白菜のパスティッチョ

白菜のパスティッチョ【パスティッチョ・ディ・カヴォロ・チネーゼ】

Pasticcio di cavolo cineseパスティッチョ・ディ・カヴォロ・チネーゼ

白菜パスティッチョの「パスティッチョ」とはイタリア語で「パイ」や「こね混ぜたもの」を意味し、様々な具材を一斉にベシャメルとチーズを加えオーブンで焼いて美味しくしてしまうといったイメージの料理です。

この美味しいセコンド料理で最も印象深い主張をするのが白菜です。

このレシピでは、白菜の葉、ゆでたジャガイモ、ベシャメルソース、刻んだハムとフォンティーナチーズと煮込み玉ねぎの混合物で構成しています。

パスティッチョは、焼き上げたら混乱を数分間休ませてから切り分けて提供することをお勧めします。非常に美味しい品ですよ!


白菜のパスティッチョ材料4人分

白菜300g
ジャガイモ300g
玉ねぎ1/2個
プロシュット50g(代用:ハム)
フォンティーナ50g(代用:ゴーダ、フェタ等)
パルミジャーノ好み量
オリーブオイル大匙1
塩適量
ベシャメル用(作り方
牛乳300g
小麦粉30g
バター30g
スパイス等適量(ナツメグ、胡椒等)
塩適量

1人分:約315カロリー


白菜のパスティッチョ調理工程(約90分)

STEP1 ジャガイモの皮をむき、スライスに切ります。1%の湯を沸かし、ジャガイモをアルデンテになるまで20分ほど茹でます。

次いで白菜の葉をよく洗ってから、粗く短冊切りにします。

白菜の茹で時間は2分ほどなので、ジャガイモの茹で上がりのタイミングをみて投下ください。

茹であがったらざるにあげて湯をよく切ります。
白菜のパスティッチョ【パスティッチョ・ディ・カヴォロ・チネーゼ】の調理工程1
STEP2 分量量に記載されているベシャメルの作り方にそってベシャメルソースを作っておきます。

玉ねぎみじん切りにして、フライパンにオリーブオイルを加えて炒めます。下塩をし炒め、そして玉ねぎから出てくる水分で煮込みます。

プロシュットとフォンティーナを細かく刻みます。今回はフォンティーがなかったのでゴーダと少量のチェダーで代用しました。

これら各具材を次の通り耐熱皿に盛り付け焼き上げる準備をします。
白菜のパスティッチョ【パスティッチョ・ディ・カヴォロ・チネーゼ】の調理工程2
STEP3 耐熱皿バターを塗り、白菜の一部分量でその底と端をコーティングし、その上にジャガイモの約3分の1とベシャメルソースの3分の1を層に分配します。

刻んだフォンティーナとプロシュットの半分を載せます。

パルミジャーノを軽く振りかけ、玉ねぎの半分、白菜で再び覆います。

これを繰り返し層を作り、最後に葉を内側に覆いパスティッチョの盛り付けが完了です。

パルミジャーノと残りのバターを振りかけ、200℃に加熱したオーブンで約40分間焼き上げて仕上げです。

焼きあがったらオーブンから取り出して10分休ませてから提供します。
白菜のパスティッチョ【パスティッチョ・ディ・カヴォロ・チネーゼ】の調理工程3

白菜のパスティッチョの調理ポイント

白菜とジャガイモを茹で、ベシャメルを作り、玉ねぎを炒め、プロシュットとチーズを切るという全て簡単ではあるものの手間がかかります。

具材が少量ずつ残ってしまった際に調理するといったイメージの料理で、混乱を意味するパスティッチョの通りです。

若干手間はかかるものお簡単、美味しい料理です。


白菜のパスティッチョについてマスターの言及

記事内食材解説・補足
ジャガイモ[patata]読み方:パタータ
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ
フォンティーナ[fontina]イタリアで生産される、牛乳を原料としたセミハードタイプのチーズです。1996年にEUの原産地名称保護制度(DOP)の認定を受けています。 土、キノコ、木の香りがすると言われ、ロースト肉やトリュフと相性 ... [詳細解説へ]
読み方:フォンティーナ
分類:チーズ
代用品:ゴーダ|フェタ|プロヴォローネ
プロシュット[prosciutto]プロシュートは燻製せずに、塩漬けにした状態の豚のもも肉を指しますが、日本においては燻製しない生ハム全般のことを指します。生ハムは、塩漬けした肉を乾燥・醗酵させたあとに低温燻製させる違いがあります。
読み方:プロシュット
代用品:生ハム
ベシャメル[besciamella]日本においてはホワイトソースと同一視されたりしますが、小麦粉をバターと牛乳で溶いて煮詰めた白いソースです。 フランス料理の基本的なソースのひとつであり、チーズを加えてモルネーソースを作るなど、他のソー ... [詳細解説へ]
読み方:ベシャメッラ
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜
白菜[cavolo cinese]読み方:カーヴォロ・チネーゼ

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "白菜"

白菜の大蒜唐辛子添えパスタ

Pasta e cavolo cinese con aglio e peperoncino(パスタ・エ・カヴォロ・チネーゼ・コン・アリオ・エ・ペペロンチーノ)リングイネ(Linguine e cavolo cinese con aglio e pep …

白菜の炒め物

Cavolo cinese in padella(カーヴォロ・チネーゼ・イン・パデーラ)イタリア人にとって白菜は、カプチーノを思わせる繊細で甘く、嫌な匂いがなく非常に好ましい野菜のようです。 白菜は、ビタミンやミネラル塩が豊富で、水分も多く含まれてい …

白菜のサラダ

Insalata di cavolo cinese(インサラタ・ディ・カーヴォロ・チネーゼ)白菜というと鍋やおしんこのイメージが沸くのは恐らく日本人だけで、白菜は元々中国の野菜ですから炒め物やサラダに使われることが多いようです。 ちなみに中国では大・ …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato