッラ・ナポリターナ)古典的なボローニャ風ラグーの代わりに、ナポリ風のラグーを選択することでカンパニア州の味を楽しむことができます。 この素晴らしいラグーを使えば、ライスやパスタと合わせて最初のコース …

クリームとソーセージのパスタ

Pasta panna e salsiccia(パスタ・パンナ・エ・サルシッチャ)サルシッチャ(腸詰め)日本のイメージに一致させると、ソーセージとクリームのパスタです。 ソーセージと記載していますが、本来ソーセージは、腸詰の事で、サルシッチャ=ソーセ …

ソーセージとカブの炒め物

Salsiccia e rape in padella(サルシッチャ・エ・ラペ・イン・パデッラ)ソーセージとカブの炒め物は、素朴なセコンド、白カブを味わうのに最適な料理です。蕪は、甘い風味がありますが、わずかにスパイシーな為、サルシッチャとの相性がよ …

森の番人風タリアテッレ/ボスカイオーラ

Tagliatelle alla boscaiola(タリアテッレ・アッラ・ボスカイオーラ)きこり風とか森の番人風と訳される豊富なきのこ類を使った二つ名付きのパスタです。 キノコをふんだんに使うこのボスカイオーラは、タリアテッレの他ペンネ等のショート …

ポルペッテのソース添え

Polpette al sugo(ポルペッテ・アル・スーゴ)ポルペッテ(Polpette)とは、イタリア語で「団子(だんご)」の意味です。今回は牛ひき肉とサルシッチャで作った肉団子、ミートボールのトマトソース添えです。 このポルペッテのソース添えは最 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato