かぼちゃのクリーム

かぼちゃのクリーム【クレマ・ディ・ズッカ】

Crema di zuccaクレマ・ディ・ズッカ

パンプキンクリームとも訳せるスープです。

秋から冬にも最適ですが、まだ少し寒い春先にもぴったりなプリモです。

また、カップスープに注ぎ、朝食やランチの一品にしたり、カップに注いでディナーの付け合わせ(コントルノ)としても提供できます。

ジャガイモも入っているので、より柔らかく滑らかな味わいになります。さらにスパイスのおかげでとても香りが豊かです。より香り高くするために、黒コショウ、シナモン、ナツメグを加えましたが、スパイスが苦手な場合は省略できます。

かぼちゃクリームはそのままでもお召し上がりいただけますし、ニョッキやパスタなど最初の一品の薬味としてもお楽しみいただけます。

この、カボチャのクリームのレシピに生クリーム100gを加え、ローズマリーで風味をつけて調理したレシピは、カボチャのヴェルタータ(Vellutata di zucca)として呼ばれるケースが多いようです。

バターナッツパンプキンを使用して調理する際には、生クリームを加えたヴェルタータ仕上げが好みです。


かぼちゃのクリーム材料4人分

かぼちゃ 1kg(代用:バターナッツパンプキン)
じゃがいも 200g
野菜ブロード1L(作り方
玉ねぎ1/2個
オリーブオイル 大匙5
シナモンパウダー 適量
ナツメグ 適量
塩1つまみ
黒胡椒 1つまみ
生クリーム適量(オプション)
ローズマリー適量(オプション)

1人分:約382カロリー


かぼちゃのクリーム調理工程(約40分)

STEP1 野菜ブロードを準備します。

次にカボチャを洗い、外側の皮と内側の種の両方を取り除き、果肉を立方体に切ります。

ジャガイモも洗って皮をむき、ほぼ同じ大きさの立方体に切ります。

玉ねぎも洗って皮をむき、細かく刻みます。

オリーブオイルを敷いたフライパンに玉ねぎを投下して弱火で焼き色をつけ、色が変わったらかぼちゃ、そしてジャガイモを加えます。

お好みに応じてローズマリーの小枝を入れることもできます(煮込み終わりに小枝を取り除きます)。
かぼちゃのクリーム【クレマ・ディ・ズッカ】の調理工程1
STEP2 すべての野菜を覆うようにブロードの一部を加えます。

残りは後で追加します。塩、胡椒で味付けし、弱火で25〜30分煮ます。

スープが乾かないように気を付け、必要に応じてお玉でブロードを加えます。
かぼちゃのクリーム【クレマ・ディ・ズッカ】の調理工程2
STEP3 野菜に火が通ったら火を止め、すべてをブレンダーで混ぜます。

滑らかで均一なクリームに仕上げたら、シナモンとナツメグを加えて風味を加え全体になじませます。
かぼちゃのクリーム【クレマ・ディ・ズッカ】の調理工程3
STEP4 クルトンを添える場合は、パンを小さすぎない立方体に切り、オーブンで加熱して調理します。

ベーキングペーパーを敷いたトレイにキパンを置き、油を注加えてからグリルモードで予熱したオーブンで黄金色になるまで約5分間焼きます。

簡易的にトースターやフライパンで作ることもできます。

かぼちゃのクリームを皿に盛り付け、クルトンを飾り、お好みで生クリームを添えたら完成です。
かぼちゃのクリーム【クレマ・ディ・ズッカ】の調理工程4

かぼちゃのクリームの調理ポイント

野菜を炒めて、ブロードを加えて煮込み、ブレンダーでクリーム状に仕上げるだけの簡単調理です。

カボチャの甘さ、美味しさを味わえ、付け合わせとしても提供できる一品です。


かぼちゃのクリームについてマスターの言及

言及1

記事内食材解説・補足
かぼちゃ[zucca]読み方:ズッカ
シナモン[cannella]読み方:カンネッラ
分類:香辛料
代用品:バニラエッセンス
ジャガイモ[patata]読み方:パタータ
スープ[zuppa]いわゆるスープです。
読み方:ズッパ
ナツメグ[noce moscata]読み方:ノチェ・モスカータ
分類:香辛料
代用品:ターメリック
ブロード[brodo]イタリアの出汁のことです。 ブロードの作り方はこちらなのでご確認下さい! フランス語のブイヨンはブロードのことなので市販のものを使う事はOK(肉のブロード)ですが、コンソメは味付けがなされているのでタ ... [詳細解説へ]
読み方:ブロード
分類:出汁
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "カボチャ"

シチリア風かぼちゃのカポナータ

Caponata di Zucca alla Siciliana(カポナータ・ディ・ズッカ・アッラ・シチリアーナ)カポナータは、貴族の食卓並ぶに魚料理を貧しい民が知恵をもって模した農民料理、付け合わせ料理(コントルノ)です。 カポナータはシチリアのナ …

玉ねぎとオリーブを添えたかぼちゃの炒め物

Zucca in padella con cipolle e olive(ズッカ・イン・パデッラ・コン・チポーレ・エ・オリーヴェ)かぼちゃの玉ねぎとオリーブの炒め物は、かぼちゃを使った少しリッチにした付け合わせ(コントルノ)です。 このおいしいサイド …

かぼちゃのリゾット

Risotto alla zucca(リゾット・アッラ・ズッカ)かぼちゃのリゾットは、イタリアにおいても最も人気のあるレシピの1つです。 かぼちゃを使ったレシピは、最高の伝統料理の多くと同様、農民起源の料理で、以前紹介したかぼちゃのパスタと共に昔から …

かぼちゃの炒め物

Zucca in padella(ズッカ・イン・パデッラ)パンプキンの炒め物は、肉、魚、チーズのセコンドにぴったりな手早く簡単なレシピでおいしい付け合わせ料理です。 シンプルな調理法により、風味、色、栄養素を最大限に保ち、季節の野菜をベースにした健康 …

かぼちゃのパスタ

Pasta con la zucca(パスタ・コン・ラ・ズッカ)かぼちゃは色も風味もとてもよく、実は非常に用途が広くて、このかぼちゃのパスタの他スープやリゾットと形を変えてプリモ・ピアットとして登場する人気の食材です。 このレシピでは、かぼちゃとパン …

さつまいものパスタ

Pasta con patate dolci(パスタ・コン・パターテ・ドルチ)サツマイモは、単体でパスタソースにすることはあまり一般的ではないようで、以前調理したさつまいものヴェルタータに非常によく似た風味に仕上がります。 パスタとジャガイモのような …

ミックス野菜のオーブン焼き

Verdure miste al forno(ヴェルドゥーレ・ミステ・アル・フォルノ)ミックス野菜のオーブン焼きは、肉や魚のセコンドにぴったりの、手早く簡単な付け合わせ(コントルニ)です。 イタリアンは通常食材そのものを立てる調理なので、多くの食材を …

コリアンダー(パクチー)ソース

Salsa al coriandolo(サルサ・アル・コリアンドロ)コリアンダーとはパクチーのことです。独特の香りが口内に広がるのが苦手という方は多いですが、このソースであれば美味しく食せるかもしれません。 特別な⾵味と⼼地よい外観を備えたソースで、 …

野菜のミネストローネ

Minestrone di verdure(ミネストローネ・ディ・ヴェルドゥーレ)健康的な一皿を考えると、イタリア人はすぐに野菜のミネストローネが思い浮かぶのだそうです。 ミネストローネとは、具材がある程度のこったスープ(の総称)ミネストラに豆やショ …

固形野菜ブロード

Fonte di brodo vegetale(フォンテ・ディ・ブロード・ヴェジェターレ)土壇場で野菜ブロードを準備しなければならなくなり、市販の固形ブイヨンに頼ったことがあるかもしれません。 市販の肉のブイヨン(=肉のブロード)は実際に仕込むことを …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato