ほうれん草の炒め物

 
ほうれん草の炒め物【スピナーチ・イン・パデッラ】

Spinaci in padellaスピナーチ・イン・パデッラ

独特の苦味を持つほうれん草の葉をフライパンで炒めるだけで、短時間で本格的なおいしい料理ができあがります。

ほうれん草の炒め物というと日本の場合、ベーコンやハム、きのこ類といったものを加えて調理するレシピが多いですが、イタリアン的調理ではあまりしません。

イタリアンは、食材の美味しさを味わうレシピなので、主役級の素材(ベーコンやハム、きのこ類他)同士を合わせるようなことはあまりしません。素材が喧嘩してしまう(素材の旨味を打ち消しあってしまう)からです。

食材数を増やすとバランスをとるのが難しくなっていくのでそれこそ料理の腕が必要になりますし、プロ向けの料理になるのでしょう。日々の料理、家庭料理を主とする当サイトにはあまり登場しない品になると思います。

日本の定番の組み合わせ(ほうれん草のベーコン炒め)をイタリアではどう調理するのか調べて調理してみましたが、異なる調理法で別物といえる品かもしれません。

さて、若干解説じみましたが、このほうれん草の炒め物の美味しさを引き立てるトッピングとしては下記のようなものが好まれるようです。

玉ねぎ、ベシャメルソース、松の実、レーズンを加えたり、粉チーズなどをほうれん草の炒め物にはトッピングするケースがあります。

その中でも、ローマ風は、松の実、レーズンと複数を加え、オイルも別!かなり味わいが変わりますが、とても美味しいですよ!

ローマ風ほうれん草



ほうれん草の炒め物材料2人分

ほうれん草500g
オリーブオイル大匙2
ニンニク1欠片
唐辛子1本(オプション)
塩適量

1人分:約193カロリー


ほうれん草の炒め物調理工程(約15分)

STEP1 まずほうれん草の葉を洗います。ほうれん草の茎の一番固い部分、根本的な部分を取り除きます。

ニンニクの皮をむき、半分に切り、中の芯を取り除き細かくカットします。

フライパンにオリーブオイルを入れて加熱し、ニンニクと一緒に中火で加熱します。唐辛子を加える場合はここで投下します。
STEP2 洗ったほうれん草を加えます。かさばっても全部フライパンにいれて加熱します(加熱するとすぐにしぼむので全部入れてしまうのです)。

蓋をして強火で5分ほど煮ます。蓋を外し、塩を加えて混ぜます。

ほうれん草に火が通るまで、さらに10分間中火で煮続けて塩加減をチェックしたら仕上げです。

皿に盛り付けて完成です!
ほうれん草の炒め物【スピナーチ・イン・パデッラ】の調理工程2

ほうれん草の炒め物の調理ポイント

アーリオ・オーリオで炒めるだけという非常に簡単な調理です。しかし、ほうれん草の旨味をしっかりと味わえるとっても美味しいアンティパストです。

炒めたほうれん草は冷蔵庫で4日間保存可能、必要に応じて冷凍することもできますよ!


ほうれん草の炒め物についてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る

言及1 言及2 言及3

記事内食材解説・補足
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
ほうれん草[spinaci]読み方:スピナーチ

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ほうれん草"

ほうれん草のバター・チーズ炒め

Spinaci in padella con burro e formaggio(スピナーチ・イン・パデッラ・コン・ブーロ・エ・フォルマッジョ)ほうれん草のバター・チーズ炒めは、 2番目(セコンド)の肉料理またはベジタリアンコースと非常によく合う美味 …

ほうれん草のポルペッテ

Polpette di spinaci(ポルペッテ・ディ・スピナーチ)ポルペッテは本来肉団子、ミートボールのことを指しますが、ほうれん草のポルペッテは、肉は入っておらず、ほうれん草とグラナ・パダーノ、パン粉、卵で団子を形成した、非常に美味しい料理です …

ローマ風ほうれん草

Spinaci alla romana(スピナーチ・アッラ・ロマーナ)ローマ風ほうれん草はラツィオ州発祥のレシピで、調理は簡単ですがとてもおいしいです。 ここで提案するレシピでは、ほうれん草をバター、レーズン、松の実と一緒にフライパンで炒めます。 ロ …

ほうれん草のベーコン炒め

Spinaci saltati alla pancetta(スピナーチ・サルタティ・アラ・パンチェッタ)和訳として「ベーコン炒め」としていますが、本来のレシピではベーコン(bacon)ではなくパンチェッタ(pancetta)です。このほうれん草の炒め …

ほうれん草のリゾット

Risotto agli spinaci(リゾット・アギィ・スピナーチ)ほうれん草のリゾットは、簡単に作れますが、食すとその芳醇な素材の味わいに驚くと思います。 どうもイタリアでは、ほうれん草の栄養を一切逃さないと言わんばかりにパスタの場合は、パスタ …

ニラのポルペッテ

Polpette di porro cinese(ポルペッテ・ディ・ポッロ・チネーゼ)ニラは、中国原産で欧米では栽培されていないそうで東洋を代表する野菜の一つといってもよいようです。 肉との相性も非常によく日本では餃子の具にしたり炒め物、煮物、鍋にも …

ニューディ/グヌーディ

Gnudi(ニューディ)発音をカナ表記すると「ニューディ」ですが、日本語検索ではでてこず、ローマ字読みの「グヌーディ」だけで表示され、翻訳でもそうなので言及しておきます(以下、ニューディで表記)。 ニューディは、トスカーナ料理の典型的な素朴でシ &h …

ひよこ豆のスパイシースペッツァティーノ

Spezzatino di maiale con ceci speziato(スペッツァティーノ・ディ・マイヤーレ・コン・チェーチ・スペッツィアート)スペッツァティーノはイタリア料理の古典料理です。スパイスと唐辛子が加わると我々日本人においてはカレー …

リボリータ/野菜・豆・パンの煮込み

Ribollita(リボリータ)リボリータ(リボッリータ)はトスカーナを代表する伝統料理の一つで最高の回復料理として誰もが知っているそうです。 この料理の起源は、貴族が「メンセ」と呼ばれるパンに料理を入れて食べていた中世にまで遡ります。 昼食が終わる …

ボローニャ風ラザーニャ

Lasagne alla bolognese(ラザーニャ・アッラ・ボロネーゼ)日本人がイメージするラザニアは、このボローニャ風ラザーニャが原型だと思いますがラグーもベシャメルも一般家庭では中々調理しませんから食べる機会があまりないように思います。 ラ …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato